堂上 照(どのうえ てらし、1951年6月9日 - )は、石川県輪島市出身の元プロ野球選手である。現役時代の愛称は「ジャンボ」。

堂上 照
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県輪島市
生年月日 (1951-06-09) 1951年6月9日(69歳)
身長
体重
184 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト6位
初出場 1974年10月14日
最終出場 1985年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

兄弟でプロ野球選手である堂上剛裕堂上直倫の実父。

経歴編集

金沢高卒業後、社会人野球電電北陸に進む。

1970年のプロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから6位指名を受け入団。

オーソドックスなオーバースロー右腕で主に中継ぎ、時には先発として活躍。入団後はなかなか芽が出なかったが、プロ4年目の1974年に一軍初登板を果たし、プロ6年目の1976年にプロ初勝利をあげる。

1978年には54試合に登板。エース級の相次ぐ故障もあって途中からは先発ローテーションを死守し、9勝したが18敗を喫している。同年はオールスターにも出場し同僚の木俣達彦と同第3戦でもバッテリー組んだ。

1982年には主に中継ぎで防御率1点台を記録しリーグ優勝に大きく貢献した。同年の西武との日本シリーズでも中継ぎとして4試合に登板する。1985年限りで現役を引退。

引退後は球団職員となり、2003年5月に中日球団寮である「昇竜館」の館長であった村田広光の死去に伴い、後を引き継いで新館長に就任。中日スポーツでは週1回若手の活躍をレポートする「堂上照 昇竜館日記」を連載していた。2008年シーズン終了をもって豊田誠佑に寮長職を譲って退団。

また、2007年から館長を退団する2008年までスターキャット・ケーブルネットワーク制作の2軍戦中継の試合解説を不定期で担当していた。

プレースタイル・人物編集

投手でありながら、打撃の能力も高く、投手として完投した上に4打数4安打といった活躍をした事もあり、何度か代打にも起用され結果も残している。また、プロ通算で4本の本塁打を記録している。

中日ドラゴンズおよび読売ジャイアンツに所属し2017年に現役を引退した堂上剛裕は長男。現在中日ドラゴンズに所属する堂上直倫は次男である。なお息子の兄弟が同じチームに所属することについては、ポジションで競合する可能性が高く(入団当時剛裕は内野手だった)、同時に試合に出場できる事が少なくなることなどから、「親心としては本当は別々のチームでプレイして欲しかった」とも語っている。

現役時代のコーチ、監督である近藤貞雄によれば、チーム内の“怒られ役”でもあったということである。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1974 中日 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.0 4 1 0 0 1 0 0 0 2 2 6.00 1.67
1975 18 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 101 23.2 23 2 7 0 1 14 2 1 13 10 3.75 1.27
1976 27 12 1 0 0 4 4 1 -- .500 394 97.1 89 13 29 4 2 22 0 0 38 36 3.34 1.21
1977 43 21 3 1 0 5 8 1 -- .385 639 148.2 150 20 50 1 7 51 0 0 85 71 4.29 1.35
1978 54 25 4 3 1 9 18 4 -- .333 873 197.0 227 32 63 3 6 81 1 1 112 98 4.48 1.47
1979 14 4 0 0 0 0 4 0 -- .000 100 21.0 32 5 8 0 0 8 0 0 19 19 8.14 1.90
1980 33 19 1 1 0 7 7 0 -- .500 604 134.1 145 18 53 9 7 48 1 1 82 74 4.97 1.47
1981 36 2 0 0 0 1 3 1 -- .250 274 63.1 71 4 18 6 1 28 0 0 30 29 4.14 1.41
1982 28 4 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 257 65.1 51 3 14 3 1 42 0 0 12 9 1.25 0.99
1983 16 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 114 22.0 41 5 9 3 0 9 1 0 23 20 8.18 2.27
1984 40 9 0 0 0 8 1 0 -- .889 375 85.0 90 14 37 4 5 34 0 0 39 37 3.92 1.49
1985 9 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 81 13.2 25 2 14 0 1 8 0 0 22 19 12.51 2.85
通算:12年 320 97 9 5 1 35 49 7 -- .417 3825 874.1 948 119 302 33 32 345 5 3 477 424 4.36 1.43
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:1976年8月11日、対ヤクルトスワローズ17回戦(ナゴヤ球場)、4回裏に渡辺孝博から2点適時打
  • 初本塁打:1977年5月22日、対大洋ホエールズ7回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に奥江英幸からソロ
その他の記録

背番号編集

  • 38 (1971年)
  • 13 (1972年 - 1985年)
  • 94 (1996年 - 1998年)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集