メインメニューを開く

ザ・ノンフィクション』は、1995年10月15日からフジテレビで放送されている日本ドキュメンタリー番組字幕放送で、一部放送回ではステレオ放送あり。

ザ・ノンフィクション
ジャンル ドキュメンタリー番組
出演者 #ナレーターを参照
オープニング 「サンサーラ」
プロデューサー 西村陽次郎(チーフプロデューサー
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年10月15日 - 現在
放送時間 日曜日 14:00 - 14:55
放送分 55分
ザ・ノンフィクション
ザ・ノンフィクションスペシャル
人殺しの息子と呼ばれて
放送期間 2017年12月15日
放送時間 金曜日 21:00 - 22:52
放送枠 金曜プレミアム
放送分 112分
回数 1
テンプレートを表示

BSフジでも2011年4月7日から2014年9月までレギュラー放送された。現在は不定期放送。

目次

概要編集

市井の人々(著名人を取り上げることもある)が人生に苦闘しながらも情熱を持って生きる姿を取り上げるドキュメンタリー番組である。普段は垣間見ることのできない人間の一面や、人間関係、生き方、ひとつの職業などを深く掘り下げることで見えてくる隠された本質や、記憶に残る事件・出来事などを長期に亘って密着取材することで、その事柄のありのままの姿を視聴者に届けている。この番組で取材を受けたのを機に有名になった人物も多く、特に反響の大きかったものは出演者の「その後」を追いかけ、過去と現在の様子を再構成して放送する。

制作会社は毎回持ち回りで固定されておらず、レギュラー出演者も置いていない。ただし、以前番組で取り上げた人物の「その後」を放送する回では、フジテレビの女性アナウンサーが冒頭にナビゲーターとして出演し、過去の放送を振り返るとともに、現在の様子を取材したVTRへの振りを行うこともある。

当番組は関東ローカル(ネット局については後述)であるが、意欲的なドキュメンタリー番組として高い知名度があり、2010年代以降はフジおよび他局の全国ネットバラエティ番組(『月曜から夜ふかし』など)でパロディが制作されることもある(元ネタの性質上、パロディには必ず主題歌の「サンサーラ」が使用されている)。

2012年10月より、第一興商通信カラオケ機器「DAM」向け[1]に、本番組の映像をカラオケ背景映像として配信するサービスが開始された。これまでにも、風景など一部のドキュメンタリー映像がカラオケに使用されることはあったが、被写体の人物を含めて作品が丸ごと再編集され、カラオケとして楽しめるのは史上初だという[2]

2015年3月8日(石川テレビでは同年3月14日)には、2007年6月に放送され、石川県の老舗旅館・多田屋に密着した『花嫁のれん物語〜地震に負けるな能登半島〜』を完全シナリオ化し、役者が演じた「花嫁のれん物語 ニュースタイル版」を放送した。主人公を演じたのは酒井美紀

2017年12月15日には金曜プレミアム枠で本番組の全国ネット特別版『ザ・ノンフィクションスペシャル~人殺しの息子と呼ばれて~』が放送された。

放送時間編集

フジテレビ(地上波)
※いずれも日曜日に放送。
  • 13:30 - 14:55(初回 - 1996年3月) - ※85分
  • 13:55 - 14:55(1996年4月 - 1997年9月) - ※60分
  • 14:00 - 14:55(1997年10月 - 2007年9月) - ※55分
  • 13:55 - 14:55(2007年10月 - 2008年3月) - ※60分
  • 13:45 - 14:45(2008年4月 - 2009年9月)
  • 14:00 - 14:55(2009年10月 - ) - ※55分

※2019年1月現在、北海道文化放送福島テレビ富山テレビ関西テレビ沖縄テレビ(いずれの局も遅れネット)でも番販で放送されている。

FNSの日(いわゆる『27時間テレビ』)やマラソン・駅伝中継(大阪国際女子マラソン東日本女子駅伝等)の放送日は休止。競馬中継重賞レースにより放送時間を拡大する日は放送を休止するか、通常より30分繰り上げたり[3]、更に30分繰り上げて13:00 - 14:25(14:35)の拡大版として放送する日もある。また、フジテレビ以外のFNS系列の局では別の時間帯で放送される事もある。

BSフジ
※いずれも土曜日に放送。
  • 14:00 - 14:55(2011年4月 - 6月)
  • 11:00 - 11:55(2011年7月 - 2012年3月)
  • 14:00 - 14:55(2012年4月 - 2014年9月)

週によっては放送休止の場合がある。当初は14:00 - 14:55(または13:00 - 13:55)の枠にて放送していたが、当時13:00 - 13:55に放送されていた『めざましテレビ公認 わがまま!気まま!旅気分』が14:25ないし14:30まで拡大して放送されたり、14時台に特別番組が編成される日も多かったため、14:30 - 15:25に繰り下げられる日もあった。2012年4月より再び14:00 - 14:55の枠に戻り、2014年9月を以てレギュラー放送は終了した。

以後は不定期放送となっており、主に日曜の「BSフジサンデースペシャル」枠で、地上波では2話完結で放送されたものを中心に新たに編集を加えた「特別版」を放送する。まれにこれを放送する系列局もある。

ナレーター編集

取材された主な人物・団体編集

取り上げられた出来事・事件編集

  • オウム真理教事件 - 新宗教オウム真理教が引き起こした一連の事件。裁判傍聴記録を「ドキュメントアニメ」と題してアニメで再現し、放送した。
  • 北九州監禁殺人事件 - 2002年3月に発覚した、日本の犯罪史上類を見ない残虐な監禁・殺人事件で、加害者の息子が取材に応じた。インタビューが実現したきっかけは、2017年6月にフジテレビが放送した『追跡!平成オンナの大事件』で同事件を取り上げた際、インターネット上で息子への非難が巻き起こり、この男性が同局へ放送内容について抗議。その過程で担当者が謝罪したことである[5]。同年10月に「人殺しの息子と呼ばれて」と題し2週に亘って放送。大反響を呼び、放送されなかった地域から「全国放送して欲しい」との要望を受けて、2017年12月15日に同局の『金曜プレミアム』枠で再編集版を放送した。ちなみにこれ以降、定期不定期問わず本番組を遅れネットする系列局が増えている。
  • 古寧頭戦役 - 終戦後の1949年に発生した、台湾海峡金門島を巡る戦闘。旧日本陸軍中将で、中国国民党軍に協力した根本博に焦点を当てた。
  • 陸山会事件 - 衆議院議員・小沢一郎資金管理団体「陸山会」を巡る事件。こちらも裁判の傍聴記録を「ドキュメントアニメ」として再現した。

受賞歴編集

  • 2011ニューヨーク・フェスティバルにおいて、2009年12月6日放送の「おっぱいと東京タワー 〜私の乳がん日記〜」(ディレクター:信友直子)がテレビ部門で銀賞を受賞した。
  • 2011USインターナショナル フィルム&ビデオフェスティバルにおいて、2010年10月17日放送の「ピュアにダンスIV 〜田中家の7年〜」(ディレクター:松田恵子)がゴールド・カメラ賞を、2010年5月30日放送の「銀座の鮨の物語2010」(ディレクター:小山順子高橋伸征)がサーティフィケイト・フォー・クリエイティブ・ エクセレンス賞をそれぞれ受賞した。
  • 2011年4月17日放送の東日本大震災特別番組「わすれない 〜三つの家族の肖像〜」が、2011アジア・テレビジョン・アワードの時事問題部門で最優秀賞を受賞。2012ニューヨーク・フェスティバルでも社会・時事問題部門で金賞を受賞した。
  • 2012年1月15日放送の「老人と放射能 ~FUKUSHIMA~」がUS国際フィルム&ビデオ祭2012 の銀賞を受賞した。
  • 第29回ATP賞テレビグランプリ2012において、2011年10月30日放送の「まりあのニューヨーク 〜死ぬまでに逢いたい人〜」がドキュメンタリー部門で最優秀賞を受賞した。
  • 2014ニューヨーク・フェスティバルにおいて、2013年1月20日放送の「特殊清掃人の結婚〜“孤独死”が教えてくれたもの」がHuman Concerns部門で金賞を、番組から生まれた映画『ラーメンより大切なもの〜東池袋大勝軒50年の秘密〜』がフィルム・ドキュメンタリー部門で銀賞を受賞した。

放送上のトラブル編集

被取材者の意に背いた放送回もある。以下はその例。

2005年8月14日放送
東京都台東区に住む80歳代の老夫婦の半生を取り上げたが、放送後、夫婦や関係者がフジテレビと放送と人権等権利に関する委員会(BRC)に対し、「他人様には知られたくない事実も描かれた」として、苦情申し立て・抗議をした。番組側は同年10月30日の放送回で「誤解を招いた」として謝罪した[6]
2011年5月15日放送「アイドルすかんぴん」
「崖っぷちアイドル」の仕事と私生活を取材したが、取材を受けた側が不満を露わにした。そのうちの1人である愛葉るびが「普通の映画、オーディション、オカルトの現場、打ち上げ、病気と闘ってたこと」など1年以上も撮影したにもかかわらず、放送内容が「アダルト、脱ぎ」をメインに構成されていたことを受けて、「脱いでるメインなら(取材を)受けなかった」とブログに不満を綴っている[7]

テーマ曲編集

  • 『サンサーラ』
作詞・作曲:山口卓馬書上奈朋子

脚注編集

  1. ^ 正式にはLIVE DAMシリーズと最新機種専用として配信されるが、DAM旧機種には配信されない。
  2. ^ ドキュメンタリー史上初!カラオケ史上初!!「リアルな人生を歌う」コラボ実現!”. マイナビニュース (2012年9月25日). 2014年4月26日閲覧。
  3. ^ 2005年4月から2007年9月までは25分繰り上げ・5分短縮(13:35 - 14:25の放送)。
  4. ^ 現在は芸能活動をしていない者や死去した人物を含む
  5. ^ 北九州一家監禁殺害事件“犯人夫婦の息子”の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷(4)”. LITERA/リテラ (2017年12月15日). 2017年12月16日閲覧。
  6. ^ 2005年度仲介・斡旋解決事案 1.「プライバシーを侵害された」との苦情”. BPO/放送人権委員会. 2012年7月14日閲覧。
  7. ^ 本気で涙が止まらない”. 愛葉るびオフィシャルブログ「るび色の世界!」. 2012年7月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ 日曜13:30 - 13:55枠
前番組 番組名 次番組
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 1996年3月)
とれたてガバット
※13:25 - 13:50
ねこ日和
※13:50 - 13:55
【25分繰下げ】
フジテレビ 日曜13:55 - 14:00枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 1997年9月)
ねばぎば!TOKIO
※13:30 - 14:00
ザ・NIPPON検定
※13:35 - 14:00
ザ・ノンフィクション
(2007年10月 - 2009年9月)
日曜α(再放送枠)
※13:30 - 14:00
フジテレビ 日曜13:45 - 13:55枠
あっぱれ!!さんま新教授
※13:10 - 13:55
【10分繰り上げ】
ザ・ノンフィクション
(2008年4月 - 2009年9月)
日曜α(再放送枠)
※13:30 - 14:00
フジテレビ 日曜14:00 - 14:45枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - )
-
フジテレビ 日曜14:45 - 14:55枠
サンデーイベントアワー
(第5期)
※13:30 - 14:55
ザ・ノンフィクション
(1995年10月 - 2008年3月)
ウオーキング
ウオーキング
ザ・ノンフィクション
(2009年10月11日 - )
-
BSフジ 土曜11:00 - 11:55枠
前番組 番組名 次番組
(単発枠)
ザ・ノンフィクション
(2011年7月 - 2012年3月)
BSフジ 土曜14:00 - 14:55枠
(単発枠)
ザ・ノンフィクション
(2011年4月 - 6月)
(単発枠)
(単発枠)
ザ・ノンフィクション
(2012年4月 - 2014年9月)
(単発枠)