元 恭(げん きょう、498年 - 532年)は、北魏の第11代皇帝(在位:531年 - 532年)。『魏書』においては前廃帝、『北史』においては節閔帝と呼ばれている。即位前の王号から広陵王とも呼ばれる。脩業

節閔帝 元恭
北魏
第11代皇帝
王朝 北魏
在位期間 普泰元年2月29日 - 普泰2年4月18日
531年4月1日 - 532年6月6日
姓・諱 元恭
脩業
諡号 節閔皇帝
生年 太和22年(498年
没年 太昌元年5月3日
532年6月21日
広陵王元羽
王氏
年号 普泰 531年 - 532年

生涯編集

孝文帝の弟の広陵王元羽と王氏のあいだの子として生まれ、正始年間に広陵王の封を継いだ。散騎常侍・給事黄門侍郎を歴任した。元叉が北魏の朝廷で権力を握ると、口が利けなくなったふりをして、龍花仏寺にひきこもった。530年、謀反の疑いをかけられ、上洛に逃れたところを捕らえられた。長らく拘禁されたが、疑いが晴れると釈放された。孝荘帝が殺害された後、長広王元曄が皇帝に擁立されたが、爾朱世隆らと疎遠になり、廃立が謀られた。長広王が邙山の南にやってきたとき、爾朱世隆らによって禅譲の礼が強行された[1]太尉爾朱度律が元恭を迎え、宮中に入った。531年2月、広陵王は太極前殿で皇帝として即位し、普泰と改元した。3月、長広王元曄を東海王に改封し、魯郡王元粛を太師とし、沛郡王元欣を太傅・司州牧とし、淮陽王に改封した。爾朱仲遠爾朱天光の2人を大将軍とし、爾朱兆を天柱大将軍とし、高歓を渤海王に封じ、爾朱世隆を太保とした。

しかし、6月に高歓が信都で反爾朱氏の挙兵をし、10月には元朗(後廃帝または安定王)を北魏の皇帝に即位させた。この時には南朝梁の武帝蕭衍の支援を受けて北魏皇帝を称していた元悦も存在していたので、北魏には3人の皇帝が並び立ったことになる。532年3月に爾朱天光らが韓陵で高歓に敗れると、4月に元恭は宮廷に突入して来た高歓の兵に拘束された。当初高歓は自身の擁立した安定王の血縁が傍流である事、また広陵王自身の人柄の賢明さを理由に、安定王を廃して広陵王を復位させる事を望んだが[2]、黄門侍郎の崔㥄[3]の「広陵王が真に賢明であれば、高王(高歓)の推挙を待ってから即位したはずです。逆胡(爾朱一族)に擁立された広陵王が、どうして天子であり続けられましょうか」との反論を受け[4]、広陵王は崇訓仏寺に幽閉される事が決まった。5月、門下外省で暗殺された。

のち、西魏において節閔皇帝と追諡された。兄の元欣は西魏の大丞相となり、八柱国の一人として挙げられる。

宗室編集

拓跋氏系図】(編集
  • 魏書』巻1~巻22、『北史』巻5・巻14を元に作成。
 
拓跋部
 
 
 
 
 
 
 
 
1(成帝)
拓跋毛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13(献帝)
拓跋鄰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14(聖武帝)
拓跋詰汾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禿髪部1禿髪匹孤
 
 
 
 
 
15(神元帝)
拓跋力微
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(南涼)
 
16(文帝)
拓跋沙漠汗
 
17(章帝)
拓跋悉鹿
 
18(平帝)
拓跋綽
 
東部(昭帝)
拓跋禄官
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中部(桓帝)
拓跋猗㐌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19(思帝)
拓跋弗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1(穆帝)
拓跋猗盧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2拓跋普根
 
5(恵帝)
拓跋賀傉
 
6,8(煬帝)
拓跋紇那
 
拓跋六脩
 
4(平文帝)
拓跋鬱律
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3拓跋氏
(諱不明)
 
 
 
 
 
7,9(烈帝)
拓跋翳槐
 
10(昭成帝)
拓跋什翼犍
 
拓跋孤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
拓跋寔君
 
(献明帝)
拓跋寔
 
拓跋窟咄
 
拓跋斤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北魏
 
 
 
 
 
 
 
 
1道武帝
拓跋珪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2明元帝
拓跋嗣
 
清河王
拓跋紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平王
拓跋煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3太武帝
拓跋燾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮南靖王
拓跋他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景穆帝
拓跋晃
 
東平王
拓跋翰
 
4南安王
拓跋余
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元鍾葵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5文成帝
拓跋濬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南安王
拓跋楨
 
 
 
 
 
元法僧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6献文帝
拓跋弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
章武王
元彬
 
扶風王
元怡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7孝文帝
元宏
 
先帝
元羽
 
北海王
元詳
 
文穆帝
元勰
 
 
 
 
 
章武王
元融
 
11東海王
元曄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃太子
元恂
 
 
 
 
 
 
12節閔帝
元恭
 
北海王
元顥
 
孝宣帝
元劭
 
10孝荘帝
元子攸
 
13安定王
元朗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8宣武帝
元恪
 
 
 
 
 
僭/追文景帝
元愉
 
 
 
 
 
清河王
元懌
 
武穆帝
元懐
 
汝南王
元悦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9孝明帝
元詡
 
臨洮王
元宝暉
 
西1文帝
元宝炬
 
 
 
 
 
清河王
元亶
 
14孝武帝
元脩
 
馮翊公主
元氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝明帝女児
元氏中国語版
 
幼主
元釗
 
西2廃帝
元欽
 
西3恭帝
拓跋廓
 
東1孝静帝
元善見
 
 
 
 
 
北周1孝閔帝
宇文覚

后妃編集

編集

  • 元子恕(渤海王)

脚注編集

  1. ^ 『魏書』巻11 前廃帝紀「春二月己巳、曄進至邙南、世隆等奉王東郭之外、行禅譲之礼、群臣上表曰~」
  2. ^ 資治通鑑』巻155「高歓以安定王疏遠、使僕射魏蘭根慰諭洛邑、且観節閔帝之為人、欲復奉之。」
  3. ^ 『資治通鑑』では「崔凌」と表記。
  4. ^ 『資治通鑑』巻155「凌作色曰~」

伝記資料編集

  • 魏書』巻11 帝紀第11
  • 北史』巻5 魏本紀第5