メインメニューを開く

渡辺孝博

渡辺 孝博(わたなべ たかひろ、1946年7月21日 - )はヤクルトアトムズ・ヤクルトスワローズに所属した元プロ野球選手投手)。東京都立川市出身。

渡辺 孝博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都立川市
生年月日 (1946-07-21) 1946年7月21日(72歳)
身長
体重
176 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト5位
初出場 1972年4月13日
最終出場 1977年5月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

東京都立八王子工業高等学校から1965年東海大学に進む。1964年に創設された首都大学リーグでは在学中に7度優勝。全日本大学野球選手権大会では優勝に届かなかったが、準決勝進出2回。一年下の上田二郎投手とともに活躍し、同リーグの水準の向上に大きく貢献した、リーグ通算40試合登板し、26勝3敗、防御率0.86、213奪三振。最高殊勲選手3回、最優秀投手2回、ベストナイン3回受賞。

卒業後は日立製作所にエンジニアとして入社。1969年都市対抗に日本鉱業日立の補強選手として初出場。翌年からは日立製作所のエースとして2年連続出場。1971年大会では2勝をあげ準々決勝に進出するが、新日鐵広畑山中正竹住友金属から補強)、三沢淳の継投に完封を喫する[1]。この時のチームメートには佐藤博小野寺重之らがいた。

1971年のドラフト5位でヤクルトアトムズに入団。冷静な投球で一年目から先発ローテーションに入り7勝、翌1973年も自己最多の8勝を記録。その後は一時低迷するが1975年に復活、先発、抑えに活躍し6勝をあげた。1977年引退。なお都立高出身選手がプロ野球で勝星をあげたのは、ドラフト制度採用以降、中日井手峻投手に続き2人目である。

アンダースローからの、スライダー、シュート、カーブ、チェンジアップを武器とした。 現在は、東京ヤクルトスワローズジュニアチームのコーチを勤めている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1972 ヤクルト 37 18 2 2 0 7 14 -- -- .333 532 127.2 119 21 36 5 7 68 0 0 70 69 4.85 1.21
1973 39 19 3 1 0 8 8 -- -- .500 517 125.0 98 14 39 4 5 63 0 0 52 33 2.38 1.10
1974 21 10 0 0 0 1 8 0 -- .111 289 69.1 74 18 16 1 1 38 0 1 44 39 5.09 1.30
1975 34 19 2 1 0 6 6 2 -- .500 537 131.1 127 11 30 7 4 59 0 1 52 47 3.23 1.20
1976 23 11 1 1 0 2 2 0 -- .500 329 76.1 100 16 10 0 4 35 1 0 46 42 4.97 1.44
1977 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 4.1 11 2 2 0 0 2 0 0 5 5 11.25 3.00
通算:6年 157 77 8 5 0 24 38 2 -- .387 2229 534.0 529 82 133 17 21 265 1 2 269 235 3.96 1.24
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

  • 初登板:1972年4月13日、対中日ドラゴンズ2回戦(明治神宮野球場)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:同上、9回表に大島康徳から
  • 初先発:1972年4月16日、対大洋ホエールズ1回戦(明治神宮野球場)、3回4失点で敗戦投手
  • 初勝利・初完投勝利・初完封勝利:1972年4月30日、対中日ドラゴンズ5回戦(中日スタヂアム
  • 初セーブ:1975年10月4日、対大洋ホエールズ25回戦(明治神宮野球場)、9回表2死に2番手で救援登板・完了、1/3回無失点

背番号編集

  • 16 (1972年 - 1977年)

脚注編集

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集