メインメニューを開く

古江(ふるえ)は、広島県広島市西区にある、旧佐伯郡古田村の一部分をなす歴史ある地域である。古い時代に天皇がこの地に船を着けたという「古キ入江」の故事にちなみ名づけられた地名であるが、現在は海に接していない。さまざまな史跡が存在し[1]、武家茶道で知られる上田宗箇流の家元も所在する[2]。なお、ここでは町丁名に古江を冠する地域について扱う。古江上は一丁目から二丁目まであり、人口2,420人、世帯数939世帯、郵便番号733-0875(広島西郵便局管区)。古江新町は1,802人、777世帯、郵便番号733-0873(広島西郵便局管区)。古江西町は3,803人、1,519世帯、郵便番号733-0874(広島西郵便局管区)、。古江東町は2,672人、1,071世帯、郵便番号733-0872(広島西郵便局管区)。よって当地域の総人口は10,697人、世帯総数は4,306世帯[3]

古江
古江上・古江新町・古江西町・古江東町
広島学院中学校・高等学校
古江の位置(広島市旧市内内)
古江
古江
北緯34度23分10.4秒 東経132度24分40.53秒 / 北緯34.386222度 東経132.4112583度 / 34.386222; 132.4112583
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県
市町村 Flag of Hiroshima, Hiroshima.svg 広島市
西区
人口
平成25年10月末現在
 • 合計 10,697人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
733-0872・733-0873・733-0874・
733-0875
市外局番 082
ナンバープレート 広島
※座標は古江駅付近

目次

地理編集

古江は広島市中心部(紙屋町)から西へ約3から5km、同市西区に位置する地域。地域は南向きの斜面であり、地域内をJR西日本山陽本線および広島電鉄宮島線が東西に走っている。西広島バイパスより北が古江上、広島電鉄宮島線より南が古江新町、そしてこの二地域に挟まれた中央部のうち西側が古江西町、東側が古江東町である。古江東町と古江新町の境界付近に古江駅がある。西で田方、東で高須、南で庚午、北西で古田台と接する[4][5]

歴史編集

 
原爆による火災消失分布図 / 古江地区の全域が被爆火災による消失から免れたことがわかる。

沿革編集

以下の通り[1][6]

人口の変遷編集

総数 [戸数または世帯数:   、人口:   ]

1980年昭和55年)12月[7]         2,341世帯
     6,629人
1990年平成2年)12月[7]     2,788世帯
        7,754人
2000年(平成12年)12月[7]      3,747世帯
          9,808人
2010年(平成22年)12月[7]         4,128世帯
     10,346人
2013年(平成25年)10月[3]        4,306世帯
     10,697人

交通編集

バス編集

古江バスストップ[8](古江東町 地図)が西広島バイパスの本線上にある。

鉄道編集

広島電鉄宮島線古江駅(上り:古江東町 地図 / 下り:古江新町 地図)が地域南部にある。己斐本町JR西日本山陽本線西広島駅地図)、井口に同線新井口駅地図)があり、JRの最寄り駅となっている(どちらが近いかは場所によって異なる)。

道路編集

西広島バイパスが地域を東西に貫いている。また、広島県道71号広島湯来線が南北に貫いている。

施設編集

宗教施設編集

  • 新宮神社(古江東町 地図
泉津事解男命(よもつことさかのおのみこと)、伊邪那美命を祀る。1995年社殿を西向きから南向きに移築した[1]
  • 誓立寺(せいりゅうじ、古江東町 地図
発祥は甲斐國圓明院(かいのくにえんめいいん)。武田信光の三男が出家し開山永正年中に真宗に改宗し清立坊と号す。慶長年中立町に移転。1623年から誓立寺を名乗る。被爆後の1948年、現在の場所に移転。江戸時代に開いた塾、幻華庵(げんげあん)で浄土真宗の高僧、雲幢(うんどう)が教鞭をとった。1873年に幻華庵を校舎として元興館(げんこうかん)が開校。古田小学校のもとになった[1]
  • 福蔵寺(古江上一丁目 地図
子宝を願って多くの人が参詣したであり、「子宝地蔵」「おびし地蔵」と呼ばれる。浅野直道が建立した、「蒲冠者源範頼廟」(かばのかんじゃみなもとののりよりびょう)と書かれた五重塔が、本堂裏にある。鐘つき堂は被爆建造物であり、1905年竣工、1985年改修[1]
大神神社のご神体山である三輪山から神木を譲り受けて大神神社の分霊を祀る神社[1]

幼稚園編集

  • ちどり幼稚園(古江西町 地図
幼稚園[9]
  • 古田幼稚園(古江東町 地図
ルドルフ・シュタイナーの教育論を取り入れた幼児教育を行っている幼稚園。1988年に建設された増築部はドイツでシュタイナー研究に取り組んだ建築家である村山雄一による設計であり、シュタイナーの教育思想が色濃く表れている[10][11]

学校編集

市立小学校。現在の住所は「古江」だが、学校名は古江地区が広島市と合併する前の村名である佐伯郡古田村に由来する[12]
市立中学校。古田小学校と同様に、学校名は古田村に由来する。古田村の村域を学区とし、校区内に、広島市立古田小学校・広島市立古田台小学校広島市立山田小学校広島市立高須小学校の4つの小学校を持つ[13]
中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校イエズス会が終戦直後の広島に設立したカトリックの学校として知られる[14]

その他編集

上田重安(宗箇)を流祖とし、上田家に伝わる武家茶道の一流である上田宗箇流の茶寮。かつて広島城内にあった上田家上屋敷の茶室が再現されている[1][15]
  • ふれあい花壇(古江東町 地図
古江駅空地花壇として整備されている[1]

史跡編集

 
1945年アメリカ軍作成の広島市地図。住宅はまだ少なく、農業用地が多い。地域内を通る道路がSANYŌDŌ HIGHWAYと表記されている。
  • 漕ぎ出(こぎいで・こぎで)
古江小学校の裏あたりが昔の海岸線であり、港として使われ、漕ぎ出と呼ばれていた[1]
  • 古江西第一号貝塚遺跡(古江西町 地図
現在はマンションになっている。縄文時代弥生時代土器石器が見つかっている。また、奈良時代の建造物跡やのかけらなども発見された[1]
古江郵便局付近には、1986年8月まで、西国街道の存在を示す街道松が残っていた[1]。この道路は1945年にアメリカ軍が作成した広島市地図においてSANYŌDŌ HIGHWAYと記されており、当時としては比較的大きな道路であったことをうかがい知ることができる。
  • 道路改修碑(古江西町 地図
1910年4月、石内久地方面から広島市中心部へ物資を運ぶ役割を担っていた道路(広島県道71号広島湯来線)を、馬車が通れる広さに改修したときの記念碑[1]
  • 四軒茶屋跡(古江西町 地図
石内・伴・久地方面からの道路が西国街道と交わる地点にあった茶店の跡[1]
広島藩主浅野家の別邸跡。庭の景色がすばらしく、翠江園と呼ばれていた[1]。現在は広島学院中学校・高等学校となっており、このことから広島学院では、PTAに相当する組織を「翠江会」、OB会に相当する組織を「翠友会」と称する。
  • 一楽山荘跡(古江東町 地図
の山があり、花見の名所だった。現在は住宅地になっている[1]
  • 新宮の鼻(古江東町 地図
昔はに突き出た半島の先であり、目印とされた[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p こぎいで古田の歴史めぐり”. 広島市 西区役所 市民部 地域起こし推進課. 2013年12月3日閲覧。
  2. ^ 上田流和風堂交通アクセス”. 上田流和風堂. 2013年11月27日閲覧。
  3. ^ a b 2013年10月末現在、住民基本台帳調査による。広島市調べ。”. 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ 国土地理院発行2万5千分の一地形図
  5. ^ Google map”. 2013年11月27日閲覧。
  6. ^ 歴史 広島・広告代理店 みづま工房  音量注意”. 2013年12月3日閲覧。
  7. ^ a b c d 1980,1990,2000,2010年12月末、住民基本台帳調査による。広島市調べ。”. 2013年12月11日閲覧。
  8. ^ 広島電鉄古江バス停時刻表”. 広島電鉄. 2013年11月27日閲覧。
  9. ^ ちどり幼稚園HP  音量注意”. 学校法人田口学園. 2013年12月3日閲覧。
  10. ^ 古田幼稚園HP”. 学校法人古田学園. 2013年12月3日閲覧。
  11. ^ arch-hiroshima 広島の建築 古田幼稚園”. 2013年12月3日閲覧。
  12. ^ 広島市立古田小学校HP”. 2013年11月27日閲覧。
  13. ^ 広島市立古田中学校HP”. 2013年11月27日閲覧。
  14. ^ 広島学院中学校・高等学校HP”. 学校法人広島学院. 2013年11月27日閲覧。
  15. ^ 上田流和風堂HP”. 上田流和風堂. 2013年11月27日閲覧。

関連項目編集