メインメニューを開く
四宮車庫 1997年

四宮車庫(しのみやしゃこ)は、かつて京阪電気鉄道京津線四宮駅の北側にあった車両基地

京都市営地下鉄東西線御陵 - 京都市役所前間への直通運転開始後、四宮車庫が担っていた検車機能は錦織車庫に統合され、現在は4両編成の京津線800系電車を留置するだけの無人の留置線のみとなり、事実上検車機能が廃止された状態となっている。

歴史編集

  • 1912年大正元年)8月15日 - 京津電気軌道三条大橋 - 札ノ辻間の開業に伴い開設。
  • 1925年(大正14年)2月1日 - 京津電気軌道が京阪電気鉄道と合併。同社京津線の車庫となる。
  • 1943年昭和18年)10月1日 - 京阪電気鉄道が阪神急行電鉄と合併し、京阪神急行電鉄が発足。同社京津線の車庫となる。
  • 1949年(昭和24年)
    • 8月7日 - 午前4時頃に発生した原因不明の火災で入庫車両27両中22両を焼失。
    • 12月1日 - 京阪神急行電鉄からの分離・再発足により、再び京阪電気鉄道京津線の車庫となる。
  • 1997年平成9年) - 検車機能が錦織車庫(大津市)に統合される。
  • 1998年(平成10年)4月13日 - 車庫の建物が解体され、留置線のみとなる。

関連項目編集