メインメニューを開く

増田順一

日本のゲームクリエイター、作曲家

増田 順一(ますだ じゅんいち、1968年1月12日 - )はゲームクリエイターゲームミュージック作曲家神奈川県横浜市出身。日本電子専門学校コンピュータグラフィックス科卒業。株式会社ゲームフリーク取締役開発部長。株式会社ポケモン取締役[1]。ゲーム『ポケットモンスター』シリーズのゲームミュージックの作曲者として知られる。 血液型はA型[2]

ますだ じゅんいち
増田 順一
Junichi Masuda.jpg
生誕 (1968-01-12) 1968年1月12日(51歳)
神奈川県横浜市
出身校 日本電子専門学校
職業 ゲームクリエイターゲームミュージック作曲家
配偶者
子供

概要編集

ゲームフリーク創立当初からのメンバー[3]

日本電子専門学校を卒業後、就職してプログラマーとして働いていた。プログラマーになったきっかけは「プログラミングして自分でゲームを作ればわざわざゲームセンターでコインを使わなくても済む」というもの。音楽業界やCG業界もかつては志望していたが、徹夜が常態化した労働環境に尻込みして早々に断念した。サラリーマン時代には電話機のプログラミングなどを手掛け、家では趣味でゲームを製作した[4]

サラリーマン生活の傍らで専門学校時代の友人を通じて田尻智が主宰していた同人サークル『ゲームフリーク』の活動にも参加し、クインティの制作に携わった。後にゲームフリーク設立30周年を記念した公式動画で「今まで手掛けた作品で納期も無く趣味感覚で作曲したのはクインティぐらいなもの」と本人は述懐し、当時これで商売になるとは増田を含めサークルの誰も考えていなかったという。同時に、みんなでゲーム作りをする楽しみを覚えたと語っていた[4]。その後、ゲームフリークを会社として立ち上げるときに当時勤めていた会社を辞めて、正式にゲームフリークの社員となった[5]

ゲームフリークでは作曲家として、『ポケットモンスター』シリーズを筆頭に、『クインティ』や『ヨッシーのたまご』、『マリオとワリオ』などの多くのゲームフリーク作品において音楽やサウンドプログラムに携わっている。『ポケットモンスター ルビー・サファイア』以降はディレクターとして、シナリオやゲームデザインも手がけている。経営に専念している田尻に代わり、近年は広報役として各メディアに露出し、『ポケットモンスター』(特に新作発売時)のプロモーション活動を行っている。

一番好きなポケモンコダックであるが、後年では『ポケットモンスター X・Y』の攻略本では開発中に使用していたニンフィアと回答している[6]

声優金子有希は親戚(従姉の孫娘・従姪孫)[7][8]

作品編集

全てゲームフリーク開発。

脚注編集

  1. ^ https://lineblog.me/masudajunichi/archives/2413352.html
  2. ^ 増田順一@GAME FREAK inc.@Junichi_Masuda”. 2015年11月15日閲覧。
  3. ^ 1-5 開発者よりみなさまへのメッセージ”. 任天堂 (2002年11月). 2009年11月30日閲覧。
  4. ^ a b 【公式】ゲームフリーク30周年企画「マスダの部屋」 第一回【#ゲームフリーク ひみつきち#24】 ゲームフリーク公式チャンネル 2019/05/10に公開 (Youtube、2019年9月19日閲覧)
  5. ^ 【ファミキャリ!会社探訪】『ポケットモンスター X・Y』を開発中のゲームフリークを訪問!”. ファミ通.com. 2013年6月14日閲覧。
  6. ^ ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全カロス図鑑完成ガイド
  7. ^ 増田順一 [@Junichi_Masuda] (2014年4月8日). "今朝、親戚の声優、金子有希ちゃんが日テレさんのPON!に出演してましたが、後半出てたところも無事観れました!" (ツイート). Retrieved 2018年12月1日 – via Twitter.
  8. ^ 金子有希 [@kanekosanndesu] (2016年2月27日). "おばあちゃんの従弟っていう超遠い親戚だから全然知らなかったんだよねー。" (ツイート). Retrieved 2018年12月1日 – via Twitter.
  9. ^ 増田順一@GAME FREAK inc. on Twitter」『Twitter』。2018年8月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集