メインメニューを開く

土屋正方

土屋 正方(つちや まさかた)は、江戸時代中期の旗本。土屋家の6代目当主

 
土屋正方
時代 江戸時代中期
生誕 宝永6年(1709年
死没 明和5年5月19日1768年7月3日
別名 熊次郎、民部、長三郎
官位 従五位下 越前守
幕府 江戸幕府 小姓組番士、徒頭目付京都町奉行江戸町奉行
主君 徳川吉宗
氏族 土屋氏
父母 父:土屋正克、母:不明
兄弟 土屋正勝、土屋正方
先妻:筧正忠
後妻:山口直之
土屋正延

目次

生涯編集

享保12年(1727年)10月9日、父の遺跡を継ぐ。享保16年(1731年)3月5日、江戸幕府8代将軍・徳川吉宗小姓組の番士として列し、元文4年(1739年)7月19日、徒頭となり、寛保元年(1741年)6月1日に目付となる。大猷院百回の法要や日光山御宮修造などに関係し、宝暦2年(1752年)2月9日に京都町奉行(東町奉行)に昇任し、4月15日に従五位下 越前守に叙任する。翌宝暦3年(1753年)12月24日江戸町奉行(南町奉行)となる。明和3年(1766年)1月11日、武蔵国横見郡山野下村三百石を加増され、千石取りの旗本となった。明和5年(1768年)60歳で没した。    

知行所編集

年表編集

参考文献編集

先代:
土屋正克
土屋家第6代当主
土屋正方
次代:
土屋正延