メインメニューを開く

大崎 悟史(おおさき さとし、1976年6月4日 - )は、日本男子陸上競技長距離走マラソン)元選手、現指導者大阪府堺市堺区)出身。主な実績として各男子マラソン種目で、2006年ドーハアジア競技大会銅メダリスト2007年世界陸上大阪大会6位入賞、2008年北京オリンピック日本代表(但し故障により欠場)。

大崎 悟史 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 大崎 悟史
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走マラソン
所属NTT西日本陸上競技部
生年月日 (1976-06-04) 1976年6月4日(43歳)
生誕地 大阪府堺市堺区
身長 177㎝
体重 58㎏
5000m 13分49秒95 (2004年)
10000m 28分34秒63 (2003年)
ハーフマラソン 1時間02分27秒 (2007年)
マラソン 2時間8分36秒 (2008年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

目次

経歴編集

湊西小学校(現新湊小学校)大浜中学校を経て、1992年4月に清風高等学校に入学し陸上競技部に所属。清風高校時代は全国高校駅伝に3年連続出場し、2年・3年時は1区を走りチームの2年連続入賞に貢献した。また、1500mの大阪府高校記録(3分48秒94)保持者であり、インターハイでも1500mで入賞を果たしている[1]

高校卒業後の1995年4月に山梨学院大学に進学し、同大在学中は箱根駅伝競走に2度出走。大学3年生時(第74回大会1998年)に10区を出場し区間賞を獲得。大学4年生時(第75回大会1999年)も10区に出走で区間2位だったが[2]、共に総合優勝を果たす事は出来なかった(第74回・総合3位、第75回・総合6位)。

山梨学院大学卒業後、1999年4月にNTT西日本-関西に入社しNTT西日本陸上競技部に所属。社員として定時まで仕事をこなした後、練習を行うサラリーマン選手として活動。恵まれない環境ながらも、マラソン選手として成長を続けた。

2004年東京国際マラソンでは、高校時代からのライバルであるダニエル・ジェンガと優勝争いを繰り広げ3秒差の2位(2時間8分46秒)に入る。この大会はアテネオリンピックの代表選考会でもあり、代表入りの期待もあったが代表からは漏れた。2005年ヘルシンキ世界選手権の代表争いでも俎上に上ったが、またも代表入りを逃した。しかし、2006年アジア競技大会ドーハ)で銅メダルを獲得、2007年に地元大阪で行われる第11回世界陸上競技選手権の代表の座を、大学の先輩である尾方剛中国電力)とともに射止めた。2007年8月25日に開催された世界陸上選手権の男子マラソンでは、2時間18分06秒のタイムで日本人では尾方に続いて2番目のゴール。6位入賞と健闘したがメダル獲得はならず。なお男子マラソン団体戦では金メダルを獲得した。

2008年3月2日びわ湖毎日マラソンに出場、自己ベスト記録の2時間8分36秒で3位(日本人選手で1位)に入る。その後3月10日日本陸上競技連盟の理事会において、念願であった北京オリンピック男子マラソン代表に正式決定となった(他代表選手は尾方剛と、尾方と同じ中国電力所属の佐藤敦之)。8月24日開催のオリンピック男子マラソンに出走予定だったが、レース前日の8月23日股関節の故障悪化のため突如欠場を表明。結局スタートラインに立つことなくリタイアすることとなってしまった(日本陸連は既に補欠代表登録を解除しており、藤原新の補欠繰上も消滅となる)。残る日本のマラソン男子代表2選手の成績は、尾方が13位、佐藤は全選手中最下位の76位に終わり、結局3選手ともメダル・入賞はならなかった。北京から帰国した直後の大崎は、しばらく自宅に引きこもったままずっと無念の涙を流し続けていたという。

北京五輪以降は約1年以上故障が長引いていたため治療に専念、2009年11月15日関西実業団対抗駅伝競走大会の1区出場で久々の公式レース復帰となった。しかしその後も、左ふくらはぎのケガなどで体調が回復せず、2012年8月開催のロンドンオリンピック男子マラソン代表国内選考レースである、同年2月26日開催の東京マラソン2012への出場を断念、二大会連続の五輪代表はならなかった。

5年ぶりのフルマラソン出場となった、2013年3月3日開催のびわ湖毎日マラソンで、第一線から現役引退する事を発表。優勝争いには加わらずマイペースで走り32位で完走。同年4月よりNTT西日本陸上部コーチに就任、現在は主に陸上競技指導者として活動中。

その後も一般市民ランナーとしてフルマラソンに出場。2016年2月21日、出身地の堺市・浜寺公園スタート地点の泉州国際市民マラソン・男子の部では、14年振り2回目となるマラソン優勝を達成した。

同年3月31日、NTT西日本を退社、同陸上部コーチを退任。翌4月1日、母校の山梨学院大学・陸上部コーチに就任した。

マラソン全成績編集

年月 大会 順位 記録 備考
2000年3月 びわ湖毎日マラソン 14位 2時間13分49秒 初マラソン
2000年12月 防府読売マラソン 10位 2時間21分39秒 .
2001年4月 長野マラソン 10位 2時間18分25秒 .
2001年12月 福岡国際マラソン 13位 2時間16分08秒 .
2002年2月 アジアマラソン選手権 優勝 2時間16分46秒 マラソン初優勝
2002年12月 防府読売マラソン 2位 2時間09分38秒 .
2003年9月 ベルリンマラソン 12位 2時間12分08秒 .
2004年2月 東京国際マラソン 2位 2時間08分46秒 .
2004年12月 福岡国際マラソン 2位 2時間10分56秒 .
2006年3月 びわ湖毎日マラソン 3位 2時間10分49秒 .
2006年12月 ドーハアジア大会 3位 2時間15分36秒 銅メダル獲得
2007年8月 世界陸上大阪大会 6位 2時間18分05秒 6位入賞、団体戦日本男子金メダル獲得
2008年3月 びわ湖毎日マラソン 3位 2時間08分36秒 自己最高記録
2008年8月 北京オリンピック DNS 記録無し 出場辞退、欠場
2013年3月 びわ湖毎日マラソン 32位 2時間17分38秒 事実上現役選手としてラストラン
2014年2月 愛媛マラソン -位 3時間56分18秒 ゲスト出場のため順位無し
2014年10月 大阪マラソン 9位 2時間20分27秒 .
2016年2月 泉州国際市民マラソン 優勝 2時間25分49秒 マラソン2回目の優勝

脚注編集

関連項目・外部リンク編集