メインメニューを開く
BRT Chiayi CIS (English Type 1).svg嘉義BRT

嘉義公車捷運233-U9停靠於新光三越遠東站20180705.jpg
嘉義公車捷運
Chiayi Bus Rapid Transit

運営の地方  台湾
嘉義市嘉義県
種別 バス・ラピッド・トランジット
運営開始の時間 2007年1月5日
路線 3(本線1・連絡線2-全ての路線直通運転)
バス停 18
本線 嘉義駅西口 - 高鐵嘉義站
他の線 嘉義市内連絡線・
朴子市内連絡線
主要バス停 嘉義駅西口・高鐵嘉義站
運営会社 嘉義客運
運賃 対距離制
公式サイト www.cibus.com.tw

嘉義公車捷運(かぎこうしゃしょううん、英語: Chiayi Bus Rapid Transit)、通称:嘉義BRT台湾嘉義県嘉義市で運行されているバス・ラピッド・トランジット。「公車」は台湾での中国語表記で主に市街バスを意味する「公共汽車」の略語。台湾で初めて導入されたBRT(Bus Rapid Transit)で、将来的に乗客が増加した場合はライトレールへ転換することが嘉義市街鉄道高架化計画で計画されている。嘉義BRTは高鐵嘉義駅台鐵嘉義駅および嘉義市街地の通勤客の輸送を目的としており、バスレーンが設置され、通常のバスよりバス停の数が少なく、専用のバス停や優先信号、ノンステップバスの採用などを行っている[1]。2008年1月31日運営開始(2007年1月5日先行営業開始)[2]で、嘉義客運が運行している。

歴史編集

 
先行営業開始時の嘉義BRTのバス停とバス
 
初代嘉義BRT専用車、ボルボB7RLEノンステップバス
2005年
2007年
  • 1月5日 - 台湾高速鉄道の開業に合わせて暫定運行を開始した。暫定運行の時点では専用施設、バスレーン、優先信号は設置されず、通常の車両で運行されるため、BRTの速達性と定時性が十分に発揮されなかった。
2008年
2010年
  • 累計の乗客数が100万人を突破、一日あたりの平均利用客数は2000人。
2013年
  • 累計の乗客数が120万人を突破。

運営編集

7211線 嘉義県立体育館 - 嘉義公園編集

毎日5:50-23:30、20-30分間隔で運転。合計45往復。

経由:嘉義県立体育館 —朴子市四維路—県道168号長庚紀念病院—嘉義県政府—高鉄嘉義駅台18線嘉義市世賢路—自由路—友忠路—中興路—台鉄嘉義後駅—博愛路—嘉雄陸橋—新民路—垂楊路—啓明路—嘉義公園

7212線 高鉄嘉義駅 - 台鉄嘉義站後站編集

毎日5:30-20:00、合計10往復。

経由:高鉄嘉義駅台18線嘉義市世賢路—自由路—友忠路—中興路—台鉄嘉義站後站(TRA嘉義駅)

 

停留場一覧編集

路線 停留場名 接続路線 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
嘉義公車捷運
Chiayi Bus Rapid Transit
朴子市街連絡線 嘉義県立体育館 嘉義縣立體育館 Chiayi County Stadium 嘉義県 朴子市
東石高中
(東行・嘉義市方面)
東石高中 Tongshih Senior High School
東石国中
(西行・朴子方面)
東石國中 Tongshih Junior High School
大槺榔 大槺榔 Dakanglang
長庚医院 長庚醫院 Chang Gung Memorial Hospital
長庚医院新 長庚醫院新 Chang Gung Memorial Hospital 1(放送は長庚医院と同じ)
県政府 縣政府 Chiayi County Hall 太保市
東勢寮 東勢寮 Dungshihliao
崙仔頂 崙仔頂 Luntsaiting
本線 高鉄嘉義駅 高鐵嘉義站 THSR Chiayi Station 台湾高速鉄道
嘉義交流道東 嘉義交流道東 Chiayi Interchange E.(車内放送はChiayi Jiaolioudao(ICの中国語) East Station) 嘉義市 西区
大渓厝 大溪厝 Tahsitso
世賢北港 世賢北港 ShihHsien Beikang
世賢八徳 世賢八德 ShihHsien BaDe
自由友愛 自由友愛 ZihYou YouAi
台鉄嘉義駅後站
(嘉義駅西口)
臺鐵嘉義車站後站 Chiayi Railway Station Back Entrance(車内放送) 台湾鉄路管理局縦貫線
阿里山森林鉄道阿里山線
嘉義市街連絡線 新光三越遠東 新光三越遠東 Shinkong Mitsukoshi Far Eastern
文化路口 文化路口 WenHua Rd. Entrance(車内放送) 西区
東区
民族停車場 民族停車場 Minzu Parking Lot 東区
嘉義公園 嘉義公園 Chiayi Park


  • 朴子市街連絡線は9.22キロメートル・主線15.71キロメートル・嘉義市街連絡線は4.72キロメートル、全線の長さは29.65キロメートル。

系統設備編集

優先信号編集

  • 高鉄大道と埤竹路の交差点(嘉義IC東)
  • 高鉄大道9K+400
  • 高鉄大道10K+300
  • 高鉄大道10K+734
  • 高鉄大道と大渓厝路の交差点
  • 高鉄大道と世賢路の交差点
  • 世賢路と北港路の交差点(未供用)
  • 世賢路と竹囲路の交差点
  • 世賢路と四維路の交差点
  • 世賢路と竹囲四路の交差点

利用できる電子マネー編集

車両編集

 
嘉義BRTの申沃(Sunwin)低床バス-高鉄嘉義駅
 
嘉義BRTの申沃(Sunwin)低床バス-世賢北港駅
 
当初の嘉義BRTのバス(元大南汽車の車両)

運営開始時は観光バスや台北聯営バスからの中古車を使用し、塗装や装備を嘉義BRT用に変更して運用していた。 その後の計画でノンステップバスの導入が決定され、現在は全車両がノンステップバスで運行されている。

  • 日野自動車 HS8JRVL-UTF
    • 2017年:230-U9~233-U9、235-U9、236-U9
    • 2018年:266-U9~272-U9

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ 嘉義 BRT 公車捷運系統” (中国語). 嘉義市交通処. 2011年5月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月25日閲覧。
  2. ^ a b 全国一番公路捷運運営開始” (中国語). 大紀元 (2008年1月31日). 2011年2月25日閲覧。

外部リンク編集