メインメニューを開く

土屋 亨(つちや とおる、1923年10月6日 - 2002年10月15日)は、長野県出身のプロ野球選手内野手)、スポーツジャーナリストスポーツライター)、野球解説者。旧姓:堀内[1]

土屋 亨
Toru Tsuchiya 1955 Scan10017.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 (1923-10-06) 1923年10月6日
没年月日 (2002-10-15) 2002年10月15日(79歳没)
身長
体重
167 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手
プロ入り 1948年
初出場 1948年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
土屋 亨
生誕 (1923-10-06) 1923年10月6日
日本の旗 日本長野県
死没 (2002-10-15) 2002年10月15日(79歳没)
教育 明治大学
職業 プロ野球選手
スポーツジャーナリスト
プロ野球球団職員
野球解説者
活動期間 1948 - ?
代表経歴 南海ホークス選手(1948年)
中日ドラゴンズ
→名古屋ドラゴンズ
→中日ドラゴンズ
選手(1949年 - 1955年)
中日新聞社記者
中日ドラゴンズ球団職員
ラジオ東京
→東京放送
野球解説者(1958年 - 1967年)
東京中日スポーツ中日新聞東京本社)アマチュア野球担当記者

目次


来歴・人物編集

松本商業学校[注 1]では、1940年には、春の第17回選抜中等学校野球大会および夏の第26回全国中等学校優勝野球大会に出場(春は二塁手、夏は三塁手[注 2]。夏はベスト4となった時の内野手[4][注 3]

卒業後、明治大学を経て、1948年南海ホークス[注 4]へ入団しプロ入り。1949年中日ドラゴンズ[注 5]へ移籍。1955年引退。現役時代の主な守備位置は三塁手遊撃手

選手引退後は、中日新聞社記者[4]、中日ドラゴンズ球団職員(総務[注 6])、ラジオ東京(KRT)→東京放送(TBS)[注 7]野球解説者(1958年 - 1967年[6])、東京中日スポーツアマチュア野球担当記者を務めた。


詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 南海 86 212 195 20 42 3 1 1 50 21 3 4 0 -- 17 -- 0 17 -- .215 .278 .256 .535
1949 中日
名古屋
中日
98 321 299 26 65 13 2 6 100 28 2 1 5 -- 17 -- 0 24 -- .217 .259 .334 .594
1950 53 116 104 11 23 1 1 1 29 6 1 0 2 -- 9 -- 1 8 3 .221 .289 .279 .568
1951 91 337 305 39 85 14 5 4 121 30 13 8 9 -- 22 -- 1 25 2 .279 .329 .397 .726
1953 92 206 186 13 36 8 2 1 51 17 0 3 5 -- 14 -- 1 24 6 .194 .254 .274 .528
1954 33 73 68 7 10 2 0 0 12 5 3 1 2 0 3 -- 0 8 3 .147 .183 .176 .360
1955 31 43 37 4 6 0 0 0 6 1 1 1 1 0 5 0 0 11 0 .162 .262 .162 .424
通算:7年 484 1308 1194 120 267 41 11 13 369 108 23 18 24 0 87 0 3 117 14 .224 .278 .309 .587
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に、球団名を変更

背番号編集

  • 16 (1948年 - 1950年)
  • 2 (1950年 - 1955年)

詳細情報編集

出演番組編集

※特記なき限り、KRT→TBS[注 7]でのもの。

テレビドラマ

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ のちの松商学園高等学校。
  2. ^
    • 1940年春の選抜大会…[2]
    • 1940年夏の全国大会…[3]
  3. ^ 次の資料より、松商野球部から輩出された選手の一人として明記[1]
  4. ^ 1989年より福岡ダイエーホークス、2005年より福岡ソフトバンクホークス。
  5. ^ 1951年より名古屋ドラゴンズ、1954年より再び中日ドラゴンズ。
  6. ^ 1968年当時[1]
  7. ^ a b c d 1951年5月にラジオ東京として会社設立。同年12月25日にラジオ放送局として開局。1953年12月よりKRTの略称を採用。1955年4月にテレビ本放送開始・ラテ兼営局となる。1960年11月29日に社名を東京放送・略称をTBSへ変更。2001年10月にラジオ局部門がTBSラジオ&コミュニケーションズ(略称:TBS R&C)、2009年4月にテレビ局部門がTBSテレビへそれぞれ分離し、放送持株会社化(社名を東京放送ホールディングス・略称をTBSHDにそれぞれ変更)。TBSの略称はTBSテレビへ移行した。2016年4月にTBS R&CはTBSラジオへ社名変更。アナウンサーの配属先も、持株会社化を機にTBSテレビへ移行した(2004年10月のTBSテレビ発足時に東京放送在籍者が全て出向、2005年以降の新規採用者はすべてTBSテレビの在籍[5])。
  8. ^ 参考:
    • 1959年
      • 5月テレビ中継解説…[7]
      • 10月テレビ中継解説…[8]

出典編集

  1. ^ a b c 長野の50回大会史 松商・長商の激闘時代 - 高校野球:朝日新聞デジタル 2018年5月1日6時27分配信 ※1968年5月12日『朝日新聞』本紙掲載より。
  2. ^ 『選抜高等学校野球大会50年史』より、1940年春の大会における松本商業メンバー一覧にて、二塁手として「堀内 享」の名前で記載。
  3. ^ 『全国高等学校野球選手権大会50年史』より、1940年夏の大会準決勝を参照。一番三塁手として「堀内」の名前あり。
  4. ^ a b 【有名高校人脈】“名門”松商学園はプロ野球初の三冠王輩出 - スポーツ - ZAKZAK(2011年12月4日付)より、松商学園高校(松本商業学校の後身)野球部OBの一人として土屋を紹介した記述を参照。
  5. ^ TBS社員7割子会社出向…安住、小倉アナも - ZAKZAK2005年1月21日付(インターネットアーカイブ同23日付保存キャッシュ)
  6. ^ 『TBS50年史』資料編234ページ掲載の「主なスポーツ番組解説者」より参照。
  7. ^ 『朝日新聞』東京本社発行版昭和34年(1959年)5月2日付朝刊5面11版ラテ欄掲載「KRテレビ」番組表より、ひる1:00 - 5:25『六大学野球「明大対立大」「早大対東大」』を参照。「解説土屋亨」の記載あり。 ※局名・放送時間・番組名表記は、原資料に基づく。「KRテレビ」…ラジオ東京テレビジョン(当時)
  8. ^ 『朝日新聞』東京本社発行版昭和34年(1959年)10月24日付朝刊5面7版ラテ欄掲載「KRテレビ」番組表より、ひる1:00 - 5:30『六大学野球「法大対慶大」「明大対東大」』を参照。「解説土屋亨」の記載あり。 ※局名・放送時間・番組名表記は、原資料に基づく。「KRテレビ」…ラジオ東京テレビジョン(当時)
  9. ^ 泣いてたまるか(第4回)オールセーフ - ドラマ詳細データ - テレビドラマデータベース

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集