吉田六彦

日本の将棋棋士

吉田 六彦(よしだ むつひこ、1910年3月1日 - 1991年10月7日)は、東京都中央区出身の将棋棋士土居市太郎名誉名人門下、棋士番号33。

 吉田六彦 七段
名前 吉田六彦
生年月日 (1910-03-01) 1910年3月1日
没年月日 (1991-10-07) 1991年10月7日(81歳没)
プロ入り年月日 1943年1月1日(32歳)
引退年月日 1956年(46歳)
棋士番号 33
出身地 東京都中央区
所属 将棋大成会→日本将棋連盟(関東)
師匠 土居市太郎名誉名人
段位 七段
棋士DB 吉田六彦
順位戦最高クラス C級1組(2期)
2023年8月28日現在
テンプレートを表示

経歴

編集

1928年に土居市太郎門下に入門。1943年に四段に昇段し、専門棋士となった。

プロ入りから3年が経過した1946年順位戦が創設され、1946年度・第1期は段位ごとにクラス分けがされ、当時四段だった吉田はC級に参加、3勝11敗と振るわなかったが当期順位戦のC級に参加した棋士は成績上位者が六段に昇段し、成績下位者も五段に昇段できたため、吉田も同規定に基づき1947年5月10日付で五段に昇段。

その後も順位戦における成績不振が続いたが、1950年度・第5期では一転してC級2組において8勝4敗とトップの成績を修めC級1組に昇級、これに伴い当時の規定に基づき1951年4月1日付で六段に昇段。

C級1組には第6期第7期とのべ2期在位し、C級2組で第10期順位戦を迎えた1955年10月2日以降を休場し、そのまま1956年4月1日付で引退。

引退から13年が経過した1969年11月3日付で七段に昇段。1991年10月7日、心不全のため享年81歳で死去。

生前は能筆家として知られた。

弟子は取らなかったと見られる。

昇段履歴

編集
  • 1948年 四段
  • 1947年5月10日 五段(順位戦C級下位:当時の昇段規定)
  • 1951年4月1日 六段(順位戦C級1組昇級:当時の昇段規定)
  • 1956年4月1日 引退
  • 1969年11月3日 七段(贈七段・将棋の日表彰)

主な戦績

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1946 1
1947 2
1948 3 C2予選敗退
1949 4 C2
1950 5 C2
1951 6 C115
1952 7 C111
1953 8 C201
1954 9 C205
1955 10 C214
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

参考文献

編集
  • 令和4年版 将棋年鑑 2022 643ページ (日本将棋連盟出版・ISBN:978-4-8399-8025-2)

関連項目

編集

外部リンク

編集