国際連合機関(こくさいれんごうきかん、: United Nations organizations)とは、国際連合を構成する六つの主要機関補助機関および、国際連合と連携関係にある国際機関の総称である。国際連合と連携関係にある国際機関のうち、特に、国際連合との間で「連携協定」を結んでいる機関は専門機関と呼ばれる。

主要機関編集

国際連合の中心となる6つの主要機関(principal organs)に以下がある。総会の決議も国連の組織内にしか拘束力は及ばず、加盟国に対しては勧告に留まり、国際連合安全保障理事会決議が唯一加盟国を法的に拘束する力を持つため、事実上の最高意思決定機関となっている。

また2006年6月に「Council(理事会)」を称する機関として、国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council:UNHRC)が設置されている。

国際連合主要機関[1]
国際連合総会
(United Nations General Assembly)

— 国際連合加盟国の本会議  —
国際連合事務局
(United Nations Secretariat)

— 行政組織機構  —
国際司法裁判所
(International Court of Justice)

— 国際法一般を扱う裁判所 —
  • 国際連合本体業務を統括する。
  • 当事者たる国家により付託された国家間の紛争について裁判を行う。
国際連合安全保障理事会
(United Nations Security Council)

— 国際的な安全保障問題を扱う —
国際連合経済社会理事会
(United Nations Economic and Social Council)

— 世界経済と社会問題を扱う —
国際連合信託統治理事会
(United Nations Trusteeship Council)

— 信託統治を扱う —
  • 1994年に最後の信託統治地域であったパラオが独立を果たしたためほぼ業務を終了した。今後は必要がある時に会議が開かれるとされている。

国際連合総会編集

国際連合事務局編集

国際司法裁判所編集

安全保障理事会編集

経済社会理事会編集

信託統治理事会編集

人権理事会編集

以前の国際連合人権委員会(United Nations Commission on Human Rights:UNCHR)を発展させて設立された。形式上は総会の下部組織とされている。

基金・計画・調査・訓練/研究所他編集

国際連合における基金(Funds)、計画(programmes)、調査(research)、訓練/研究所(training institutes)他の組織として以下がある。 直接、国際連合総会に報告する。国際連合総会の決議によって設立される。

基金・計画編集

基金・計画
名称 本部 代表 設立
国際連合開発計画 UNDP:United Nations Development Programme   米国 ニューヨーク     Achim Steiner 1965年
国際連合児童基金 UNICEF:United Nations Children's Fund   米国 ニューヨーク   Catherine M. Russell 1946年
国連資本開発基金 UNCDF:United Nations Capital Development Fund   米国 ニューヨーク   Marc Bichler 1966年
国際連合世界食糧計画 WFP:World Food Programme   イタリア ローマ   David Beasley 1963年
国際連合環境計画 UNEP:United Nations Environment Programme   ケニア ナイロビ   Inger Andersen 1972年
国際連合人口基金 UNFPA:United Nations Population Fund   米国 ニューヨーク   Natalia Kanem 1969年
国際連合人間居住計画 UN-HABITAT:United Nations Human Settlements Programme   ケニア ナイロビ   Maimunah Mohd Sharif 1978年
国際連合ボランティア計画 UNV:United Nations Volunteers   ドイツ ボン   Richard Dictus 1978年

調査・訓練/研究所編集

United Nations Institute for Disarmament Research (UNIDIR)
United Nations Institute for Training and Research (UNITAR)
United Nations Interregional Crime and Justice Research Institute (UNICRI)
United Nations Research Institute for Social Development (UNRISD)
  • 国連システム職員学校
United Nations System Staff College (UNSSC)
United Nations University (UNU)

条約事務局編集

国際連合で採択された各条約(Convention)の事務局(secretariat)また条約に基づく組織として以下がある。

その他編集

2010年に、国際連合婦人開発基金(UNIFEM)、経済社会局女性の地位向上部(DAW)、国際連合国際婦人調査訓練研修所(INSTRAW)、ジェンダー問題と女性の地位向上に関する事務総長特別顧問室(OSAGI)の4組織を統合して、新しく「UN Women(国際連合男女平等と女性権限付与の実現)」が設立された。

Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS)
International Trade Centre (ITC)
United Nations Office for Project Services (UNOPS)
United Nations Conference on Trade and Development (UNCTAD)
Other Entities and Bodies
名称 本部 代表 設立
国際連合難民高等弁務官事務所 UNHCR:United Nations High Commissioner for Refugees   スイス ジュネーブ   Filippo Grandi 1951年
国際連合男女平等と女性権限付与の実現 UN Women:United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women   米国 ニューヨーク   Sima Sami Bahous 2010年
国際連合近東パレスチナ難民救済事業機関 UNRWA:United Nations Relief and Works Agency for Palestine Refugees in the Near East   パレスチナ ガザ
  ヨルダン アンマン
  Pierre Krähenbühl 1949年

専門機関編集

国際連合の専門機関(Specialized agency)は、国際連合憲章第57条に定義され、経済、社会、文化、教育、保健などの分野で広い国際的責任を有する国際機関のうち、国際連合と連携関係をもつものとされている。第63条では、経済社会理事会は、専門機関との間で連携関係についての条件を定める協定を締結することができるとしている。この協定を「連携協定」と呼んで、これを結んだ機関が厳密な意味での「専門機関」である。専門機関には、国際連合よりも古い歴史を持つものがあり、例えば、国際労働機関(ILO)は、1919年国際連盟と同時に設立されて国際連合の発足後に連携協定を結んで専門機関となった。個々の専門機関に関する条約を批准することにより国際連合非加盟国であっても専門機関には参加できる。

関連機関編集

国際連合の関連機関(Related organization)とは、国際連合との間で連携協定を結んでいないが、総会、安全保障理事会または経済社会理事会への報告を行うなど、国際連合と密接な関係にある国際機関である。

国際移住機関編集

国際移住機関(International Organization for Migration:IOM)とは、世界的な移住問題を専門に扱う国際機関。本部はスイスジュネーヴ

包括的核実験禁止条約機構準備委員会編集

包括的核実験禁止条約機構準備委員会(Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization Preparatory Commission:CTBTO PrepCom)とは、包括的核実験禁止条約の発効予定組織。本部はオーストリアウィーン

国際原子力機関編集

国際原子力機関(International Atomic Energy Agency:IAEA)とは、原子力の平和利用と監視を行う国際機関。本部はオーストリアウィーン

化学兵器禁止機関編集

化学兵器禁止機関(Organization for the Prohibition of Chemical Weapons:OPCW)とは、化学兵器の禁止と拡散防止活動を目的とする国際機関。本部はオランダハーグ

世界貿易機関編集

最高責任者調整会議・上級管理集団編集

  • 最高責任者調整会議(Chief Executives' Board for Coordination:CEB)
国連システムにおける最高調整会議。
  • 上級管理集団(Senior Management Group:SMG)
1997年に設置された事務総長以下の政策会議。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ UN Charter: Chapter III”. United Nations. 2017年11月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集