多田屋(ただや)は、石川県・和倉温泉にある温泉旅館。多田一族によって代々経営されており、現在は6代目。

概要編集

多田屋は明治18年(1885年)に創業された温泉旅館。初代館主・多田喜三郎が「喜三郎」として創業した。その後、三代目・喜教が鍋島直虎の長女・好子を女将として迎え入れた経緯から、佐賀鍋島藩とのゆかりもある。元は和倉温泉街の中心部に位置していたが、昭和48年(1973年)に、夕景が美しく見える場所として七尾湾に面した立地に移転した。そこで増築を重ねながら、現在は一般客室から露天風呂付客室まで全60室から成る。

多田屋
ホテル概要
階数 1階 - 5階
部屋数 60室
駐車場 約50台
開業 明治18年4月1日
所在地 〒926-0175
石川県七尾市奥原町3-29
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
  • 明治18年 「喜三郎」として、和倉温泉街中心部で開業
  • 大正3年 「多喜館」へ旅館名を変更、本家から独立 
  • 昭和31年 「多田館」に改名
  • 昭和37年 「旅荘あすなろ」に改名
  • 昭和48年 「白崎シーサイドホテル」に改名。現在の和倉温泉街から離れた白崎海岸に移転。(当時の建物は花の館34室・収容人数180名)
  • 昭和59年 汐の館を増築(16室)
  • 平成3年 特別室「神楽」を増築(6室)
  • 平成6年 特別室「侘助」を増築(3室)
  • 平成9年 貴賓室「利久」を増築(12室)
  • 平成18年 花の館4・5階を改装し、露天風呂付客室「抱月」をオープン
  • 平成26年 貴賓室「利久」の1階客室をすべて露天風呂付客室に改装
  • 平成28年 玄関をリニューアル
  • 平成30年 大浴場をリニューアル

客室・施設編集

客室編集

基本客室・・・和室10帖、全31室

特別室「神楽・侘助」・・・本間15帖+次の間6帖、全9室

露天風呂付客室「抱月」・・・和室4.5~7.5帖+ツインベッド、全8室

貴賓室「利久」・・・1階露天風呂付客室6室+2階6室、全12室

施設編集

貸切風呂 1箇所(宿泊者専用)

桟橋

カラオケボックス 3箇所

バー 1箇所

エステティックサロン 1箇所

交通アクセス編集

東京から編集

北陸新幹線で金沢駅まで約2時間30分。金沢駅からは特急電車で約1時間、車で約1時間30分。

大阪から編集

特急サンダーバードで和倉温泉までつながっている。

航路編集

小松空港より車で2時間。のと里山空港からは車で40分。

メディア出演編集

フジテレビザ・ノンフィクション」『花嫁のれん物語』シリーズ 2017年12月10日放送

テレビ東京「たけしが行く!わがままオヤジ旅3 古都金沢…爆笑珍道中」2018年4月14日放送

TBSジョブチューン」2015年3月7日放送

外部リンク編集

出典編集

https://tadaya.net/

https://www.news-postseven.com/archives/20171209_634496.html