メインメニューを開く

地蔵寺 (徳島県板野町)

徳島県板野郡板野町にある寺院、四国八十八箇所霊場の第五番札所

地蔵寺(じぞうじ)は徳島県板野郡板野町羅漢にある真言宗御室派の寺院。四国八十八箇所霊場の第五番札所。無尽山(むじんざん)荘厳院(しょうごんいん)と号する。本尊は延命地蔵菩薩で、その胎内仏は勝軍地蔵菩薩。

地蔵寺
地蔵寺の本堂と不動堂
本堂と不動堂
ともに国の登録有形文化財
所在地 徳島県板野郡板野町羅漢字林東5
位置 北緯34度8分13.99秒東経134度25分54.93秒座標: 北緯34度8分13.99秒 東経134度25分54.93秒
山号 無尽山
宗派 真言宗御室派
本尊 延命地蔵菩薩、胎内仏・勝軍地蔵菩薩
創建年 (伝)弘仁12年(821年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 無尽山 荘厳院 地蔵寺
札所等 四国八十八箇所5番
文化財 本堂、五百羅漢堂など5件(国の登録有形文化財)
法人番号 1480005003833
地蔵寺 (徳島県板野町)の位置(徳島県内)
地蔵寺
地蔵寺
徳島市
徳島市
徳島県における位置
テンプレートを表示

本尊真言:おん かかかびさんまえい そわか

ご詠歌六道の 能化の地蔵 大菩薩 導き給え この世のちの世

納経印:当寺本尊、奥ノ院五百羅漢

年行事:大護摩供養が、毎年3月第1日曜日に行われる。

歴史編集

寺伝によれば弘仁12年(821年)、嵯峨天皇勅願により空海(弘法大師)が一寸8分(約5.5cm)の甲冑を身にまとい馬にまたがる姿をしていると云われる勝軍地蔵菩薩を自ら刻み、本尊として開創したと伝えられる。

嵯峨・淳和仁明の3代の天皇の帰依が篤かった。宇多天皇の頃、紀州熊野権現の導師であった浄函上人が、熊野権現の託宣によって霊木に2尺7寸(約80cm)の延命地蔵尊を刻み、大師が刻んだ地蔵菩薩を胎内に納めたという。

本尊が勝軍地蔵というところから源義経などの武将の信仰も厚くかった。当時は伽藍の規模も壮大で26の塔頭と、阿波讃岐伊予の3国で300あまりの末寺を持ったという。しかし、天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火によりすべて焼失。江戸時代徳島藩蜂須賀氏の庇護を受け、歴代住職や信者の尽力により再興された。

伽藍編集

 
大師堂の天井絵
  • 石柱門:山門への数百mの参道の入口に4本の石柱が立ち両側には桜と松の並木。
  • 山門:単層、左右に二天像を安置。
  • 本堂:本尊は秘仏の地蔵菩薩半跏像で、前立には胎内仏を模した勝軍地蔵菩薩。
  • 大師堂:大師像を拝観できる。天井には天女が舞う。
  • 不動堂:不動明王立像、両脇に如意輪観音(阿波西国24番)と八臂弁財天。本堂と棟続きで左側は恵比寿堂になっている。
  • 八角堂:金色に輝く観音立像
  • 淡島堂:和歌山県の淡島神社の分身とされる。
  • 水子地蔵尊(水琴窟):庫裡の玄関左にも水琴窟がある。
  • たらちね大銀杏:樹齢800年を越えるといわれる大木。
  • 修行大師像:台座には大師の物語を描いた絵

山門を入って行くと右に大銀杏がありその先で石畳が交差している。左に進むと左手に手水鉢があり、正面奥に本堂が建つ。その右手には不動堂・恵比須堂があり、石畳を戻ると手水鉢の向かいに水琴窟のある水子地蔵尊がある。大師堂は本堂に向かい合わの位置にある。大師堂の右に淡島堂がある。納経所は山門の正面にある庫裏の右端である。庫裏の左前には八角堂がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:50台・バス10台。無料。

文化財編集

国の史跡

  • 阿波遍路道 地蔵寺境内:2019.6.21答申中

国の登録有形文化財

  • 本堂 (以下5件2011年1月26日登録)
  • 不動堂
  • 大師堂
  • 経蔵
  • 五百羅漢堂(奥の院)

板野町指定史跡

  • 「地蔵寺」

アクセス編集

鉄道

バス

道路

奥の院編集

 
五百羅漢堂
羅漢堂(五百羅漢)
本寺の北側にある。木造の羅漢は全国でも珍しい。安永4年(1775年)に実聞・実名という兄弟の僧によって創建された。地元では「羅漢さん」の名で親しまれている。1915年大正4年)の火災で焼失し、その後1922年(大正11年)に再建したのが現在の堂で、3度目の復興であるが羅漢像は二百体ほどになっている。
真ん中に高さ4丈の釈迦如来坐像を祀る釈迦堂、右に大きな大師像を祀る大師堂、左に大きな弥勒菩薩坐像を祀る弥勒堂とそれらを繋ぐ回廊がコの字型に並び、回廊にほぼ等身大の五百羅漢が並ぶ。

前後の札所編集

四国八十八箇所
4 大日寺 -- (2.0km)-- 5 地蔵寺 -- (5.3km)-- 6 安楽寺

参考文献編集

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目編集

外部リンク編集