メインメニューを開く

国立病院機構宮崎東病院

独立行政法人国立病院機構宮崎東病院(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうみやざきひがしびょういん)は、宮崎県宮崎市にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立療養所宮崎東病院。宮崎市の赤江地域自治区に位置し、宮崎空港からも程近い位置にある。政策医療分野における呼吸器疾患結核含む)及び神経・筋疾患の専門医療施設であり、宮崎県の神経難病対策においては、宮崎県重症難病医療ネットワーク医療機関の拠点病院(中心機関)として、県内に10ある基幹協力病院とのネットワークを形成している[1]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構宮崎東病院
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構宮崎東病院
英語名称 National Hospital Organization Miyazaki Higashi Hospital
標榜診療科 内科、呼吸器内科、神経内科、心療内科、外科、呼吸器外科、小児科、リハビリテーション科、放射線科
許可病床数

300床
一般病床:240床



結核病床:60床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 比嘉利信(院長)
開設年月日 2002年7月1日
所在地
880-0911
宮崎県宮崎市大字田吉4374-1
位置 北緯31度52分9秒 東経131度26分43秒 / 北緯31.86917度 東経131.44528度 / 31.86917; 131.44528
二次医療圏 宮崎東諸県
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1939年 - 傷痍軍人宮崎療養所として発足。
  • 1957年3月 - 国立赤江療養所となる。
  • 1980年4月 - 国立療養所宮崎東病院に改称。
  • 2001年1月6日 - 厚生労働省に移管。
  • 2002年7月1日 - 国立療養所日南病院と統合、国立療養所宮崎東病院として発足[2]
  • 2004年4月1日 - 現名称に改称。

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関

周辺施設編集

交通アクセス編集

宮崎交通の路線バス国立東病院行で終点下車。

脚注編集

  1. ^ 宮崎県医療計画(2008年3月)第4章第3節5「難病等対策」。
  2. ^ 国立療養所日南病院は、社会福祉法人に譲渡され、愛泉会日南病院となった。

関連項目編集

外部リンク編集