大倉 徹也(おおくら てつや、1932年 - 2019年2月4日[1][2])は、日本の放送作家

来歴・人物編集

大阪市十三で生まれ、幼少時に豊中市へ移り住む。東京都立大学へ進み、在学中は演劇部で活動した[3]

1956年から永六輔の誘いを受けて放送作家の活動を始め、『夢であいましょう』『8時だョ!全員集合』『小沢昭一の小沢昭一的こころ』など、数多くの芸能関係のテレビラジオ番組を手がけた。日本脚本家連盟の理事を20年以上勤めた。

また、阪急宝塚線沿線で生まれ育ったため阪急ブレーブスのファンとなり、純パの会代表を務めたこともあった[4]ため、パ・リーグに関する著作もある。

2019年2月4日、肺がんのため東京都目黒区の自宅で死去[1]。86歳没。

担当番組編集

ラジオ
テレビ

著書編集

  • 『涙をけとばせ - 今晩は森繁久彌です』(文化放送出版部 1967年森繁久彌川崎洋隅田宣と共著)
  • 『駅文化を考える』(日本放送出版協会 1988年
  • 『われらブレーブス人間 - ドキュメント「阪急」から「オリックス」へ』(菁柿堂 1989年田中正恭と共著)
  • 『ブレーブス人間の遺書』(菁柿堂 1991年
  • 『「超」文章読本』(影書房 1995年
  • 『小沢昭一的流行歌・昭和のこころ』(新潮社 2000年2003年に新潮文庫、小沢昭一と共著)
  • 『わが愛しきパ・リーグ』(講談社 2005年
  • 『放送作家の時間』[7](イースト・プレス 2019年)遺作

参考文献編集

  • 『われらブレーブス人間 - ドキュメント「阪急」から「オリックス」へ』
  • 『放送作家の時間』

脚注編集