メインメニューを開く

司馬 子如[1](しば しじょ、489年 - 553年)は、中国北魏末から北斉にかけての軍人政治家は遵業。本貫河内郡温県

経歴編集

西晋)の宗室の南陽王司馬模の子孫とされ、代々雲中郡に住んだ。父の司馬興龍は北魏の魯陽郡太守となった。子如は若くして豪傑と交友することを好み、高歓と友誼を結んだ。孝昌年間、六鎮の乱のために北方の州が陥落すると、子如は一家を引き連れて肆州に避難し、爾朱栄の礼遇を受け、仮の中堅将軍に任じられた。528年武泰元年)、爾朱栄が洛陽に向かうと、子如はその下で司馬となり、持節・仮平南将軍となり、前軍を監督した。高都にいたって、爾朱栄は建興郡が険阻で往来の要所であるとみて、後顧の憂いをなくすため、子如に建興郡太守・郡都督を代行させた。同年(永安元年)、子如は平遥県子に封じられ、大行台郎中となった。子如は能弁であることから、たびたび爾朱栄の使者として宮中を訪れ、孝荘帝と面会した。葛栄の乱のため、相州が孤立すると、爾朱栄は子如を派遣して間道からに入らせ、防備の援軍とさせた。葛栄の乱が平定されると、子如の爵位は侯に進んだ。529年(永安2年)、元顥が洛陽に入ると、鄴に駐屯したまま行相州事をつとめた。元顥が平定されると、洛陽に召還されて金紫光禄大夫となった。

530年(永安3年)、爾朱栄が殺害されると、子如は宮中から出て、爾朱栄の邸に向かい、爾朱栄の妻子や爾朱世隆らを連れて洛陽から脱出した。爾朱世隆は晋陽に帰ろうとしたが、子如がこれを引き止めて河橋を占拠させ、世隆を洛陽に迫らせた。長広王元曄が即位すると、子如は尚書右僕射を兼ねた。531年普泰元年)、前廃帝により侍中・驃騎大将軍・儀同三司の位と陽平郡公の爵位を呈示されたが、固辞して受けなかった。高歓が信都で起兵すると、爾朱世隆らは子如が高歓と旧交あるのを疑って、南岐州刺史として出向させた。533年永熙2年)、儀同三司の位を受けた。

534年(永熙3年)、高歓が洛陽に入ると、ほどなく子如は洛陽に入り、大行台尚書となって、軍事と国事に参与した。同年(天平元年)、東魏が建国されると、子如は尚書左僕射に任じられ、高岳孫騰高隆之らとともに朝政に参加した。高歓が晋陽に駐屯すると、子如は折に触れて面会に赴き、食事の相伴に与って、朝から晩まで語り合い、高歓と婁昭君から手土産を貰って帰るのが常であった。

539年興和元年)、山東黜陟大使となり、まもなく東北道大行台に転じて、諸州を巡検した。子如は高歓の旧恩をたのみに、感情に任せた処断をおこない、公然と賄賂を受け取って恥じなかった。定州に入ると深沢県令を斬り、冀州に入ると東光県令を斬るなど、過失や遺漏があると極刑を下したため、官民は震え上がった。544年武定2年)、尚書令に転じた。ときに高澄が輔政の任にあり、子如のことを嫌っていたため、御史中尉崔暹に収賄の罪を弾劾させた。子如は罪科を免れたが、官爵を剥奪された。ほどなく行冀州事として再起した。子如は態度を改めて、不正官吏の摘発に力を振るった。行并州事に転じ、もとの官爵に戻され、野王県男の別封を受けた。549年(武定7年)、高澄が死去すると、子如は崔暹や崔季舒を処断するよう高洋に勧めた。

550年天保元年)、北斉が建国されると、翼賛の功により、須昌県公の別封を受け、まもなく司空に任じられた。551年(天保2年)3月、馬に乗ったまま関を越えた罪を奏上されて、免官された。6月、太尉に任じられた。553年1月24日(天保3年12月25日)[2]、鄴都の中壇里の邸で死去した。享年は64。使持節・都督冀定瀛滄懐五州諸軍事・太師・太尉・懐州刺史の位を追贈された。を文明といった。

子の司馬消難が後を嗣いだ。

伝記資料編集

  • 北斉書』巻18 列伝第10
  • 北史』巻54 列伝第42
  • 司馬遵業墓誌

脚注編集

  1. ^ 『北斉書』および『北史』の記述による。墓誌によると、は遵業で、字は子如。
  2. ^ 死没年月日は墓誌の記述による。中国の旧暦と西暦の年がずれるため、ここに特記した。