メインメニューを開く

国東 始(くにあずま はじめ 1975年9月4日 - )は、ブラジルサンパウロ市出身、玉ノ井部屋所属の元大相撲力士。本名はヴァンデル・ラーモス(のちにヴァンデル・ラモス)。身長192cm、体重180kg。趣味は音楽鑑賞。最高位は西十両4枚目(2001年9月、11月場所)。得意技は右四つ、寄り、突き、叩き。愛称は「ラモス」、血液型はO型。イタリア系ブラジル人

来歴編集

小学生の時には柔道を習っていたが、中学に入学すると相撲を始めた。以降、相撲で活躍しブラジルの国内の大会に出場するなど活躍した。高校に進学し、明治大学中野中相撲部主催のホームステイする際に、玉ノ井部屋に世話になった。その縁で友人が入門したいと考えていたので、その父から「一緒にいってくれないか」と頼まれたため本人も入門を決意。1991年8月に他の3人と共に来日し、玉ノ井部屋に入門した。同時に来日した東風(最高位:幕下)と北東(最高位:幕下)は日系人、若東(最高位:十両)は純日本人(両親が日系一世)であったため、日本人の血統をひかないブラジル人は国東のみであった。同年9月場所で初土俵を踏み、長身を生かしたスケールの大きな相撲で幕下まで順調に番付を上げていった。

右四つからの強引な小手投げで勝機を掴んでいったが、小手投げの多様による腰痛に悩まされからは低迷し、長期休場も2度経験した。2度とも序ノ口まで番付を落としているが、土俵復帰後は短期間で幕下に復帰してきたので各段優勝は5回を数える。2000年5月場所に幕下優勝を果たし、東幕下2枚目まで番付を上げた翌7月場所では4勝3敗と勝ち越しを決め、翌9月場所に十両に昇進。純ブラジル人初めての関取となった。その場所は序盤から優勝争いに食い込んだが、9勝目を上げた13日目の相撲で左手の関節を故障し途中休場となった。

しばらく十両に定着していたが、腰の古傷の状態が悪化し、2002年3月場所を最後に幕下に陥落。その後も十両復帰を目指して相撲を取り続けていたが、2003年9月場所には三段目に陥落。2004年3月場所に西三段目20枚目で5勝2敗と勝ち越したのを最後に現役を引退した。尚、ブラジルから渡ってきた同期の中で最後まで現役を勤めた。現在は会社員。

2007年10月20日、テレビ朝日系討論番組「朝まで生テレビ! 激論“国技大相撲”に未来はあるか?」にパネリストとして出演した。

主な戦績編集

  • 生涯成績:276勝183敗146休 勝率.601
  • 十両成績:52勝53敗45休 勝率.495
  • 現役在位:76場所
  • 十両在位:10場所
  • 各段優勝
    • 幕下優勝:1回(2000年5月場所)
    • 三段目優勝:1回(1996年9月場所)
    • 序二段優勝:1回(1999年3月場所)
    • 序ノ口優勝:2回(1995年11月場所、1999年1月場所)

場所別成績編集

国東 始
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1991年
(平成3年)
x x x x (前相撲) 西序ノ口34枚目
6–1 
1992年
(平成4年)
東序二段83枚目
6–1 
東序二段13枚目
5–2 
東三段目77枚目
3–4 
西三段目93枚目
4–3 
東三段目73枚目
2–5 
西三段目100枚目
6–1 
1993年
(平成5年)
東三段目44枚目
6–1 
西幕下59枚目
5–2 
西幕下35枚目
5–2 
東幕下22枚目
4–3 
東幕下16枚目
4–3 
西幕下11枚目
2–5 
1994年
(平成6年)
東幕下27枚目
4–3 
西幕下20枚目
3–4 
東幕下26枚目
4–3 
西幕下19枚目
2–5 
西幕下35枚目
4–3 
西幕下27枚目
休場
0–0–7
1995年
(平成7年)
西三段目7枚目
休場
0–0–7
東三段目67枚目
休場
0–0–7
西序二段27枚目
休場
0–0–7
西序二段98枚目
休場
0–0–7
西序二段168枚目
2–5 
西序ノ口13枚目
優勝
7–0
1996年
(平成8年)
東序二段30枚目
5–2 
西三段目94枚目
4–1–2 
東三段目74枚目
休場
0–0–7
東三段目74枚目
5–2 
東三段目42枚目
優勝
7–0
東幕下26枚目
5–2 
1997年
(平成9年)
西幕下14枚目
4–3 
西幕下11枚目
5–2 
東幕下5枚目
1–6 
西幕下24枚目
3–4 
西幕下33枚目
4–3 
東幕下24枚目
5–2 
1998年
(平成10年)
西幕下12枚目
2–5 
東幕下32枚目
0–7 
東三段目7枚目
休場
0–0–7
東三段目67枚目
休場
0–0–7
西序二段27枚目
休場
0–0–7
西序二段97枚目
休場
0–0–7
1999年
(平成11年)
西序ノ口18枚目
優勝
7–0
東序二段20枚目
優勝
7–0
西三段目32枚目
6–1 
西幕下53枚目
6–1 
西幕下26枚目
4–3 
西幕下21枚目
6–1 
2000年
(平成12年)
西幕下8枚目
休場
0–0–7
東幕下48枚目
6–1 
西幕下22枚目
優勝
7–0
東幕下2枚目
4–3 
東十両9枚目
9–5–1[1] 
西十両6枚目
休場[2]
0–0–15
2001年
(平成13年)
西十両6枚目
7–8 
西十両7枚目
7–8 
西十両8枚目
8–7 
西十両5枚目
8–6–1[3] 
西十両4枚目
休場[2]
0–0–15
西十両4枚目
7–8 
2002年
(平成14年)
東十両5枚目
6–9 
東十両8枚目
0–2–13[4] 
東幕下8枚目
休場
0–0–7
西幕下48枚目
3–4 
西三段目2枚目
6–1 
西幕下29枚目
5–2 
2003年
(平成15年)
西幕下15枚目
3–4 
東幕下25枚目
2–5 
西幕下42枚目
3–4 
東幕下51枚目
休場
0–0–7
西三段目31枚目
4–2–1 
西三段目16枚目
休場
0–0–7
2004年
(平成16年)
東三段目77枚目
6–1 
西三段目20枚目
引退
5–2–0
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 国東 次郎(くにあずま じろう)1991年9月場所 - 1995年11月場所
  • 国東 始(くにあずま はじめ)1996年1月場所 - 2002年7月場所
  • 功弐東 竜(くにあずま りゅう)2002年9月場所 - 2004年3月場所

脚注編集

  1. ^ 左手関節月状骨周囲脱臼により14日目から途中休場
  2. ^ a b 公傷
  3. ^ 腰椎圧迫骨折・腰部脊髄神経根損傷により14日目から途中休場
  4. ^ 左根性腰痛症により2日目から途中休場

関連項目編集

外部リンク編集