メインメニューを開く

各務 元正(かかみ もとまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将斎藤氏、後に森氏の家臣。

 
各務元正
時代 戦国時代から安土桃山時代
生誕 天文11年(1542年
死没 慶長5年10月15日1600年11月20日
別名 勘次郎、清右衛門、兵庫助(仮名)、
鬼兵庫(渾名)
戒名 鐡梅長春禅定門・鉄梅院殿長春居士
墓所 岡山県津山市戸川町 妙願寺
主君 斎藤道三森可成森長可森忠政
氏族 各務氏
父母 父:各務盛正
母:おおがみ殿(土岐政房の娘)
兄弟 各務元正各務一学
元峯正休、紀伊(森重政室)
女(京極高知側室)

各務氏の家譜によれば、清和源氏義光武田氏3代源清光の4男、加賀美遠光を始祖とする加賀美氏の後裔である。いつからか美濃国へと移り住み、遠光から8代下った加賀美正光の代に神託を受け名字を「各務」に改めたという。また、同じ美濃に山県氏流の各務氏も存在する。

目次

生涯編集

斎藤家家臣時代編集

天文11年(1542年)、各務盛正の子として美濃に生まれる。元正の母は土岐頼芸の妹にあたる人物で、各務氏は土岐家中でもそれなりの立場にあったと推測されるが、元正が家督を継ぐ頃には土岐氏は没落、斎藤道三が美濃の支配者となっており各務氏も斎藤氏の家臣として取り込まれる事となる。

永禄3年7月15日1560年8月16日)早朝、領地問題で遺恨のあった各務右京亮の屋敷に単身押し入り右京亮を殺し、取り押さえようとした家人数人も斬殺して逃走。後日この件の下手人であると露見したため蟄居処分を受ける。永禄10年(1567年)、斎藤氏が滅亡すると織田信長に仕えていた森可成の家臣近松新五左衛門の仲介で森家に仕官。この時、名乗りを勘次郎から清右衛門と改めた。

森家に仕官編集

元亀元年(1570年)に浅井長政朝倉義景の連合軍3万が摂津国三好三人衆と交戦中の信長の背後を突くべく出陣。浅井・朝倉連合軍は一向一揆も加わり、その軍勢は2万8,000とも3万とも伝わる。 浅井・朝倉連合軍の南進を阻止するため、森可成は加勢に来ていた織田信治青地茂綱と共に坂本へと出撃したが、その際各務元正は宇佐山城の守備に残された。 可成らは浅井・朝倉連合軍を相手に何度か押し返したものの結局は衆寡敵せず、最後は信治、青地と共に討ち死にしてしまう。 可成戦死後に連合軍が宇佐山城に殺到した際には、城兵を鼓舞し奮戦。宇佐山城の兵は1,000人余りであったがよく防戦し、連合軍は結局、宇佐山城を陥すことが出来なかった。浅井・朝倉連合軍は宇佐山城攻略を諦めて京都方面へと進軍を開始したが、坂本の突破と宇佐山城攻めに無駄な時間を費やしている間に信長も摂津から兵を返して来ており、連合軍の目論みは失敗に終わった。戦後、宇佐山城防衛で功を成した武藤兼友肥田直勝林通安らと共に信長より直に賞賛を賜った。 この後、浅井・朝倉連合軍が比叡山に立て篭もり、信長が宇佐山城に陣を敷いてそれと対峙する志賀の陣へと繋がることとなった。

森家の家督を可成の次男長可が継いだ後も、越前一向一揆討伐、長島一向一揆討伐、長篠の戦い三木合戦など数々の戦いで高名する。特に名を上げたのは天正10年(1582年)の甲州征伐における高遠城攻略の時で、矢狭間から真っ先に城内へと討ち入り群がる城兵を1人で薙ぎ倒したという。戦後に捕虜となっていた武田信廉を長可の命で処刑している。甲州征伐の論功で長可が信濃へ加増転封となり、長可の弟森成利(蘭丸)がそれまで兄長可の居城であった金山城5万石の領主となると、自前の家臣を持たない成利のために家老として付けられる。しかし成利は京都での政務のため領国へ赴くこともないまま本能寺の変で死去し、不在の間は金山城代として実質的に領国の政務を執った。

本能寺の変後、長可が信濃川中島四郡の所領を捨てて旧領である金山に帰還して以後は、長可に再び従い東美濃の制圧戦で主力部隊として働き森家の東美濃統一に貢献した。また、長可が岩村城を接収した際には岩村城代に任ぜられた。しかし天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで長可はこれまで功のあった家臣を殆ど美濃に残して出撃し、元正も岩村城守備の命を受けた事から参陣はしなかった。合戦期間中に長可の東美濃侵攻軍に破れ、勢力を失っていた遠山友政遠山利景らが徳川家康の助力を得て岩村城に攻撃を仕掛けてきたが、元正はこれを撃退し、逆に遠山半左衛門などを討ち取っている。

森家重臣として編集

小牧・長久手の戦いにおいて長可が戦死した後に林通安、為忠父子と3人で羽柴秀吉の元に長可の遺言書を届け、長可の弟である森忠政への遺領引継ぎの承認を得ると同時にその席で秀吉から林為忠と共に2人で忠政の後見役となるよう申し渡されたという。

忠政の家督相続後は岩村付近の支配を一任され岩村城の改修、岩村城下の整備、領内の検地奉行などを務め岩村の領国化に尽力した。また、忠政不在時の留守居役や来客の際の饗応役などの仕事が増え、戦の際には林為忠や伴一族が出陣をし元正は基本的に国元の抑えとして残り領国の政務を執るという場合が多く晩年は内政官としての色合いが強くなった。

慶長5年(1600年)に忠政が金山から信濃川中島13万6500石への転封を命じられると、元正は長沼城代に任ぜられ8000石を与えられる。しかし病が悪化し、同年10月15日に長沼城内で死去。享年59。家督は長男の元峯が継いだ。

系譜編集

甲斐源氏加賀美氏流各務氏
源義光
 
 
 
義清
 
 
加賀美遠光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋山光朝小笠原長清南部光行光経於曽経行
 
 
遠経
 
 
(6代略)
 
 
正行
 
 
各務正光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(下へ)(略)土岐政房
 
 
 
 
盛正
 
 
おおがみ殿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
林為忠元正一学
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元峯正休
 
[注釈 1]正保
 
 
 
 
 
利峯
 
 
正直森正方
 
 
 
 
利直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森長生森政房森忠洪
 
 
正光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正吉朝音[注釈 2][注釈 3][注釈 4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正次正武花房職矩
[注釈 5]
[注釈 6][注釈 7]有常
 
 
 
正次の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太郎右衛門延茂正良
 
 
 
正良
 
 
遠貞[注釈 8]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠清遠明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栄次郎遠芳[注釈 9]鍋五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠懐

人物・逸話編集

  • 戦での武功多き武将で陪臣の身ながらその武勇は織田家中でも知られており鬼兵庫の異名を取った。
  • 三木合戦の際に元正が負傷した際には織田信忠から直に医者が派遣され、長可が毎晩のように見舞いに訪れたという。
  • 高遠城攻めの際には長さ九尺(約2m70cm)に及ぶ鳥毛の長指物を指して現れ、信忠より賞賛された。
  • 森忠政が大井宿にて蒲生氏郷に馳走したことがあり、その饗応役を忠政から命ぜられた。その際、氏郷にねだられて往年の武功話を語って聴かせた。
  • 蒲生氏郷が各務元正を大層気に入り、蒲生家中に元正を引き抜こうとしたことがあった。氏郷が元正に一万五千石の待遇で勧誘の使者を送ったところ、元正がそれを断ったため、氏郷は二万石にして再度勧誘の使者を送った。元正はついに怒りを発し、使者に対し「二君に仕へず」の理を説き、氏郷の手紙も読まずに追い返したという。
  • 『兵庫覚書』という自伝的な書を残している。
  • 子孫の嫡流は元正にあやかり代々「各務兵庫」を称した。また庶流ではあるが、赤穂浪士横川宗利は元正の玄孫にあたる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 名古屋山三郎の妹。
  2. ^ 服部貞常の妻。
  3. ^ 河野通重の妻。
  4. ^ 依田貞清の妻。
  5. ^ 花房職利の弟、花房職休の養子。
  6. ^ 若村喜左衛門の妻。
  7. ^ 柘植利宗の妻。
  8. ^ 小林正休の次男で、母は紀伊家に仕えた中根正信の娘。
  9. ^ 森川利雄の妻。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集