メインメニューを開く

城星学園小学校・中学校・高等学校

城星学園小学校・中学校・高等学校(じょうせいがくえん しょうがっこう・ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大阪市中央区玉造二丁目にある私立小学校中学校高等学校

城星学園小学校・中学校・高等学校
城星学園
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人城星学園
設立年月日 1959年
創立記念日 12月8日
共学・別学 中高:女子校
小学校:共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース Vivaceコース
Allegroコース
高校コード 27573F
所在地 540-0004

北緯34度40分41.4秒 東経135度31分43.7秒 / 北緯34.678167度 東経135.528806度 / 34.678167; 135.528806座標: 北緯34度40分41.4秒 東経135度31分43.7秒 / 北緯34.678167度 東経135.528806度 / 34.678167; 135.528806
外部リンク 城星学園
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

サレジアン・シスターズによるカトリックミッションスクール。小学校は共学で、中学校・高等学校は女子校となっている。

大阪星光学院中学校・高等学校とは設立母体を同じにし、2016年11月1日に連携協力を締結した[1]。これにより、城星学園小学校男子児童から大阪星光学院へ特別選考による入学制度がある。

東京の星美学園(目黒星美)、静岡市の静岡サレジオは姉妹校である。

概要編集

1953年(昭和28年)3月、玉造教会の委嘱を受けた扶助者聖母会教育修道女会により、城星学園幼稚園と城星学園小学校を創立。敷地は細川忠興邸の跡地の一部であったため、認可前は『ガラシャ幼稚園』という名であった。なお、1963年に竣工した大阪カテドラル聖マリア大聖堂が隣接している。

1959年(昭和34年)に城星学園中学校、1962年(昭和37年)に城星学園高等学校を設立。

創立者聖ヨハネ・ボスコの教えに倣い、建学の精神「良心的な人間・良き社会人の育成」を基礎としている[2][3]。また、中高は女子校で、1学年100名弱の少人数指導体制を実施している。

本学の教育方針は、聖ヨハネ・ボスコが示した独自の「予防教育法[4]にある[5]

2016年11月1日、設立母体を同じにする大阪星光学院中学校・高等学校と連携協力を締結し[1]、大阪星光学院中への特別選考制度、施設・設備の相互利用、生徒・教職員の交流や学校活動の共催などが行われている。

沿革編集

学科編集

  • 高等学校(普通科)
    • Vivaceコース
    • Allegroコース
  • 中学校
    • Vivaceコース
    • Allegroコース
  • 小学校

脚注・参照編集

著名な出身者編集

交通・アクセス方法編集

関連項目編集

外部リンク編集