メインメニューを開く

宮澤内閣(みやざわないかく)は、宮澤喜一が第78代内閣総理大臣に任命され、1991年(平成3年)11月5日から1992年(平成4年)12月12日まで続いた日本の内閣である。

宮澤内閣
内閣総理大臣 第78代 宮澤喜一
成立年月日 1991年(平成3年)11月5日
終了年月日 1992年(平成4年)12月12日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第16回参議院議員通常選挙
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

概要編集

1992年(平成4年)8月30日、宮澤首相は軽井沢における講演で、初めて「金融機関への公的資金の導入」に言及したが、大蔵省をはじめ金融機関経団連などの財界、マスコミが猛反対に遭い断念した。

国務大臣編集

内閣官房副長官・内閣法制局長官編集

政務次官編集

1991年(平成3年)11月6日任命。ただし、科学技術政務次官・二木秀夫は前内閣からの留任。

参考文献編集

外部リンク編集