メインメニューを開く

原田 末記(はらだ すえき、1956年6月25日 - )は、熊本県山鹿市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

原田 末記
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県山鹿市
生年月日 (1956-06-25) 1956年6月25日(63歳)
身長
体重
177 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト1位
初出場 1979年10月13日
最終出場 1979年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

岐阜中京商(現・中京高)では2年生の時、一塁手として1973年の春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では1回戦で天理高に逆転負け[1]夏の選手権では高橋俊春のいた伊香高を破り2回戦に進むが、天理高の佐藤清投手に完封を喫する。1年上のチームメートに右翼手の平田恒雄がいた。翌1974年夏の選手権にはエース、四番打者として出場、2回戦(初戦)で杉村繁のいた高知高を降す。しかし3回戦でこの大会に優勝した銚子商土屋正勝と投げ合い、0-5で敗退[2]。1年下のチームメートに一塁手の豊平晋一がいた。

投打にセンスのよさを見せ、各球団にも注目されていたが、卒業後は北海道拓殖銀行に進む。入社後は伸び悩んだが、1978年には速球に威力が増し、千藤和久に次ぐ左腕エースに成長。鋭いカーブを武器に北海道の最優秀選手となった。同年の都市対抗では大昭和製紙北海道に補強され出場。準々決勝では先発として起用され、日本鋼管木田勇と投げ合うが2-4で敗退した[3]

1978年ドラフト1位でヤクルト入団。左の本格派として期待され、1年目には4試合に登板したものの、その後は故障もあって出場機会がなく、1982年限りで現役引退。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1979 ヤクルト 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 5.0 4 1 4 0 0 3 0 0 2 2 3.60 1.60
通算:1年 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 5.0 4 1 4 0 0 3 0 0 2 2 3.60 1.60

記録編集

背番号編集

  • 20 (1979年 - 1982年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」 朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集