四銃士』(よんじゅうし、The Four Musketeers)は、1974年イギリスアメリカ合衆国剣戟映画。監督はリチャード・レスター、出演はマイケル・ヨークオリヴァー・リードフランク・フィンレーリチャード・チェンバレンなど。 前年の映画『三銃士』の続編で、アレクサンドル・デュマ・ペールによる原作小説『三銃士』の後半部分に当たる。

四銃士
The Four Musketeers
監督 リチャード・レスター
脚本 ジョージ・マクドナルド・フレイザー英語版
原作 アレクサンドル・デュマ・ペール
三銃士
製作 マイケル・サルキンドフランス語版
アレクサンダー・サルキンド
イリヤ・サルキンド
製作総指揮 イリヤ・サルキンド
出演者 マイケル・ヨーク
オリヴァー・リード
フランク・フィンレー
リチャード・チェンバレン
ラクエル・ウェルチ
音楽 ラロ・シフリン
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 ジョン・ヴィクター・スミス
製作会社 アレクサンダー=マイケル=イリヤ・サルキンド・プロダクションズ
配給 西ドイツの旗 Cinerama Filmgesellschaft MBH
イギリスの旗 Fox-Rank
アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 西ドイツの旗 1974年10月31日
アメリカ合衆国の旗 1975年2月26日
イギリスの旗 1975年3月25日
日本の旗 1976年1月7日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 三銃士
次作 新・三銃士/華麗なる勇者の冒険
テンプレートを表示

『三銃士』と『四銃士』は、当初は一つの作品として仕上げる予定だったのを、2分割したものであった。そのため、出演者がこれを契約違反であるとして、以後俳優との契約には、作品の本数を明記した「サルキンド条項(Salkind clause)」が適用されるようになった。これは、製作スタッフのアレクサンダー・サルキンドの名を冠したものである[1]

ストーリー編集

国王軍とラ・ロシェルの反乱軍との戦いのさなか、リシュリュー枢機卿は、銃殺刑にされかけたものの、脱出に成功したロシュフォール伯爵(英語版)に、ボナシュウの妻コンスタンスを誘拐するように命じる。また、ダルタニャンへの復讐の炎を燃やすミレディーは、彼を誘惑して暗殺を企てるが失敗する。ダルタニャンは、かつてミレディーがアトスと恋愛関係にあり、犯罪歴があるのを知られて、アトスに殺されかけたことを知る。

アトス、ポルトス、そしてアラミスは、サンクルーに囚われていたコンスタンスを助け出し、アルマンティエール修道院にかくまう。方やミレディーは、ダルタニャンに、毒入りのぶどう酒と、三銃士が禁足処分を食ったと言う嘘の手紙を送りつける。ダルタニャンが3人を保釈しに行こうとしたところに、ロシュフォールと手下が襲いかかり、そこへ三銃士も加わって乱闘となり、捕まった手下の一人が、リシュリュー枢機卿がドーブ・コット・インに行く予定だとばらした後、その毒入りぶどう酒を飲んで息絶える。アトスはリシュリューの偵察に行き、枢機卿が、イングランドが噛んでいるらしい、ラ・ロシェルへの援軍を、バッキンガム公爵が寄越さないように、アンヌ王妃との関係を盾にゆさぶること、もし応じない時は暗殺することを命じる。ミレディーは見返りとして、自分の行為を正当化する証明書を枢機卿に書かせる。

しかしながら、その後アトスがミレディーから書類を奪い取り、ダルタニャンに、枢機卿の陰謀を伝えたため、ダルタニャンは従卒のプランシェをイングランドに派遣して、バッキンガム公爵に注意を促そうとする。一方イングランドでは、援軍中止を拒否されたミレディーが、暗殺を謀ろうとするも捕えられ、ロンドン塔に監禁されるが、ミレディーはここでも公爵の部下フェルトンを誘惑し、公爵を殺すようそそのかす。フェルトンは彼女を逃がした後、プランシェが到着する前に、バッキンガム公爵を殺害する。ラ・ロシェルが陥落したのはそれから間もなくだった。

ロシュフォールとミレディーは、アルメンティエールの修道院に乗り込み、そこに到着した四銃士と激しく闘う。ロシュフォールと配下の者が、銃士たちを追い詰めている間、ミレディーはコンスタンスを絞め殺すものの、ついにアトスにつかまり、ダルタニャンはロシュフォールとの死闘のすえ、相手を斃す。ミレディーは四銃士から首切りの判決を言い渡され、刑がとりおこなわれた直後、彼らは枢機卿の護衛隊に逮捕される。

リシュリューは、大事な配下の者を2人失ったことで、ダルタニャンを告発するが、ダルタニャンは枢機卿の署名入りの証明書を見せ、自分の行為が法的に正しいものであると主張する。枢機卿は自らの完敗を悟り、またダルタニャンの行為に感心して、彼と、彼の3人の友人の中から1人を将校に任じることにする。アトス、ポルトス、アラミスがそれぞれ辞退したため、ダルタニャンが銃士隊の隊長補佐に昇任する[2]

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
ダルタニアン マイケル・ヨーク 松橋登
コンスタンス ラクエル・ウェルチ 中村晃子
アトス オリヴァー・リード 内海賢二
ポルトス フランク・フィンレー 大塚周夫
アラミス リチャード・チェンバレン 金内吉男
ルイ13世 ジャン=ピエール・カッセル 仲木隆司
アンヌ王妃 ジェラルディン・チャップリン 平淑恵
バッキンガム公爵 サイモン・ウォード 仲村秀生
プランシェ ロイ・キニア 神山卓三
キティ ニコール・カルファン英語版 土井美加
ジュサック アンヘル・デル・ポゾ 北村弘一
フェルトン英語版 マイケル・ゴサード英語版 下村彰人
ベアトリス ギティ・ジャマルドイツ語版 朝井良江
トレヴィル エドゥアルド・ファヤルド英語版 上田敏也
ロシュフォール伯爵フランス語版 クリストファー・リー 西沢利明
ミレディー英語版 フェイ・ダナウェイ 平井道子
リシュリュー枢機卿 チャールトン・ヘストン 納谷悟朗
不明
その他
平井隆博
西野純司
安田隆
上恭ノ介
西村知道
藤城裕士
吉村傭
岡田直子
安田あきえ
演出 高桑慎一郎
翻訳 篠原慎
効果 大野義信
調整 遠西勝三
制作 千代田プロダクション
解説 淀川長治
初回放送 1982年2月14日
日曜洋画劇場

※KADOKAWAから発売のBDに吹替収録

スタッフ編集

日本版DVD編集

複数回発売されている[3]

  • 【DVD】四銃士 〈初回限定生産〉 2011年3月2日発売
  • 【DVD】四銃士 〈初回限定生産〉 2009年5月9日発売
  • 【DVD】四銃士 〈初回限定生産〉 2008年7月10日発売
  • 【DVD】四銃士 〈初回限定生産〉 2006年8月25日発売
  • 【DVD】三銃士/四銃士 2001年5月25日発売

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

Rotten Tomatoesによれば、21件の評論のうち高評価は76%にあたる16件で、平均点は10点満点中7.1点となっている[4]

受賞歴編集

イヴォンヌ・ブレイクロン・タルスキー英語版は、第48回アカデミー賞衣裳デザイン賞にノミネートされた[5]

出典編集

  1. ^ Salmans, Sandra (1983年7月17日). “FILM VIEW - FILM VIEW - THE SALKIND HEROES WEAR RED AND FLY HIGH” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/1983/07/17/movies/film-view-the-salkind-heroes-wear-red-and-fly-high.html 2022年10月15日閲覧。 
  2. ^ Watch The Four Musketeers Online” (英語). Yidio. 2022年10月15日閲覧。
  3. ^ 四銃士”. allcinema. 株式会社スティングレイ. 2022年10月15日閲覧。
  4. ^ The Four Musketeers” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年10月15日閲覧。
  5. ^ 1975年 第48回 アカデミー賞”. allcinema. 2022年10月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集