メインメニューを開く

アジア太平洋映画祭(あじあたいへいようえいがさい)とは1954年に創設されたアジア映画製作連盟が主催する映画の賞である。最初の名は東南アジア映画祭。次にアジア映画祭(1957~83)。

東南アジア映画市場開拓に力を入れる日本大映代表取締役社長永田雅一を主催とし、フィリピンマニュエル・デ・レオンタイバアヌ・ユガラインドネシアオスマー・イスマイル香港シンガポールロク・ワン・トオ(陸運濤)、ランラン・ショウ(邵逸夫)、ランミー・ショウ(邵仁枚)らの署名と業界の一致によって創設された映画祭。

歴代各賞編集

第1回(1954年)編集

作品部門
俳優部門
スタッフ部門

第4回(1957年)編集

作品部門
スタッフ部門
特別部門

第5回(1958年)編集

スタッフ部門

第6回(1960年)編集

俳優部門
スタッフ部門

第7回(1962年)編集

スタッフ部門

第8回(1962年)編集

スタッフ部門

第11回(1965年)編集

作品部門
スタッフ部門

第12回(1966年)編集

スタッフ部門

第16回(1970年)編集

スタッフ部門

第20回(1974年)編集

スタッフ部門

第21回(1975年)編集

俳優部門

第22回(1976年)編集

俳優部門

第23回(1977年)編集

スタッフ部門

第24回(1978年)編集

俳優部門

第28回(1982年)編集

俳優部門

第29回(1983年)編集

作品部門
スタッフ部門

第30回(1984年)編集

俳優部門
特別賞

第35回(1990年)編集

スタッフ部門
俳優部門

第37回(1992年)編集

スタッフ部門

第38回(1993年)編集

俳優部門

第40回(1995年)編集

スタッフ部門

第44回(1999年)編集

俳優部門

第45回(2000年)編集

俳優部門
  • 助演男優賞
スタッフ部門

第48回(2003年)編集

俳優部門

第49回(2004年)編集

スタッフ部門

第55回(2012年)編集

俳優部門
スタッフ部門