メインメニューを開く

塩尻 和也(しおじり かずや、1996年11月8日[1] - )は、日本陸上競技選手。種目は、長距離走群馬県立伊勢崎清明高等学校順天堂大学スポーツ健康科学部出身[1]富士通陸上競技部所属。

塩尻 和也
しおじり かずや
Portal:陸上競技
Kazuya Shiojiri Rio 2016.jpg
選手情報
フルネーム 塩尻 和也
ラテン文字 Kazuya Shiojiri
愛称 お塩さま
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離種目3000mSC
所属 富士通
生年月日 1996年11月8日
出身地 群馬県の旗群馬県伊勢崎市)
身長 170cm
体重 56kg
自己ベスト
1500m 3分47秒15 (2016年)
5000m 13分30秒94(2019年)
10000m 27分47秒87(2017年)
3000mSC 8分27秒25(2019年)
20km 59分36秒 (2016年)
ハーフマラソン 1時間01分22秒 (2018年)
 
獲得メダル
陸上競技
アジア競技大会
2018 ジャカルタ 3000mSC
アジア陸上競技選手権大会
2019 ドーハ 3000mSC
ユニバーシアード
2017 台北 10000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

人物・来歴編集

中学時代編集

ソフトテニス部に所属していた[2]

高校時代編集

高校では2年生の2013年、インターハイの男子3000m障害で5位に入賞[3]。1月の天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では1区で12位という成績を残す[3]

3年生の2014年、5月の群馬県高校総体の3000m障害で当時高校歴代6位の記録で優勝。6月の日本陸上競技選手権大会の3000m障害で当時高校歴代4位の記録で7位に入賞[3]。7月にアメリカのユージーンで開かれた第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会の3000m障害代表となり、8分45秒66の記録(高校歴代2位)で9位となった[4]。 8月のインターハイ男子3000m障害は8分53秒42で優勝。

大学時代編集

2015年に順天堂大学に進学。3000m障害での記録向上を目指して順天堂大学(日本記録保持者の岩水嘉孝の出身校で監督の仲村明も元選手)を選択したという[5]。入学直後に自転車で転倒負傷したり、7月に熱中症に罹患するアクシデントもあったが、日本陸上競技選手権大会の3000m障害で6位に入賞、10月の全日本大学駅伝対校選手権大会では2区で4位となった[2]。2016年1月の第92回東京箱根間往復大学駅伝競走では1年生ながら2区に起用され、5位であった。

リオデジャネイロオリンピック代表選考会となった6月の第100回日本陸上競技選手権大会では3000m障害に8分36秒45の記録で2位に入賞したが[6]、オリンピック参加標準記録は突破できず[7]、6月27日の代表選手発表時点では選に漏れた。

7月7日に印西市で行われた順天堂大学記録会3000m障害にて8分31秒89の自己記録をマーク[8]。オリンピック開幕直前の8月3日、他国の個人出場枠の選手が辞退したため、国際陸上競技連盟からのInvitationにより3000m障害の日本代表に選出された[7][9]。オリンピック本番では8月15日の予選に出場したが、8分40秒98の11位で敗退となった[10]

2017年1月、第93回東京箱根間往復大学駅伝競走で2年続けて2区に起用され、8人抜きの快走を披露した。2017年4月1日、5000mトラックレースで、自己ベストと共に、チーム記録となる13分33秒14のタイムをマークした。

2017年11月25日、2017八王子ロングディスタンス10000mにて、日本人学生歴代4位となる27分47秒87を記録した[11]

2018年6月の第102回日本陸上競技選手権大会では3000m障害に、当時日本歴代8位となる8分29秒14の自己ベストで優勝。 10月13日、第95回箱根駅伝予選会に出場、本年からハーフマラソンとなった同予選会で2位、日本人1位、順天堂大学の2位予選会通過に貢献、1時間1分22秒を記録し、自身のハーフマラソン記録を更新した。

2018年8月のジャカルタアジア陸上競技選手権大会、男子3000m障害で銅メダルを獲得。終盤まで先頭でレースを引っ張る果敢な走りを見せたが「メダルを取れたことはうれしいけど、ラスト1周のところで順位を落としてしまったのは悔しい。」とコメントしていた。

2018年11月の第50回全日本大学駅伝対校選手権大会ではオープン参加の日本学連選抜を含め10人抜きで、13位から4位と順位を9つも上げた。

2019年の正月に行われた 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走では、2年続けて2区に起用され、19位で襷を貰うと、10人を抜き、山本修二(東洋大学)、梶谷瑠哉(青山学院大学)、ライモイ・ヴィンセント(国士舘大学)、ワークナー・デレセ(拓殖大学)ら他校の強力ランナーを抑え、日本大学のパトリック・ワンブイに次ぐ、区間2位となる1時間6分45秒を記録。これは、2区の日本人最高記録保持者である三代直樹の1時間6分45秒を上回るものであり、2年ぶりのシード権獲得に貢献した。

実業団入社後編集

2019年4月に富士通に入社。第23回ドーハアジア陸上競技選手権大会、男子3000m障害にて8分32秒25でフィニッシュして銅メダルを獲得。同大会での日本選手メダル獲得第1号となった [12]

趣味編集

趣味としてアニメ・ゲームをたびたび挙げており、特に『ラブライブ!』のファン「ラブライバー」である。大学の3年先輩である稲田翔威(コトブキヤ)によると、高校の時の遠征で触れた『スクールアイドルフェスティバル』がきっかけとのこと。[13]

現在は『ポケモンカード』に熱中している。

自己記録編集

  • 1500m = 3分47秒15 (2016年)
  • 3000m = 7分54秒60 (2018年)
  • 5000m =13分30秒94(2019年)
  • 10000m = 27分47秒87(2017年)
  • ハーフマラソン = 1時間01分22秒 (2018年)
  • 3000mSC =8分27秒25(2019年)

主な戦績編集

  • 天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(2014年) 1区 区間12位 20分23秒
  • 世界ジュニア陸上競技選手権大会(2014年) 3000m障害物距離走 8分45秒66
  • 日本インカレ(2015年) 3000m障害物距離走 1位 8分42秒
  • 東京箱根間往復大学駅伝競走(2016年) 2区 区間5位 1時間8分30秒
  • 関東インカレ1部(2016年) 10000m 3位(日本人トップ) 28分42秒
  • 関東インカレ1部(2016年) 3000m障害物距離走 1位 8分37秒
  • 日本陸上競技選手権(2016年) 3000m障害物距離走 2位 8分36秒
  • リオデジャネイロオリンピック(2016年) 3000m障害物距離走予選 8分40秒98(予選敗退)
  • 日本インカレ(2016年) 3000m障害物距離走 1位 8分38秒
  • 出雲全日本大学選抜駅伝競走(2016年) 3区 区間2位 24分51秒
  • 東京箱根間往復大学駅伝競走(2017年) 2区 区間5位 1時間8分6秒
  • 関東インカレ1部(2017年) 10000m 3位(日本人トップ) 28分35秒
  • 関東インカレ1部(2017年) 5000m 4位 13分47秒
  • 全日本大学駅伝関東予選(2017年) 第4組 28分35秒
  • ユニバーシアード台北(2017年) 10000m 3位 29分20秒
  • 日本インカレ(2017年) 10000m 4位 28分47秒
  • 日本インカレ(2017年) 3000m障害物距離走 1位 8分34秒
  • 出雲全日本大学選抜駅伝競走(2017年) 3区 区間1位 24分17秒
  • 天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(2018年) 3区 区間2位 23分49秒
  • 関東インカレ1部(2018年) 10000m 3位(日本人トップ) 28分26秒
  • 関東インカレ1部(2018年) 5000m 2位(日本人トップ) 13分52秒
  • 日本陸上競技選手権(2018年) 3000m障害物距離走 1位 8分29秒
  • アジア大会(2018年) 3000m障害物距離走 3位 8分29秒
  • 日本インカレ(2018年) 3000m障害物距離走 1位 8分31秒

脚注編集

  1. ^ a b 塩尻 和也(しおじり・かずや) スポーツ健康科学部・1年 - 報知新聞(箱根駅伝)
  2. ^ a b “【箱根への道】順大・塩尻 スーパールーキーが3年ぶりシード導く”. スポーツ報知. (2015年12月27日). http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20151226-OHT1T50136.html 2016年8月4日閲覧。 
  3. ^ a b c 第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会選手紹介 - 日本陸上競技連盟 (PDF)
  4. ^ IAAF世界ジュニア陸上競技選手権大会 - 日本陸上競技連盟 (PDF)
  5. ^ “塩尻和也(順大) 走るたび速く、リオも射程”. 読売新聞. (2015年12月21日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/ekiden/2016/feature/20151221-OYT8T50083.html 2016年8月4日閲覧。 
  6. ^ 第100回日本陸上競技選手権大会決勝一覧 - 日本陸上競技連盟 (PDF)
  7. ^ a b “陸上3000メートル障害の塩尻和也を代表追加”. 日刊スポーツ. (2016年8月3日). http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/athletics/news/1688724.html 2016年8月4日閲覧。 
  8. ^ 塩尻和也選手 リオ五輪代表決定! 順天堂大学 (2016-08-03). 2016年8月4日閲覧
  9. ^ 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)日本代表選手追加決定について 日本陸上競技連盟 (2016-08-03). 2016年8月4日閲覧
  10. ^ “箱根ランナー塩尻和也は予選落ち 3000m障害”. 日刊スポーツ. (2016年8月15日). http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/athletics/news/1695458.html 2016年8月16日閲覧。 
  11. ^ 2017 八王子ロングディスタンスの競技結果 男子 10000mタイムレース6組 (2017年11月25日) 2017年11月25日閲覧。
  12. ^ 【アジア選手権】第1日ハイライト&コメント 日本陸上競技連盟公式サイト (2019-04-22). 2019年5月30日閲覧
  13. ^ “【嫁は二次元】走るガルパンおじさんが語る #箱根駅伝 の注目「オタクランナー」”. Buzzfeed. (2017年1月1日). https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/hakoneota 2017年1月3日閲覧。 

外部リンク編集