園田 清充(そのだ きよみつ、1919年10月6日 - 1985年9月7日)は、日本の政治家熊本県下益城郡豊野村(現・宇城市)出身。元自由民主党所属の参議院議員(4期)、国土庁長官従三位勲一等

園田 清充
そのだ きよみつ
生年月日 1919年10月6日
出生地 熊本県下益城郡豊野村(現・宇城市
没年月日 (1985-09-07) 1985年9月7日(65歳没)
死没地 熊本県菊池郡(現・合志市
出身校 法政大学中退
前職 熊本県議会議員
所属政党 自由民主党
称号 従三位勲一等
選挙区 熊本県選挙区
当選回数 4回
在任期間 1965年(昭和40年)7月18日 - 1985年(昭和60年)9月7日
テンプレートを表示

来歴編集

1919年(大正8年)10月6日、熊本県下益城郡豊野村(現・宇城市)にて旧家の長男として出生。1936年(昭和11年)法政大学入学、1940年(昭和15年)に徴兵、復員後1947年(昭和22年)豊野村農業協同組合長を経て、熊本県議会議員に初当選、熊本県議会議員(4期)18年間県議会に在職。熊本県連幹事長、熊本県議会議長を歴任後、熊本選挙区 北口龍徳(1965.5.31死去)に伴う第6回参議院議員通常選挙補欠選挙で初当選。農林水産委員会に11年10ケ月在籍、1970年(昭和45年)2月から1971年(昭和46年)1月にかけて農林水産委員長を務める。1972年(昭和47年)7月第1次田中角榮内閣農林政務次官、1979年(昭和54年)11月第2次大平内閣で国土庁長官を歴任した[1]。また、自由民主党内においては、政調国土開発調査会北陸地方委員会委員長、政調奄美振興委員会委員長、政調総合農政調査会副会長、国会対策委員会副委員長、政審農林水産部会長、政審公害対策特別委員会委員長、政策審議会会長等を歴任。参議院議員として20年2ケ月にわたり在籍し、農業の振興とそのための諸施策の拡充に重点を置いた。著書に1974年1月出版の 「明日のある農業 大衆の農政」がある[2]

経歴編集

著書編集

  • 「明日のある農業 大衆の農政」[2]

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 第69代第二次大平内閣”. 首相官邸. 内閣官房内閣広報室. 2020年5月30日閲覧。
  2. ^ a b 責任表示:園田清充 著、出版者:全国農業改良普及協会、出版年月日:1974年1月、請求記号:DM21-G136、書誌ID:0002913802
  3. ^ 第63回国会 参議院本会議 第2号”. 国会会議録検索システム (1970年2月14日). 2020年5月31日閲覧。国立国会図書館
  4. ^ 第65回国会 参議院農林水産委員会 第2号”. 国会会議録検索システム (1971年1月28日). 2020年5月31日閲覧。国立国会図書館
  5. ^ 第103回国会 参議院本会議 第2号”. 国会会議録検索システム (1985年10月17日). 2020年5月31日閲覧。国立国会図書館