メインメニューを開く

大島 友治(おおしま ともじ、1916年10月2日 - 1999年4月19日)は、日本の政治家自由民主党参議院議員栃木県出身。

来歴・人物編集

1941年京都帝国大学農学部卒業後、栃木県庁に入庁。教育次長、農務部長などを歴任した後、1974年の参院選に自民党公認で栃木選挙区から出馬し初当選。連続当選3回。党内では中曽根康弘渡辺美智雄派に所属。派内では同郷の渡辺に近い存在だった。

1977年科学技術政務次官(福田赳夫内閣)、参議院文教委員長、参議院内閣委員長などを経て[1]1990年2月第2次海部内閣科学技術庁長官として初入閣。同年の12月まで務めた。1992年勲一等瑞宝章受章。同年政界引退。地盤は栃木県議会議員を務めていた矢野哲朗が引き継いだ。

1999年4月19日、呼吸不全のため死去。享年84(82歳没)。

脚注編集

[ヘルプ]
議会
先代:
高平公友
  参議院内閣委員長
1984年 - 1985年
次代:
亀長友義
先代:
望月邦夫
  参議院文教委員長
1979年 - 1980年
次代:
降矢敬義
公職
先代:
斎藤栄三郎
  科学技術庁長官
第45代:1990年
次代:
山東昭子