大府インターチェンジ

日本の愛知県東海市にある伊勢湾岸自動車道のインターチェンジ

大府インターチェンジ(おおぶインターチェンジ)は、愛知県大府市東海市にまたがる、伊勢湾岸自動車道新東名高速道路)のインターチェンジである。

大府インターチェンジ
豊田JCT方面入口
豊田JCT方面入口
所属路線 E1A 伊勢湾岸自動車道
IC番号 6
料金所番号 01-174(第一料金所)
01-175(第二料金所)
本線標識の表記 国道302号標識 大府
起点からの距離 27.0km(豊田東JCT起点)
名古屋南IC/JCT (1.5km)
(2.9km) 東海IC/JCT
接続する一般道 環状2号名古屋環状2号線Japanese National Route Sign 0302.svg国道302号
供用開始日 1998年3月30日
通行台数 x台/日
所在地 476-0002
愛知県東海市名和町奥前後105-1
テンプレートを表示

目次

概要編集

大府ICはダイヤモンド型インターチェンジであるため、知多半島道路を挟んで西側に四日市JCT方面への入口と同方面からの出口が、東側に豊田JCT方面への入口と同方面からの出口が配置されている[1]

東側出入口は名古屋南JCTと一体となっているため、本線に入らずに名二環名古屋高速3号大高線と相互利用が可能である(但し、この構造の関係上豊田方面から大府ICで降りる場合は名古屋南JCTで側道に入る必要がある)。

大府ICと知多半島道路大府西ICは直接つながっておらず、国道302号に一旦流出してからの接続となる。ただし、豊田方面からの流出に限って、出口料金所通過後、大府西ICへの直通線があるため、国道302号に流出する必要はない[1]

歴史編集

周辺編集

  • 東海市役所上水道上野ポンプ場

接続する道路編集

料金所編集

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情によって変更される場合がある[6]

第一料金所(豊田方面)編集

入口
  • レーン数:2[6]
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1
出口
  • レーン数:3(1本休止)[6]
    • ETC専用:1
    • 一般:1

第二料金所(四日市方面)編集

入口
  • レーン数:2[6]
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1
出口
  • レーン数:2[6]
    • ETC専用:1
    • 一般:1

編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 『名古屋高速道路ミニマップ』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版
  2. ^ a b 山田隆昭 1998, p. 63.
  3. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 319.
  4. ^ “伊勢湾岸道一部開通”. 中日新聞朝刊: p. 33. (2001年3月28日) 
  5. ^ “伊勢湾岸道 豊明 - 豊田南間が開通 豊田市 - 名古屋港 所要時間20分短縮”. 中日新聞朝刊: p. 3. (2003年12月26日) 
  6. ^ a b c d e 料金所ナビまっぷ 伊勢湾岸道 (PDF)” (日本語). NEXCO中日本. 2018年5月6日閲覧。

参考文献編集

  • 『伊勢湾岸道路工事誌』・『伊勢湾岸道路写真集』は飛島村図書館三重県立図書館で閲覧可(閉架)(非売品)
    • 伊勢湾岸道路編集委員会 『伊勢湾岸道路工事誌』 日本道路公団名古屋建設局 伊勢湾岸道路工事事務所、1998年3月 
    • 伊勢湾岸道路編集委員会(写真集) 『伊勢湾岸道路写真集』 日本道路公団名古屋建設局 伊勢湾岸道路工事事務所、1998年3月 
  • 山田隆昭「JH名古屋建設局の事業トピックス 名港三大橋のネーミング(名港トリトン)など」、『高速道路と自動車』第41巻第7号、公益財団法人高速道路調査会、1998年7月1日、 60-63頁。

関連項目編集