メインメニューを開く

地獄の7人』(じごくのしちにん、原題:Uncommon Valor)は、1983年制作のアメリカ合衆国アクション映画

地獄の7人
Uncommon Valor
監督 テッド・コッチェフ
脚本 ジョー・ゲイトン
原案 ウィングス・ハウザー
(クレジットなし)
製作 ジョン・ミリアス
バズ・フェイトシャンズ
製作総指揮 テッド・コッチェフ
出演者 ジーン・ハックマン
ロバート・スタック
フレッド・ウォード
パトリック・スウェイジ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 マーク・メルニック
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 パラマウント映画=CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年12月16日
日本の旗 1984年6月2日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $30,503,151[2]
テンプレートを表示

ベトナム戦争におけるMIA(Missing In Action=軍隊用語で「戦闘中行方不明」)をモチーフにしたアクション映画。原題の意味は「並外れた勇気」。映画『七人の侍』とは無関係。

ランボー』のテッド・コッチェフ監督、ジョン・ミリアス製作。主演はジーン・ハックマン

あらすじ編集

ベトナム戦争中の1973年アメリカ陸軍大佐ローズの1人息子フランクは負傷した戦友を助けようとして逃げ遅れ、MIA(戦闘中行方不明)となった。

ローズはフランクの生存を信じて探し続けた結果、10年後、彼がラオスの奥深くにある捕虜収容所に囚われているらしいという情報をつかむ。ローズは政府に救出を懇願するが、その腰は重たかった。そこでローズは自らの手でフランクを救出することを決意、行動を起こす。

ローズはフランクの戦友で自分の考えに賛同したウィルクス、ブラスター、セイラー、ジョンソン、チャーツの5人を集め、父親がMIAになっている実戦未経験の若手軍人スコットを指導教官に、息子がMIAになっており、やはり自分の考えに賛同してくれた石油王マグレガーの密かな資金援助を得て、密かに訓練を行い、準備を整える。

機は熟したと考えたローズ達はバンコクに乗り込み、計画を嗅ぎ付けたアメリカ政府当局の妨害や敵の攻撃に遭いながらもそれをかいくぐり、ついに目的の捕虜収容所にたどり着く。

ローズ達は夜明けと共に作戦を決行、激しい戦闘を繰り広げ、囚えられていたアメリカ兵を次々に救出していく。ブラスターとセイラーが倒れ、ローズ達は救出したアメリカ兵と共にヘリで脱出、だがその中にはマグレガーの息子はいたが、肝心のフランクの姿はなかった。ローズはあの時フランクに助けられたアメリカ兵から、フランクが既に病死していたことを知らされるのだった。

キャスト編集

※テレビ放映:日本テレビ金曜ロードショー1987年2月6日

関連作品編集

脚注編集

外部リンク編集