メインメニューを開く

古賀 正浩(こが まさひろ、1934年8月5日 - 2002年9月6日)は、日本政治家衆議院議員(5期)。

古賀 正浩
こが まさひろ
生年月日 1934年8月5日
出生地 日本の旗 朝鮮半島 平安北道
没年月日 (2002-09-06) 2002年9月6日(68歳没)
死没地 日本の旗 東京都新宿区
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員(農林水産省)
所属政党自由民主党→)
新生党→)
新進党→)
(無所属→)
自由民主党(橋本派

選挙区旧福岡3区→)
福岡6区
当選回数 5回
在任期間 1986年7月6日 - 2002年9月6日
テンプレートを表示

経歴編集

父の任地である朝鮮半島平安北道で生まれる。福岡県久留米市で育ち、福岡県立明善高等学校及び東京大学法学部卒業し、国家公務員一種試験に合格し農林水産省勤務(入省時は農林省)。福岡県農政部長、農林水産省農業協同組合課長などを歴任。

1982年に退官。1983年第37回衆議院議員総選挙では自民党木曜クラブ新人候補として出馬し落選、1986年第38回衆議院議員総選挙旧福岡3区で初当選(中選挙区制であった当時、旧福岡3区には同じ古賀姓の議員古賀一成古賀誠がおり、「三古賀」と呼ばれた)。1987年7月経世会、1992年12月改革フォーラム21の旗揚げに参加。1991年11月宮澤内閣渡部恒三通産相の下で政務次官も経験している。

1993年6月自民党を離党し新生党結成に参加、直後の衆院選で最多得票で当選、1994年新進党結党に参加。

1996年10月初の小選挙区比例代表並立制による衆院選で中選挙区時代のライバルで高校・大学の後輩の一成とのコスタリカ方式が功を奏し小選挙区勝利で当選。1997年12月新進党が分党する直前に離党し無所属を経て自民党に復党し経世会を前身とする平成研に入会。1998年8月、衆議院商工委員長に就任。

2000年6月衆院選で古賀一成を破り当選(古賀一成は比例復活)、2年後に現職国会議員のまま死去。


議会
先代:
斉藤斗志二
  衆議院商工委員長
1998年 - 1999年
次代:
中山成彬