メインメニューを開く

原子力事故再発防止顧問会議(げんしりょくじこさいはつぼうしこもんかいぎ)は、原子力安全規制に関する組織のあり方、原子力安全規制強化のあり方等について検討するため、2011年10月、内閣官房に設置された機関である[1]

沿革編集

2011年9月30日内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)細野豪志が、閣議後の記者会見で、経済産業省原子力安全・保安院などを再編し2012年4月に環境省の外局として発足を目指す原子力安全庁について有識者から意見を聴く「原子力事故再発防止顧問会議」を設置する、と発表した[2]10月4日、第1回会合開催[3]

組織編集

座長編集

委員編集

座長を含む11人。

事務担当編集

内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室(室長:内閣審議官森本英香、職員数37名)[4]

脚注編集

外部リンク編集