大島 晃(おおしま あきら、1946年9月12日 - 2015年12月1日[1])は、漢文学者。上智大学名誉教授[2]

大島 晃
人物情報
生誕 (1946-09-12) 1946年9月12日
日本の旗 日本栃木県宇都宮市
死没 2015年12月1日(2015-12-01)(69歳)
出身校 東京教育大学東京大学
学問
研究分野 東洋思想漢文学
研究機関 上智大学
テンプレートを表示

経歴編集

1946年、宇都宮市生まれ。東京教育大学漢文学科を卒業し、東京大学大学院中国哲学博士課程へと進む。同課程を満期退学し、東京大学助手となった。その後上智大学文学部助教授、教授を務めた[3]。2011年に定年退職し、名誉教授となった。

著書編集

共編・監修編集

編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ おくやみ・大島晃氏:東京新聞 - ウェイバックマシン(2015年12月6日アーカイブ分)
  2. ^ “上智大学名誉教授(元文学部教授)の大島晃先生が、12月1日逝去されました”. 上智大学ソフィア会. (2015年12月4日). http://www.sophiakai.gr.jp/news/news/2015/2015120401.html 2020年1月25日閲覧。 
  3. ^ 『現代日本人名録』2002年