渥美清の泣いてたまるか

泣いてたまるか > 渥美清の泣いてたまるか

渥美清の泣いてたまるか』(あつみきよしのないてたまるか)は、1966年から放映された連続テレビドラマ『泣いてたまるか』の渥美清主演バージョンの作品群を指す。

概要編集

この作品は、毎回脚本家が変わり、渥美清も毎回違う役柄で出演するというコンセプトで始まった『泣いてたまるか』が正式タイトルである。DVDや渥美主演作品のみの放送がされるようになって「渥美清の」という角書きがつけられた(肺病の後遺症で体力がもたず、青島幸男中村嘉津雄と隔週交代で出演していた時期もある)。

その中でも、山田洋次が脚本を手がけた最終話の「男はつらい」という回を、山田本人が気に入り、渥美清の代表作である『男はつらいよ』の連続テレビドラマ化および映画化につながっている。ちなみに、後に諏訪博を演じる前田吟もこの回に出演した。

今では有名な俳優や女優が脇役として出演したこと、有名な脚本家が多数手がけていたこと、渥美清の独特な雰囲気と演技力の相乗効果で人気だったことは元より、作品としても素晴らしい出来と評されている。渥美は、寅さん風のアウトロー的な役はもちろん、トラックドライバー役、実直な教師役や平のサラリーマン役、更には偽傷痍軍人役等、多岐に渡る役柄を演じきり、役者としての懐の深さを見せた。

西田敏行はこの作品でデビューした。ちなみにこの作品から約20年後に、西田敏行バージョンの『泣いてたまるか』が放送された。

2005年-2006年にかけて、デアゴスティーニ・ジャパンより、隔週にわたって解説書付DVDが発売された(全27巻・54話)。またサンマーク出版から2005年に全5巻でシナリオ集が刊行された。

2015年1月から、無料衛星放送では初めてTwellVにて毎週土曜13:45-15:45にハイビジョン・リマスター版で抜粋ではあるが放送。 また2016年3月からも放送が決定(BS12「泣いてたまるか」)。 地上波では2015年10月から千葉テレビ放送にて毎週水曜20:00-21:00に同様のハイビジョン・リマスター版を放送。こちらは渥美以外の主演回も放送する。

主な出演者編集

(毎回変わる。詳細は「作品一覧」を参照のこと)

天知茂イーデス・ハンソン京塚昌子黒柳徹子関敬六前田吟小松方正加藤剛笠置シヅ子左卜全左幸子市原悦子栗原小巻東野英治郎石橋蓮司藤山寛美田中邦衛渡辺篤名古屋章西田敏行吉行和子森川信藤田弓子宮本信子浜村純中村玉緒津坂匡章沢田雅美悠木千帆ミスター珍

作品一覧編集

放映日 タイトル 脚本 監督 出演者
1966年4月17日 ラッパの善さん 野村芳太郎 中川晴之助 左幸子小山明子イーデス・ハンソン坊屋三郎穂積隆信江幡高志田中筆子
1966年4月24日 やじろべえ夫婦 桜井康裕山根優一郎 山際永三 四方晴美曽我町子中村是好森川信伊志井寛南廣
1966年5月8日 ビフテキ子守唄 鈴木尚之掛札昌裕 佐伯孚治 京塚昌子藤村有弘黒柳徹子悠木千帆清川虹子関敬六
1966年5月22日 オールセーフ 光畑碩郎高岡尚平 高橋繁男 津島恵子佐藤英夫高橋とよ進藤英太郎近藤和彦渡辺謙太郎
1966年6月5日 二人になりたいッ 橋田壽賀子 下村堯二 広瀬みさ左卜全高原駿雄初井言栄柳永二朗原泉
1966年6月19日 浪花節だよ人生は 山根優一郎 高橋繁男 柳川慶子春川ますみ小松方正石川進松村達雄玉川勝太郎
1966年7月8日 あすは死ぬぞと 関沢新一 渡邊祐介 弘田三枝子北あけみ花沢徳衛バーブ佐竹西村晃大泉滉
1966年7月17日 ああ誕生 早坂暁 真船禎 春川ますみ殿山泰司笠置シヅ子鈴木やすし渡辺文雄左卜全
1966年8月7日 おお独身くん! 笠原良三 松林宗恵 山茶花究三井弘次河野秋武桜むつ子中村玉緒野上千鶴子
1966年8月14日 さらば飛行服 家城巳代治 家城巳代治 夏圭子加藤嘉潮万太郎浜村純加藤剛上田吉二郎鈴木光枝
1966年8月28日 先輩後輩 大川久男渡邊祐介 渡邊祐介 緑魔子北村和夫石橋蓮司天知茂藤山寛美若水ヤエ子
1966年9月11日 子はかすがい 山田洋次 飯島敏宏 市原悦子栗原小巻矢野宣東野英治郎川上夏代関口銀三
1966年9月25日 さよなら敬礼! 井出雅人 瀬川昌司 左時枝賀原夏子小山田宗徳佐々木すみえ三上真一郎西村晃
1966年10月9日 帰れ!わが胸に 光畑碩郎 佐藤純彌 岡本佳津子入川保則久米明松村達雄高峰三枝子江幡高志
1966年10月23日 僕も「逃亡者」 大石隆一 山際永三 浜田寅彦田中邦衛泉京子世志凡太睦五郎森川信
1966年11月6日 豚とマラソン 清水邦夫 家城巳代治 梓英子ミッキー安川舟橋元渡辺篤丹下キヨ子関千恵子
1966年11月20日 ああ高砂や 大石隆一 神谷吉彦 夏圭子六本木真石山健二郎左幸子高松政雄天草四郎
1966年12月4日 その一言がいえない 橋本忍 中川晴之助 松本克平永井智雄稲葉義男佐藤オリエ小笠原良智横内正
1966年12月18日 お家が欲しいの 橋田壽賀子 高橋繁男 長谷川裕見子名古屋章蔵忠芳梅津栄山茶花究石井愃一
1967年1月8日 ある結婚 光畑碩郎 今井正 久我美子原知佐子山東昭子長山藍子浦辺粂子小沢昭一
1967年1月22日 恋をつまびく 大原清秀 佐伯孚治 入江若葉佐野浅夫宮本信子青木和子北林谷栄長谷川明男
1967年2月5日 リモコン亭主 関沢新一 福田純 久我美子藤岡琢也須賀不二男関千恵子石井愃一
1967年2月19日 ウルトラおやじとひとりっ子 山根優一郎 高橋繁男 佐々木愛左卜全藤村有弘牟田悌三松村達雄殿山泰司
1967年3月5日 まんが人生 光畑碩郎 枝川弘 岸久美子中村是好戸浦六宏久里千春犬塚弘高松政雄
1967年3月19日 あゝ純情くん 家城巳代治 神谷吉彦 赤沢亜沙子木村俊恵松本克平平幹二朗川口敦子
1967年4月2日 僕もガードマン 山中恒佐藤純彌 佐藤純彌 京塚昌子、見明凡太郎関敬六蔵忠芳井上清子石井愃一
1967年4月9日 先生早とちりをする 光畑碩郎 飯島敏宏 津坂匡章名古屋章沢田雅美西田敏行河内桃子吉行和子
1967年4月16日 先生ラブレターを書く 橋田壽賀子 家城巳代治 名古屋章沢田雅美桑山正一石井愃一河原崎建三
1967年4月23日 先生ニッポンへかえる 光畑碩郎 高橋繁男 河内桃子ミッキー安川小夜福子松村達雄マコ岩松
1967年5月7日 先生しごかれる 高岡尚平 高橋繁男 夏圭子渡辺篤史大塚道子太宰久雄森川信日高澄子
1967年5月12日 先生初恋の人に逢う 高岡尚平 下村堯二 渡辺篤史穂積隆信中山昭二北村和夫小山明子桜むつ子
1967年6月4日 先生仲人をする 光畑碩郎 平松弘至 佐藤オリエ沢田雅美松本克平藤田弓子竜のり子東山千栄子
1967年6月18日 先生故郷へかえる 橋田壽賀子 神谷吉彦 宮本信子佐々木功中村是好人見きよし浦辺粂子
1967年7月2日 先生週刊誌にのる 深作欣二北野夏生 深作欣二 名古屋章沢田雅美高松英郎小松方正中原早苗河内桃子
1967年7月16日 先生推理する 光畑碩郎 枝川弘 桑山正一沢田雅美桜むつ子藤原釜足森川信
1967年7月23日 先生海で溺れる 山内泰雄佐藤純彌 佐藤純彌 名古屋章沢田雅美三上真一郎菅井きん浜村純
1967年8月13日 先生台北へ飛ぶ 橋田壽賀子 神谷吉彦 梓英子文野朋子原泉関敬六李鳳呉老古
1967年8月20日 先生勇気を出す 家城巳代治入江昭夫 小山幹夫 河内桃子名古屋章杉浦直樹三島雅夫沢田雅美
1967年9月3日 先生追い出される 山根優一郎 神谷吉彦 桑山正一名古屋章小松方正宮本信子中村是好松風はるみ
1967年9月17日 先生泣いてたまるか 高岡尚平 下村堯二 串田和美浜畑賢次戸川暁子下元勉浜村純
1967年10月1日 兄と妹 家城巳代治 今井正 原田芳雄寺田路恵浜田寅彦中野誠也蟹江敬三岩崎加根子
1967年10月15日 ぼくのお父ちゃん 光畑碩郎 高橋繁男 春川ますみ吉村実子殿山泰司山本文郎
1967年10月29日 ある日曜日 木下惠介 大槻義一 市原悦子新克利清水良英中村美代子野中マリ
1967年11月12日 日本で一番もてない男 橋田壽賀子 高橋繁男 佐藤オリエ野村昭子砂塚秀夫花沢徳衛江幡高志松村達雄
1967年11月26日 ああ無名戦士! 早坂暁 高橋繁男 田中邦衛戸浦六宏名古屋章加藤武若宮忠三郎橋本功
1967年12月10日 ああ軍歌 山田太一 今井正 小山明子賀原夏子永井柳太郎西村晃山形勲大塚国夫
1967年12月24日 雪の降る街に 灘千造 井上博 左幸子松本克平夏圭子渡辺篤史中谷一郎井川比佐志
1968年1月7日 吹けよ春風 鈴木尚之掛札昌裕 高橋繁男 中原早苗日高澄子渡辺篤常田富士男中村賀津雄山茶花究
1968年1月21日 まごころさん 野村芳太郎森崎東 中川晴之助 ジェリー藤尾武智豊子賀原夏子坊屋三郎浜木綿子
1968年2月4日 禁じられた遊び 清水邦夫 高橋繁男 大坂志郎長谷川裕美子松本克平十朱久雄野村昭子
1968年2月18日 意地が涙を 山根優一郎 小山幹夫 坪内ミキ子関敬六花沢徳衛内田良平石田国松
1968年3月3日 おゝ怪獣日本一 稲垣俊 佐伯孚治 田中美恵子野々浩介河内桃子関口銀三江原一哉片山真由美
1968年3月17日 東京流れ者 内田栄一 高橋繁男 松村達雄名古屋章小松方正久里千春高城淳一中村賀津雄
1968年3月31日 男はつらい 山田洋次稲垣俊 飯島敏宏 小坂一也前田吟関千恵子関敬六高品格花沢徳衛川口恵子

外部リンク編集

TBS 日曜20時枠
前番組 番組名 次番組
FBIアメリカ連邦警察(第1シーズン)
(1965.12.5 - 1966.4.10)
泣いてたまるか
(1966.4.17 - 1968.3.31)
抜かれてたまるか
(1968.4.7 - 1968.9.29)