メインメニューを開く

戸谷 公次(とたに こうじ、本名:同じ、1948年7月12日 - 2006年2月6日)は、日本俳優声優ナレーター青二プロダクション所属。愛知県名古屋市出身。東映オーディオタレントスクール卒業。特技は野球。俳優の戸谷公人は実子[2]

とたに こうじ
戸谷公次
プロフィール
本名 戸谷 公次[1]
性別 男性
出生地 日本の旗日本愛知県名古屋市
生年月日 (1948-07-12) 1948年7月12日
没年月日 (2006-02-06) 2006年2月6日(57歳没)
血液型 O型
身長 170 cm
職業 俳優声優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 あり
著名な家族 戸谷公人(息子)
活動
活動期間 1974年 - 2006年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

血液型はO型。

目次

人物編集

来歴・特色編集

多くの文献においては、東映オーディオタレントスクール卒業後の『サイボーグ009(1979年版)』(008 / ピュンマ役)がデビューとされる。しかし、実際はそれ以前に『ゲッターロボ』(1974年)、『無敵超人ザンボット3』(1977年)、『009』の前番組である『宇宙海賊キャプテンハーロック』や『無敵鋼人ダイターン3』(ともに1978年)などにも端役で出演している。

東映アニメーションおよびサンライズ制作のアニメーションで主に活躍。特に富野由悠季監督作品では『ガンダムシリーズ』を中心に、1980年代に制作された大半の作品に出演していた。同じ作品内で複数のキャラクターを兼任している例が非常に多く、時には1話で2役を任される場合も少なくなかった。主に渋い男性を担当し、善人から悪人、シリアスからギャグキャラクターやコミカルな役など、幅の広い演技ができた。

番組ナレーションを数多く担当していたが、2006年2月6日急性心不全に倒れ急逝。57歳没。死去の事実は、遺族の意向で正式な発表はされなかった。約半年が経過した8月、同じ事務所に所属する古谷徹が、自身のウェブサイトの掲示板において質問を受け、(遺族の了承を得た上で)それに答える形で明らかにした。彼の持ち役は、生前共演することが多かった佐藤正治今村直樹らが引き継いでいる。

エピソード編集

聖闘士星矢』で演じた山羊座のシュラは、美形のキャラクターという役柄もあって、戸谷にファンレターまで来る人気となった。戸谷はこれに対し、「演じる前から役を自分がやっていいのか不安だった」「シュラが死んでからもファンレターが来る等、とにかく信じられないことの連続だった」と回想していた。また、「役を頂いたことを誇りに思っている」ともコメントしていた。

堀川りょうは若手時代、積極的な態度を誤解され、周囲から孤立してしまった時、佐藤正治と共に「これから皆で飲みに行くから、来るか?」と声をかけられ、それをきっかけに皆と仲良くなれたことを感謝していると語る[3]

後任編集

戸谷の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2003年
2004年
2005年
  • AIR(遠野美凪の父)
2006年

劇場アニメ編集

1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
2005年

OVA編集

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1993年
1994年
1998年
1999年
  • 旭日の艦隊(1999年 - 2001年、西岡昌也、マッキントッシュ)
2002年

ゲーム編集

2007年以降の作品は生前の収録音声を使用したライブラリ出演。

1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2011年
2013年
2019年

ドラマCD編集

吹き替え編集

海外映画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

特撮編集

CD編集

ラジオ編集

ラジオドラマ編集

テレビドラマ編集

ナレーション編集

CMナレーション編集

ボイスオーバー編集

その他コンテンツ編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 戸谷の生前も『機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-』で担当していた。
  2. ^ クレジットにはリキッド・オセロットと表記。ストーリー的には、オセロットの体が銀河演じるリキッド・スネークに乗っ取られたかのような演出になっている(海外版ではオセロット役の声優が演じている。)。一部のシーンでは戸谷のライブラリー音声も使用されている。
  3. ^ ペルソナ3』からあるシーンはその声が使われており、新規部分のみ増谷が声を当てている。
  4. ^ 2作目以降はライブラリ出演。

出典編集

  1. ^ 成美堂出版編「男性篇」『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月10日、ISBN 4-415-00878-X、545頁。
  2. ^ 戸谷公人 「青二プロ」への移籍発表 亡き父・公次さんと同じ道へ「父の想いも一緒に背負い」 スポーツニッポン 2018年12月1日、2019年3月31日閲覧。
  3. ^ 堀川りょう「第2章 アニメ声優伝説――子役、俳優、そして声優 生意気だった若手時代」『「超」アニメ声優!』PHP研究所、2016年9月27日、ISBN 978-4-569-83415-3、57頁。
  4. ^ 燃えろアーサー 白馬の王子”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  5. ^ 銀牙 流れ星 銀”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  6. ^ 仮面の忍者赤影”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  7. ^ 「終わらない水」。
  8. ^ 「ひかる地図」。
  9. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  10. ^ 妖獣都市”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  11. ^ 銀河英雄伝説 わが征くは星の大海”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。

外部リンク編集