伊勢湾岸自動車道

日本の愛知県から三重県に至る高速道路

伊勢湾岸自動車道(いせわんがんじどうしゃどう、ISEWANGAN EXPRESSWAY)は、愛知県豊田市豊田東JCTから三重県四日市市四日市JCTに至る高速道路高速自動車国道)である。略称は伊勢湾岸道(いせわんがんどう、ISEWANGAN EXPWY)

高速自動車国道
一般国道自動車専用道路(A')
有料

伊勢湾岸自動車道

E1A 伊勢湾岸自動車道
Japanese National Route Sign 0302.svg 伊勢湾岸道路
地図
Isewangan Expressway Map.png
路線延長 56.4 km
開通年 1985年 - 2005年
起点 豊田市豊田東JCT
主な
経由都市
豊明市名古屋市桑名市
終点 四日市市四日市JCT
接続する
主な道路
記法
E1A新東名高速道路
C3東海環状自動車道
E1東名高速道路
C2名古屋第二環状自動車道
Japanese Urban Expwy Sign 0003.svg名古屋高速3号大高線
Japanese Urban Expwy Sign 0004.svg名古屋高速4号東海線
E23東名阪自動車道
E1A新名神高速道路
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

高速道路ナンバリングによる路線番号は、新東名高速道路新名神高速道路ともにE1Aが割り振られている[1]

目次

概要編集

 
路線は第二東名・第二名神の一部として計画されたが、当面は伊勢湾岸自動車道の名で運用される[2]
   
画像左 : 一般有料道路区間の入口に設置された規制標識群(東海IC下り線)。高速道路と一般有料道路(国道302号)の境界を視覚化すると共に、最高速度を100km/h(大型貨物、トレーラーは80km/h)、最低速度を50km/hとする速度規制を行う[3]。トレーラーの走行位置を左車線に規制する標識も設置されている。
画像右 : 一般有料道路から高速道路へ進入する際は「ここから高速道路」の標識を提示して規制解除を実施(東海IC上り線)。

伊勢湾岸自動車道は、新東名高速道路東海環状自動車道の結節点である豊田東JCTを起点として西へ進み、名古屋港を横断して東名阪自動車道の四日市JCTに至る高速自動車国道である。従って、東京静岡、愛知県東部方面と、三重県、関西方面を名古屋港経由で直結するほか、名古屋高速名古屋第二環状自動車道知多半島道路と接続することで、名古屋市中心部をはじめ、中部国際空港知多半田方面を連絡する使命も併せ持っている。

計画では豊田東JCT - 東海IC間が第二東名高速道路、東海IC - 飛島IC間が一般国道302号「伊勢湾岸道路」、飛島IC - 四日市JCT間が第二名神高速道路として策定され[4]、日本道路公団の発表では、豊田東JCT - 四日市JCT間は当面、伊勢湾岸自動車道の名称で運用するとしている[2][5]

路線は高速自動車国道の路線を指定する政令によって、豊田東JCT - 名港中央IC間[6]第二東海自動車道横浜名古屋線、名港中央IC[6] - 四日市JCT間が近畿自動車道名古屋神戸線に指定されている[7]。このうち東海IC - 飛島IC間が高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路(事業路線名は国道302号伊勢湾岸道路一般有料道路〉)とされている[8]。このため、適用される道路交通法に差異があることから、上り線は飛島ICの先に、下り線は東海ICの先に「ここから一般有料道路」と記された標識と、3つ連なった速度規制標識が併設されている[3]。もし規制がない場合、一般有料道路区間に進入した際に、一般国道の法定速度(最高60 km/h)までスピードダウンする煩わしさがあるため、ドライバーの混乱を防ぐ意味からも規制を設けて高速道路の法定速度のままで一般国道302号を通過できるように取り計らっている[3]。また、通過後は「ここから高速道路」の標識を提示して[9]規制解除を行っている。

道路管理者は日本道路公団であったが、2005年(平成17年)10月1日道路関係四公団民営化に伴い、中日本高速道路株式会社に移管された。

2008年(平成20年)2月23日の新名神の部分開通により、当路線は東名豊田JCT - 名神草津JCT間を従来の米原JCT経由より短絡するルートの一部(当道・東名阪道・新名神)を構成するようになり、東西両経済圏の直結ルートとしての役割が増してきている。また、愛知以東から三重・奈良の両県への直結ルートを与え、大阪府南部(泉南地域)から和歌山県への効率的なアクセス路ともなり得る(当道・東名阪道・名阪国道西名阪自動車道の連携)。更に、名古屋圏環状道路としての役割を持った路線でもある。名古屋南JCT - 飛島IC間は名古屋環状2号線自動車専用道路であり、豊田東JCT - 四日市JCT間の全線も東海環状自動車道と接続することにより、環状道路の南側部分として機能することになる[10]

名古屋港を横断する東海IC - 飛島IC間には、3本の斜張橋名港東大橋名港中央大橋名港西大橋)があり、これらのを総称する愛称として名港トリトンの名が一般公募により決定された[11]

豊田JCT - 四日市JCT間の総事業費は1兆3150億円であった[12]。なお、三重県内の四日市JCT - 新四日市JCT間は伊勢湾岸自動車道ではなく新名神高速道路として開通したため、新四日市JCTから亀山西JCT間は未開通であるが、伊勢湾岸道を介して新東名、新名神が繋がることとなった。

インターチェンジなど編集

IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
km
BS 備考 所在地
E1A 新東名高速道路 静岡東京方面
1 豊田東JCT C3 東海環状自動車道 0.0 - 愛知県 豊田市
2 豊田東IC 国道248号 3.1
19-1 豊田JCT E1 東名高速道路 5.0 -
3 豊田南IC 県道56号名古屋岡崎線
国道155号豊田南バイパス
衣浦豊田道路 生駒IC
国道419号
12.6
- 刈谷PA/SIC - 15.9 ハイウェイオアシス併設
SICは2021年度併用開始予定[13]
刈谷市
4 豊明IC 国道23号名四国道知立バイパス
国道1号
県道57号瀬戸大府東海線(豊田方面出入口のみ接続)
20.2 豊明市
5 名古屋南IC 国道23号(名四国道)豊明方面のみ接続
県道50号名古屋碧南線
25.5 四日市JCT方面出入口 名古屋市緑区
名古屋南JCT C2 名古屋第二環状自動車道
  名古屋高速3号大高線
-
6 大府IC 国道302号名古屋環状2号線
E87 知多半島道路 大府西IC
県道248号名和大府線 
27.0 大府市
7 東海IC 国道302号(名古屋環状2号線)
国道247号西知多産業道路
県道59号名古屋中環状線(国道247号重複)
県道55号名古屋半田線
29.9 東海市
7-1 東海JCT   名古屋高速4号東海線 -
8 名港潮見IC 県道225号名古屋東港線 32.4 名古屋市港区
9 名港中央IC 名古屋市道金城埠頭線 34.8
10 飛島IC 国道302号(名古屋環状2号線)
県道71号名古屋西港線
37.6 飛島村
- 飛島JCT C2 名古屋第二環状自動車道(事業中) - 2020年度供用予定[14]
11 湾岸弥富IC 県道71号名古屋西港線 40.5 豊田JCT方面出入口 弥富市
12 弥富木曽岬IC 県道103号境政成新田蟹江線 43.3 四日市JCT方面出入口
13 湾岸長島IC/PA 県道7号水郷公園線 45.9 三重県 桑名市
14 湾岸桑名IC 県道69号湾岸桑名インター線 48.4
15 みえ川越IC 国道23号(名四国道)
県道401号桑名四日市線
国道1号(北勢バイパス
50.2 川越町
16 みえ朝日IC 県道66号四日市朝日線 54.2 四日市JCT方面出入口 四日市市
29-1 四日市JCT E23 東名阪自動車道 56.4 -
E1A 新名神高速道路C3 東海環状自動車道 東員IC)方面

歴史編集

第二名四国道の構想編集

 
第3次愛知県地方計画概要図。中部圏基本開発計画に対応して1960年代後半から構想された道路計画図で、第2名四国道も計画されている(破線部分)[15]。この破線部分が伊勢湾岸自動車道の祖型である。

伊勢湾岸自動車道は、もともとは交通渋滞の激しかった国道23号名四国道)のバイパス「第2名四国道」として計画された[16]。当初は名古屋環状2号線の海上部(東海市 - 海部郡飛島村間の名古屋港横断区間)と飛島村 - 三重県三重郡川越町間の第2名四国道を併せて東海市 - 川越町間の道路として一体的に計画された[17]。その起源は1967年の中部圏基本開発整備計画の策定時期までさかのぼる[18]。さらに1968年から1970年にかけて、名古屋市と愛知県から相次いで公表された将来計画の中で、東海北陸自動車道や名阪国道[注釈 1](現・東名阪自動車道)の構想に混じって第二名四国道の整備構想および計画図までが具体的に示された[19][20]

また、建設省における幹線道路整備計画調査のうち、名古屋環状2号線海上区間については1969年度から調査開始されたが、1973年度以降は名四国道の混雑解消のほか、伊勢湾岸道路全体としての計画調査を行なう必要性から大規模特殊事業計画調査として取り上げられた[21]。第二名四国道はこの調査の一環で具体化した。

 
1975年の伊勢湾岸道路計画図(青の破線が伊勢湾岸道路)[22]。伊勢湾周辺の各都市をつなぐ一周約250 kmの道路であった。名港トリトンもこの環状道路の一部とされ、1969年度以降は名古屋港横断区間から路線調査に入った。なお、志摩半島と渥美半島を連絡する構想は三遠伊勢連絡道路として1994年に地域高規格道路の候補路線に指定され、生きた計画となっている[23]

第二名四国道は伊勢湾全体を俯瞰した場合、最も北に位置する。そして伊勢湾周辺地域の広域交通との有機的連結、工業や農業、観光における環境整備を兼ねることを目指して構想された道路の一部でもある。これは第二名四国道を伊勢湾上辺に計画し、さらに、志摩半島渥美半島を連絡する長大橋も含め[24]名古屋衣浦港周辺都市、豊橋伊良湖鳥羽松阪四日市桑名の各都市を一本の道路で連絡することで[22]、伊勢湾周辺を環状道路で囲うという壮大な構想の一環であった[21]。この環状道路を当初は「伊勢湾岸道路」と呼んだ。1989年以後は、伊勢湾を一周する意味における伊勢湾岸道路は「伊勢湾環状道路」と名前を変え、豊田市 - 四日市市間における伊勢湾北部の道路(第二名四国道)のみが伊勢湾岸道路と呼ばれるようになった[25]

この伊勢湾岸道路のうち、名古屋港横断区間については名古屋環状2号線と橋梁を共有し、上路4車線(伊勢湾岸道路)、下路6車線(名古屋環状2号線)[26][27]のダブルデッキ道路として計画された[16]。しかし、それに伴う事業費が三千数百億円以上と莫大で事業化の目処が立たないことと、将来予測交通量の減少を考慮して計画見直しを行ない、両道路を統合して、一層式往復6車線とした[16][28]

 
1980年時点の伊勢湾岸道路計画概要[29]。当時は全線高速道路で計画された訳ではなく、名四国道と概ね同規格であった。

1976年度以降は、名古屋周辺道路網を構成する一道路としての位置付けから、名古屋港横断部を東は豊田付近で東名高速に、西は川越町を飛び越して四日市付近まで延長のうえ東名阪道路(東名阪自動車道)に接続する東名 - 東名阪連絡機能を持たせることになった[30]。併せて豊田 - 四日市間の路線調査を行い、当初案は豊田 - 豊明間が道路規格第3種第1級4車線として東名高速豊田ICに直結、あるいは豊田IC付近にジャンクションを造成して直接乗入れをすることが検討された。豊明 - 大高(名古屋南IC付近)間は第3種第1級で国道23号(名四国道)を拡幅して往復8車線化、ないし上下2層(4車線+4車線)方式、大高 - 西二区(飛島IC)が名古屋環状2号線を利用して第2種第1級6車線(自動車専用道路)、西二区 - 川越間が第3種第1級6車線、川越 - 四日市間が第3種第1級4車線として検討された。つまり構想当初から高速道路として検討された訳ではなく、国道23号に準じる道路規格として検討された[29](名四国道の道路規格は第3種第1級もしくは第4種第1級[31])。また予備設計のための測量調査、地質調査等が1970年頃から開始され、1976年には豊田 - 四日市間の全線に及んだ[32]。このうち事業化が急がれるのが名古屋港横断区間で、用地買収をほとんど必要としないなど早期建設のための条件が出そろっていたが、海上に橋をかけることで事業規模が大きく海上区間の全線早期開通は困難であることから、地元要望が強い金城ふ頭 - 西二区間(名港西大橋)をとりあえず片幅員で先行開業することになった[33][34]

こうして1985年3月に名港西大橋が先行開業し、この時は一般有料道路「名港西大橋」として供用された[35][36]

伊勢湾岸道路と第二東名・第二名神の融合編集

開業以来、通行台数の増加により混雑が常態化した東名、名神高速道路の第二路線が必要であると言われ始めたのは両道路の全通から間もない頃であり、1971年度からはさっそく路線調査が始まった[37]。計画を主導した建設省は東名、名神を拡幅する案や上下2層式とすることも検討したが、コスト面から困難とし[38]、計画具体化の動きは鈍いままであった。だが、1986年2月の衆議院建設委員会で建設政務次官が第二東名、第二名神の調査を継続することと、1987年度までに高規格幹線道路網計画に第二東名、第二名神の位置付けを明確化することを表明、これをきっかけとして、既に21世紀の道路網の在り方を巡って論議が交わされていた道路審議会基本政策部会も巻き込んで急速に第二東名、第二名神の計画が具体化していくことになった[39]

こうした中で1987年2月、愛知県は国に対して第二東名・第二名神実現の働きかけを行なうことを表明し、併せて第四次全国総合開発計画(四全総)への組み入れを目指すとした[38]。さらにその2か月後には、愛知県知事が伊勢湾岸道路を第二東名のルートに含めたいとの意向を表明した[40]。これは国家的必要性ばかりが重視されると名古屋を素通りされかねないとする危機意識から、愛知県知事自らが率先して手を挙げた格好であった[41]。愛知県の提案に対して政府の反応は上々で[41]、その過程で同年11月、伊勢湾岸道路の名古屋港横断区間の内、名港中央大橋と名港東大橋を含む東海市 - 金城ふ頭間の一般有料道路としての事業許可が建設大臣より日本道路公団に下りた[42]。政府の反応から、当該区間が第二東名、第二名神のルートに組み込まれることは確実とされたことから、道路幅もそれを見越した規格で計画された[42]

1988年5月には三重県知事も第二名神ルートの伊勢湾岸道路活用を要請すると表明し[43]、その翌月には建設大臣が伊勢湾岸道路を第二東名、第二名神のルートに含めることを正式に表明、6月9日には早々と全ルートの構想案を発表した[44][45]。同年9月には愛知県内の伊勢湾岸道路のルートが決まり[46]、翌1989年1月末には満を持して国土開発幹線自動車道建設審議会で第二東名、第二名神が建設準備段階である基本計画路線に昇格した[47][48]。この決定では、高速道路としての基本計画区間を横浜 - 東海(290 km)、飛島 - 神戸(165 km)とした[47]この結果、伊勢湾岸道路は一般有料道路事業として認可された東海 - 飛島間[33]を除き、第二東名、第二名神に取り込まれることになった[5]

この決定を受けて地域幹線道路として策定された伊勢湾岸道路を高速道路としての規格に揃える必要から、愛知県は1989年5月に豊田市 - 名古屋市緑区間の都市計画決定を行なった[49]。さらに1991年8月には弥富 - 大府市間(名古屋港横断区間を含む)の都市計画変更を実施し、こちらも第二東名、第二名神に準じる規格に変更された[注釈 2][50]。これらの決定を受けて道路規格は第1種第2級、設計速度を100 km/h、道路幅員31 mとし、特に名古屋環状2号線専用部の重複区間(名四東IC - 西2区IC)については、従来の都市高速道路並みの道路規格(第2種第1級、設計速度80 km/h、道路幅員26.75 m)から大きく規格アップされた[51]

そして、1991年12月に開かれた国土開発幹線自動車建設議会(国幹審)で第二東名、第二名神は長泉 - 東海、飛島 - 四日市、亀山 - 城陽の3区間が基本計画路線から建設前提の整備路線に昇格した[52]。この内、豊田 - 四日市間は東海 - 飛島を除いた全区間で昇格、また、東海 - 飛島間も既に一般有料道路として事業化されていることから、実質的に伊勢湾岸道路の全区間が整備に向けて動き出すことになった[52]

ところで、1996年12月に開かれた国幹審で新たな基本計画が策定されることになり、その一環として1991年の整備路線指定から除かれた東海 - 飛島間のうち、東海から西に約4 km離れた地点(名古屋市内)までを第二東海自動車道に、さらに飛島から東に約3 km離れた地点(名古屋市内)までを近畿自動車道の基本計画区間に含めることになった[53]。これは安定した高速ネットワークの確保と大都市部における混雑解消等の観点から、国幹道に並行して一般国道の整備が急務である場合、両者の性格を併せ持つ一般国道自動車専用道路を建設して国幹道の整備を代替しようとするものである[53]。これによって高速自動車国道の採算性確保と、一般と高速の重複投資を避ける道路整備を目指すとしている[53]。基本計画への組み入れは予定路線1868 kmの中から886 kmを選んで策定し、東海 - 飛島間もその内の一路線である。基本計画への反映は1997年2月5日である[54][55]

なお、伊勢湾岸道路の名称は当初でこそ、豊田 - 四日市間の自動車専用道路の名称であったが、上述通り東海 - 飛島間を除いて第二東名、第二名神と融合されたことで、残った東海 - 飛島間のみが「伊勢湾岸道路」を襲名することになった[56]。同様の理由により、同区間は高速自動車国道としての事業化から取り残されたことから、一般国道自動車専用道路として残る結果となり、その前後で接続する第二東名、第二名神の法定速度とは異なる運用となることが問題となった。これについては後日、愛知県警察との協議により、一般国道区間に高速道路並みの規制をかけることで対応することになった[3][57]

高速道路としての開通以後編集

1998年3月、先行開通していた有料道路「名港西大橋」より以東の区間、名古屋南IC - 名港中央IC間が延伸開通したことで、ここに高速道路としての供用を見ることになった。東海IC以東は東京 - 名古屋間の第二東名路線として最初の開通区間で、当面は接続する伊勢湾岸道路、および将来開通する第二名神と合わせて「伊勢湾岸自動車道」の暫定路線名が付与されることになった[5][2]

2000年3月には飛島IC以西が開通して第二名神と接続された[58]。以後順次延伸の上、2004年12月に東名高速道路 豊田JCT - 東名阪自動車道 四日市JCT間が伊勢湾岸自動車道で連結された[59]。翌年3月には豊田東JCTまで延伸して[60]全線が開通した[61]。全線開通へのスピーディな工事が行なわれた理由の一つとして、2005年3月25日から愛知県で開催された2005年日本国際博覧会「愛・地球博」のアクセス道路確保という事情があった[62]。結果的に、国際博覧会開催の6日前に全線開通し、豊田東JCTで東海環状自動車道と接続することになった。

2016年2月には豊田東JCTで新東名高速道路と接続され、かつて第二東名として先行開通した豊田 - 東海間と一体的に運用されることとなった[63]

年表編集

  • 1967年昭和42年)7月 : 中部圏基本開発整備計画の施設案に第二名四道路の整備構想が掲げられた[18]
  • 1969年(昭和44年) : 幹線道路整備計画調査の一環として川越 - 飛島間および名古屋港横断区間の予備設計開始[64]
  • 1973年(昭和48年) : 伊勢湾岸道路調査が大規模特殊事業調査として取り上げられる[21]
  • 1975年(昭和50年) : 名四東IC - 東海の路線予備設計開始[65]
  • 1976年(昭和51年) : 路線予備設計が豊田 - 四日市間の第二名四国道全線に及ぶ[65]
  • 1979年(昭和54年)8月10日 : 東海 - 西2区間(名古屋環状2号線海上部)が都市計画決定。道路規格第2種第1級、設計速度80 km/h[51]
  • 1982年(昭和57年)
    • 3月5日 : 建設相の諮問機関、道路審議会が第二東名、第二名神の建設を提言[66]
    • 11月5日 : 新都市計画法に基づき名四東IC - 東海間の都市計画変更。道路規格第2種第1級、設計速度60 km/h[51]
  • 1985年(昭和60年)3月20日 : 金城ふ頭 - 西2区間の有料道路(名港西大橋)が暫定2車線で開通[36]
  • 1987年(昭和62年)
  • 1988年(昭和63年)2月 : 西2区 - 弥富間の都市計画決定。道路規格第1種第3級、設計速度80 km/h[51]
  • 1989年平成元年)
    • 1月31日 : 第28回国土開発幹線自動車道建設審議会で第二東名、第二名神が基本計画への組み入れが決定[47]
    • 5月26日 : 豊田 - 名四東間の都市計画決定。道路規格第1種第2級、設計速度100 km/h[51]
  • 1990年(平成2年)12月 : 長島 - 四日市間の都市計画決定。道路規格第1種第2級、設計速度100 km/h[70]
  • 1991年(平成3年)
    • 8月28日 : 名四東IC(大府) - 弥富間の都市計画変更。名古屋環状2号線専用部の位置付けから伊勢湾岸道路の規格に変更。道路規格第1種第2級、設計速度100 km/h[注釈 3][51][71]
    • 12月3日 : 第29回国土開発幹線自動車道建設審議会で第二東名の長泉 - 東海間[54]、第二名神の飛島 - 四日市間[55]の整備計画が決定[52]
  • 1993年(平成5年)
    • 7月20日 : 名港西大橋二期線が一般有料道路として事業許可[72]
    • 11月19日 : 豊田JCT - 東海IC間と飛島IC - 四日市JCT間に施行命令を下す[54][55][70]
  • 1997年(平成9年)
    • 2月5日 : 第30回国土開発幹線自動車道建設審議会で基本計画路線に東海 - 飛島間(一般国道自動車専用道路)を組み入れ[54][55][53]
    • 10月1日 : 東海 - 飛島間の一般国道302号を自動車専用道路に指定[73]
  • 1998年(平成10年)3月30日 : 名古屋南IC - 名港中央IC間が開通[74] 。ただし、大府IC - 名古屋南ICは下り線のみ開通(東海IC上り入口、大府IC下り出口と上り入口は未供用)[75]。名港中央IC - 飛島IC間(名港西大橋)が6車線化。
  • 2000年(平成12年)3月25日 : 飛島IC - 湾岸弥富IC間が開通[76][58]
  • 2001年(平成13年)3月30日 : 名古屋南IC - 大府IC間の上り線が開通[77]
  • 2002年(平成14年)3月24日 : 湾岸弥富IC - みえ川越IC間が開通[78]
  • 2003年(平成15年)
    • 3月15日 : 豊田東IC - 豊田JCT間が暫定4車線で開通し、東名高速道路と接続[79][注釈 4]
    • 3月21日 : みえ川越IC - 四日市JCT間が開通し、東名阪自動車道と接続[80]
    • 3月23日 : 豊明IC - 名古屋南IC間が開通し、同時に名古屋南JCTが供用して名古屋高速3号大高線と接続[81]
    • 12月25日 : 豊田南IC - 豊明IC間が開通し、大府ICの豊田JCT方面出入口が供用開始[82]
  • 2004年(平成16年)
    • 12月4日 : 刈谷PA(刈谷ハイウェイオアシス)が供用開始[83]
    • 12月12日 : 豊田JCT - 豊田南IC間が開通[59]
  • 2005年(平成17年)3月19日 : 豊田東JCT - 豊田東IC間が暫定4車線で開通し[60]、豊田東JCTで東海環状自動車道と接続。これに伴い伊勢湾岸自動車道が全線開通[61]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月20日 : 名古屋南JCTで名古屋第二環状自動車道と接続[84]
    • 11月19日 : 東海JCTで名古屋高速4号東海線と接続[85]
  • 2016年(平成28年)
    • 2月13日 : 豊田東JCTで新東名高速道路と接続[86]
    • 8月11日 : 四日市JCTで新名神高速道路と接続[87]

路線状況編集

車線・最高速度編集

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最低速度 最高速度
大型貨物
三輪牽引
左記を除く車両
豊田東JCT - 豊田JCT
(高速自動車国道)
8=4+4 50 km/h
(法定)
80 km/h
(法定)
100 km/h
(法定)
豊田JCT - 東海IC
(高速自動車国道)
6=3+3
東海IC - 飛島IC
(自動車専用道路)
50 km/h
(指定)
80 km/h
(指定)
100 km/h
(指定)
飛島IC - 四日市JCT
(高速自動車国道)
50 km/h
(法定)
80 km/h
(法定)
100 km/h
(法定)

全線にわたり片側3車線の6車線構造で最高速度は100km/hとなっているが、みえ川越IC付近や豊明IC付近は半径500m級のカーブがある[要出典]。また、豊田東JCT - 豊田JCT間は暫定的に片側2車線の暫定4車線となっていたが、新東名高速道路の開通に伴い8車線化された。

東海IC - 飛島IC間は一般有料道路であるため、最低速度、大型貨物等・三輪・牽引の最高速度、それ以外の車種の最高速度の各規制標識が3つ連なって設置されている。

高速自動車国道として全線が最高速度100km/hで供用されている路線である。

道路施設編集

サービスエリア・パーキングエリア編集

伊勢湾岸道ではサービスエリア (SA) は設けられておらず、刈谷パーキングエリア (PA) と湾岸長島PAの2つのパーキングエリアがある。どちらも売店とレストラン(刈谷PAのレストランは隣接するハイウェイオアシス内)があり、ガソリンスタンドが刈谷PAに設置されている。24時間営業は、刈谷PAのガソリンスタンドと刈谷PAのハイウェイオアシス内にあるサークルKのみ。いずれも中日本エクシスとは一切関係ない。

主な橋編集

環境対策編集

   
画像左 : 東海IC付近の遮音壁は先折れ式の高層遮音壁を採用。
画像右 : 左画像の区間を市街地より臨む。住宅街に隣り合うため騒音レベルを基準値以下に押さえ込んでいる(東海市名和町)。

伊勢湾岸自動車道は住宅密集地帯を通過することで、騒音対策の遮音壁を必要に応じて設置している。この内、第二東名として当時最も早く開通する見込みの東海市、大府市では、環境アセスメントを実施のうえ、場所によっては環境保全目標の50ホンを上回ることが明らかとなった。このことから、先折れ式の高層遮音壁(高さ8 m)を連続設置して目標値以下に押さえ込むことになった。これは地元住民を対象とした説明会で明らかにされた[88][89]

後年開通した豊明IC - 名古屋南JCT間では、日本道路公団と民間会社で共同開発した「分岐型遮音壁」を採用し、高さを4割、コストを2割以上押さえ込んだ。これは遮音壁の先端をトナカイの角のように左右に分岐させることで、音の多重回帰、相互干渉作用を生じさせることで騒音を低減するものである[90]

料金編集

豊田東JCT - 東海IC間および飛島IC - 四日市JCT間
高速自動車国道・普通区間 - 普通車の料率は消費税抜き24.6円/km。
東海IC - 飛島IC間
一般有料道路 - 全線利用の場合、普通車870円
消費税率5%当時の全線料金(普通車)は850円であった。これから消費税抜きの料率を逆算して求めると、ターミナルチャージ150円があるものとした場合は108.1円/kmとなる。2014年4月から当面10年間ETC限定で、本州四国連絡道路海峡部および東京湾アクアラインの料金水準がこの値にまで引き下げられることになった[91]

割引編集

伊勢湾岸道路と高速国道との連続利用割引
東海IC - 飛島IC間の一般有料道路部分全線を利用し、かつ、接続する高速国道と連続利用する場合、普通車150円引き[注釈 5]ETCでなくとも適用されるため、料金検索では本割引適用後の額を通常料金として表示している。ETC時間帯割引障害者割引は、本割引適用後の料金に対して重複適用する。
特別区間割引 《終了》
「高速道路の有効活用・機能強化」の一環で、高速道路利便増進事業を活用して2009年(平成21年)5月13日開始。ETC車に限り30%引き。割引後料金は24捨25入により50円単位に端数処理を行う。時間帯割引の重複適用はしないが、上記連続利用割引は重複適用する(連続利用割引を先に適用)。2014年3月31日限りで終了した。
また、並行する名四国道国道23号)の木曽川大橋揖斐長良大橋で工事による車線規制が行われる場合、迂回利用のために、みえ川越IC - 飛島IC間の相互間の利用に限り50%引きになった(2007年7月25日 - 同年10月12日2009年10月1日 - 2010年4月13日及び2010年10月1日 - 2011年3月25日に実施。ETCでなくても適用。時間帯割引の重複適用はなし)[92][93][94]

交通量編集

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
豊田東JCT - 豊田東IC 17,256 25,089 25,302
豊田東IC - 豊田JCT 29,931 39,517 41,737
豊田JCT - 豊田南IC 42,290 73,661 88,144
豊田南IC - 豊明IC 43,572 72,804 89,213
豊明IC - 名古屋南JCT/IC 46,839 74,850 100,856
名古屋南JCT/IC - 大府IC 47,073 72,095 101,019
大府IC - 東海JCT/IC 46,640 71,183 83,133
東海JCT/IC - 名港潮見IC 52,439 76,137 92,444
名港潮見IC - 名港中央IC 55,082 78,838 95,284
名港中央IC - 飛島IC 56,624 82,259 97,245
飛島IC - 湾岸弥富IC 41,594 69,189 80,488
湾岸弥富IC - 弥富木曽岬IC 38,244 64,891 76,249
弥富木曽岬IC - 湾岸長島IC 39,900 71,396 78,550
湾岸長島IC - 湾岸桑名IC 37,858 69,634 76,169
湾岸桑名IC - みえ川越IC 31,977 61,156 69,272
みえ川越IC - みえ朝日IC 25,933 48,416 59,055
みえ朝日IC - 四日市JCT 27,398 50,314 60,802

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

伊勢湾岸道・新名神高速道路の開通に伴う交通量の変化 (PDF)

渋滞編集

名港トリトンのみが開通した当初は交通量が少なく、無駄な公共事業の代表例として取り上げられたこともある。2004年12月に実質的な全線開通(豊田JCT - 四日市JCT)[70]を果たし、伊勢湾岸道を介して東名 - 東名阪道が連絡されてからは交通量が大幅に増加した(2004年度の通行台数は2583.4万台と、前年比1151.4万台増であり、これは全ての高速自動車国道の中でも最大の増加量であった)[95]。伊勢湾岸道が全通する以前は豊田 - 四日市の移動は名古屋ICから東名阪道(現在の名二環)や名古屋高速を利用する必要があり、伊勢湾岸道の全通で名古屋市中心部の渋滞も若干緩和された。さらに、2008年(平成20年)2月には新名神亀山JCT - 草津JCT間が部分開通したことで、東京・静岡方面と関西方面を行き来する車両の多くが東名・名神ルートから新名神ルートにシフトし、交通量が更に増加した。

2016年現在では交通量は非常に多く、朝夕や土休日の東名阪道四日市IC付近の渋滞が激しい場合には四日市JCTを過ぎて伊勢湾岸道まで伸びてくることがある。また、平日の朝には飛島IC出口で渋滞する事もある。このほか、東名上り岡崎IC付近を先頭とする渋滞豊田JCTを過ぎて伊勢湾岸道に伸びることもあったが、2016年2月に新東名が開通したことで減少傾向にある。[要出典]

道路管理者編集

ハイウェイラジオ編集

  • 豊田南(豊田JCT - 豊田南IC)
  • 刈谷(豊田南IC - 豊明IC)
  • 豊明(豊明IC - 名古屋南IC)
  • 名港潮見(東海IC - 名港中央IC)
  • 湾岸桑名(湾岸長島IC/PA - 湾岸桑名IC)
  • 朝日(みえ川越IC - みえ朝日IC)

所管警察編集

地理編集

通過する自治体編集

接続する高速道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『第3次愛知県地方計画』で名阪国道と称する道路は「東名阪道路」として調査中の高速道路のことである。なお『名古屋市将来計画/基本計画』1969年3月発行、60頁では「名阪高速道路」と称している。
  2. ^ 『愛知県公報』第404号、愛知県告示第785号、同786号、同787号、831頁。関係図書は愛知県庁で閲覧可。
  3. ^ 『愛知県公報』第404号、愛知県告示第785号、同786号、同787号、831頁。関係図書は愛知県庁で閲覧可。
  4. ^ 当時の豊田東ICは東名高速道路のインターチェンジだった。
  5. ^ 他の車種の割引額は、軽自動車等100円、中型車150円、大型車250円、特大車350円。

出典編集

  1. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年2月28日閲覧。
  2. ^ a b c 鈴木裕二 1998, pp. 74–75.
  3. ^ a b c d “1ヵ所で最大13個・・・運転ご用心 伊勢湾岸「標識」道路? 高速と接続し「規制」強化”. 朝日新聞(名古屋本社) 朝刊. (1998年3月4日) 
  4. ^ 平野實 1997, pp. 66–67.
  5. ^ a b c 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 2.
  6. ^ a b “人・モノ・情報の交流促進をめざして 高規格幹線道路&地域高規格道路”. 愛知県 建設部 道路建設課. (2012年4月). (パンフレットのためページ数なし・愛知県図書館蔵)
  7. ^ 道路法令研究会 2015, pp. 506, 509, 537.
  8. ^ 名古屋港開港百年史編さん委員会 2008, pp. 340-341.
  9. ^ イカロス出版 2011, p. 30.
  10. ^ “名港中央大橋と東大橋 民活の最重点事業に 愛知県など絞る 東海環状道などの海上路”. 中日新聞 朝刊: p. 1. (1986年2月10日) 
  11. ^ “愛称は「トリトン」に”. 中日新聞朝刊: p. 22. (1997年7月21日) 
  12. ^ 伊勢湾岸自動車道 (豊田JCT〜四日市JCT) 事後評価(案) (PDF)”. 中日本高速道路株式会社. p. 8. 2017年2月18日閲覧。
  13. ^ スマートインターチェンジの新規事業化、準備段階調査の箇所を決定 〜高速道路の有効利用や地域経済の活性化に向けて〜 (PDF)”. 国土交通省道路局 (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
  14. ^ 名古屋環状2号線 2020年度に名古屋西JCT〜飛島JCT(仮称)が開通”. 国土交通省中部地方整備局・中日本高速道路株式会社 (2017年7月28日). 2017年7月28日閲覧。
  15. ^ 『第3次愛知県地方計画』第3次愛知県地方計画委員会 、1970年1月、付録図面。(愛知県図書館蔵)
  16. ^ a b c 建設省 中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, pp. 300-301.
  17. ^ 伊藤順夫 1977, p. 79.
  18. ^ a b 『中部圏基本開発整備計画の施設計画に掲げる施設の例示』昭和42年7月、1頁(愛知県図書館蔵)
  19. ^ 総務局企画部企画課 1969, p. 60.
  20. ^ 第3次愛知県地方計画委員会 1970, p. 238.
  21. ^ a b c 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 281.
  22. ^ a b 25年誌編さん委員会 1975, pp. 672-673.
  23. ^ 『人・モノ・情報の交流促進をめざして 高規格幹線道路&地域高規格道路』愛知県 建設部 道路建設課、2012年4月(パンフレットのためページ数なし・愛知県図書館蔵)
  24. ^ 山本邦夫・久賀英男・和田実 1974, p. 25.
  25. ^ 建設省 中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, pp. 299-300.
  26. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 282.
  27. ^ 藤本豊明・足立義雄・水野英男 1976, p. 393.
  28. ^ 建設省中部地方建設局 1987, p. 282.
  29. ^ a b 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 286.
  30. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 290.
  31. ^ 25年誌編さん委員会 1975, p. 491.
  32. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, pp. 283 - 284.
  33. ^ a b 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 3.
  34. ^ 建設省中部地方建設局 1987, p. 286.
  35. ^ 名港西大橋編集委員会 1986, p. 7.
  36. ^ a b “輸入博 舞台は出来た 名港西大橋 待望の開通 世界最長の斜張橋”. 中日新聞 夕刊: p. 1. (1985年3月20日) 
  37. ^ 25年誌編さん委員会 1975, pp. 727 - 728.
  38. ^ a b “「第2東名・名神」実現を 愛知県が国に働き掛け 四全総組入れ目指す あす議会で説明”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1987年3月1日) 
  39. ^ “第2東名・名神は必要 衆院委で建設政務次官 将来の需要に対応”. 中日新聞朝刊: p. 2. (1986年2月13日) 
  40. ^ a b “伊勢湾岸道 含めたい 第二東名愛知ルート 鈴木知事談”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1987年4月9日) 
  41. ^ a b “中部の21世紀戦略 四全総試案から(上)/分散の動脈 第二東名軸に道路網整備”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1987年5月30日) 
  42. ^ a b c “名港中央・東大橋に事業許可 72年度開通めざす”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1987年11月21日) 
  43. ^ “第二名神を三重に 田川知事が表明 伊勢湾岸道 利用を”. 中日新聞夕刊: p. 2. (1988年5月31日) 
  44. ^ “第二東名ルートの一部 伊勢湾岸道あてる 建設相表明”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1988年6月8日) 
  45. ^ “第2東名・名神 全ルート固まる 御殿場以東と栗東以西 拡幅し当面供用”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1988年6月10日) 
  46. ^ “伊勢湾岸道路の愛知県内ルート決まる 東部区間の4インターも”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1988年9月10日) 
  47. ^ a b c “第2東名・名神を優先建設 基本計画に昇格 審議会決定”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1989年2月1日) 
  48. ^ 名古屋港開港百年史編さん委員会 2008, pp. 340 - 341.
  49. ^ “伊勢湾岸道の東部区間 都市計画決定へ 愛知県審議会”. 中日新聞朝刊: p. 25. (1989年5月10日) 
  50. ^ “名古屋高速1号 2.8キロをトンネル化 都市計画変更の知事案を発表 場所により幅員拡大 伊勢湾岸道路”. 中日新聞 朝刊: p. 18. (1991年4月27日) 
  51. ^ a b c d e f 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, p. 302.
  52. ^ a b c “第2東名・名神 整備路線に昇格 高速道路建設で国幹審決定 93年春にも着工 21世紀初頭完成めざす”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1991年12月3日) 
  53. ^ a b c d 建設省道路局高速国道課 1997, pp. 32-35.
  54. ^ a b c d 日本道路公団(年報H15) 2003, p. 135.
  55. ^ a b c d 日本道路公団(年報H15) 2003, p. 145.
  56. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 1.
  57. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 328.
  58. ^ a b “伊勢湾岸自動車道 飛島 - 弥富間が開通”. 中日新聞 夕刊: p. 10. (2000年3月25日) 
  59. ^ a b “豊田JCT - 豊田南が開通 伊勢湾岸道”. 中日新聞 朝刊: p. 22. (2004年12月14日) 
  60. ^ a b 東海環状自動車道と伊勢湾岸自動車道の開通式の開催について 〜名古屋都市圏の環状道路の東側半分(総延長76km)が開通!〜”. 国土交通省 中部地方整備局/日本道路公団 中部支社 (2005年3月17日). 2005年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月18日閲覧。
  61. ^ a b 新名神高速道路四日市JCT〜新四日市JCT 東海環状自動車道新四日市JCT〜東員IC間が 8月11日(木:祝)15時に開通 (PDF)”. 国土交通省 中部地方整備局/中日本高速道路株式会社. p. 5 (2016年7月15日). 2017年2月18日閲覧。
  62. ^ 日本道路公団中部支社 2003, p. 42.
  63. ^ 中日本高速道路(株)名古屋支社建設事業部企画統括チーム 2016, pp. 80-83.
  64. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 283.
  65. ^ a b 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, p. 304.
  66. ^ “高速道1万キロ整備を 21世紀への道路づくり 審議会が提言 第二東名、名神の建設も”. 中日新聞朝刊: p. 2. (1982年3月6日) 
  67. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. p. 3 (1987年6月). 2018年1月18日閲覧。
  68. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. p. 142 (1987年6月). 2017年2月14日閲覧。
  69. ^ 法律第八十三号(昭六二・九・一)”. 衆議院. 2017年2月14日閲覧。
  70. ^ a b c 伊勢湾岸自動車道 (豊田JCT〜四日市JCT) 事後評価(案) (PDF)”. 中日本高速道路株式会社. p. 5. 2017年2月18日閲覧。
  71. ^ “名古屋高速1号 2.8キロをトンネル化 都市計画変更の知事案を発表 場所により幅員拡大 伊勢湾岸道路”. 中日新聞朝刊: p. 18. (1991年4月27日) 
  72. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 475.
  73. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 477.
  74. ^ “「名港トリトン」が直結 名古屋南 - 飛島開通パレード”. 朝日新聞(名古屋本社) 夕刊. (1998年3月30日) 
  75. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 319.
  76. ^ “伊勢湾岸道が延伸へ”. 中日新聞 朝刊: p. 26. (1999年12月18日) 
  77. ^ “伊勢湾岸道一部開通”. 中日新聞 朝刊: p. 33. (2001年3月28日) 
  78. ^ “湾岸弥富 - 川越開通 伊勢湾岸道 23号より45分短縮”. 中日新聞 朝刊: p. 3. (2003年3月25日) 
  79. ^ “第二東名 渋滞緩和に期待 豊田東IC - 豊田JCT開通”. 中日新聞 朝刊: p. 20. (2003年3月16日) 
  80. ^ “伊勢湾岸道 車250台通り初め 四日市 関係者ら開通祝う”. 中日新聞 朝刊: p. 21. (2003年3月21日) 
  81. ^ “豊明 - 名古屋南が開通 伊勢湾岸自動車道 各高速ともつながる”. 中日新聞 朝刊: p. 24. (2003年3月24日) 
  82. ^ “伊勢湾岸道 豊明 - 豊田南間が開通 豊田市 - 名古屋港 所要時間20分短縮”. 中日新聞 朝刊: p. 3. (2003年12月26日) 
  83. ^ “着々完成 第二東名 刈谷ハイウェイオアシス 豊田南IC→豊田JCT 記念イベントにぎわう”. 中日新聞 朝刊: p. 24. (2004年12月5日) 
  84. ^ 3月20日に名古屋第二環状自動車道 名古屋南JCT〜高針JCTと国道302号が開通します”. 国土交通省中部地方整備局/中日本高速道路株式会社 (2011年1月13日). 2017年2月18日閲覧。
  85. ^ 名古屋高速道路(高速4号東海線 木場〜東海JCT間)が開通します”. 中日本高速道路株式会社 (2011年10月14日). 2017年2月18日閲覧。
  86. ^ 新東名高速道路 浜松いなさJCT〜豊田東JCTが2月13日(土)15時に開通します。”. 中日本高速道路株式会社 (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。
  87. ^ 新名神高速道路四日市JCT〜新四日市JCT 東海環状自動車道新四日市JCT〜東員IC間が 8月11日(木:祝)15時に開通 (PDF)”. 国土交通省 中部地方整備局/中日本高速道路株式会社. pp. 1-2 (2016年7月15日). 2017年2月18日閲覧。
  88. ^ “遮音壁を設置 伊勢湾岸道路 東海市で地元説明会”. 中日新聞朝刊: p. 16. (1990年11月15日) 
  89. ^ “大府住民に理解求める 伊勢湾岸道路問題 環境アセス結果説明”. 中日新聞朝刊: p. 16. (1990年11月10日) 
  90. ^ 日本道路公団中部支社 2003, pp. 40-41.
  91. ^ 新たな高速道路料金について (PDF)”. 東日本高速道路(株)/中日本高速道路(株)/西日本高速道路(株) (2014年3月14日). 2015年5月16日閲覧。
  92. ^ 伊勢湾岸自動車道「みえ川越IC〜飛島IC間」の通行料金割引を10月12日に終了します -一般国道23号の橋梁補修工事車線規制に伴う料金割引-”. 中日本高速道路株式会社 (2007年10月5日). 2017年2月18日閲覧。
  93. ^ 伊勢湾岸自動車道「みえ川越IC〜飛島IC間」の通行料金割引を4月13日で終了します -国道23号の橋梁補修補強工事に伴う料金割引-”. 中日本高速道路株式会社 (2010年4月5日). 2017年2月18日閲覧。
  94. ^ 伊勢湾岸自動車道 みえ川越IC〜飛島IC間の料金割引を3月25日で終了します -国道23号の橋梁補修補強工事に伴う規制解除のため-”. 中日本高速道路株式会社 (2011年3月17日). 2017年2月18日閲覧。
  95. ^ 正井泰夫/監修 成美堂出版編集部/編集 2006, p. 73.
  96. ^ 高速隊の所在地及び管轄路線”. 愛知県警察本部. 2017年2月18日閲覧。
  97. ^ 高速道路交通警察隊の運営に関する訓令 (PDF)”. 三重県警察本部長 松井三郎. p. 3. 2017年2月18日閲覧。

参考文献編集

  • 25年誌編さん委員会 『中部地建のあゆみ 25年誌』 建設省中部地方建設局、1975年3月1日
  • 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 『二十年のあゆみ』 名四国道工事事務所、1980年3月
  • 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 『三十年のあゆみ』 名四国道工事事務所、1989年10月
  • 建設省中部地方建設局 『35年のあゆみ』 名古屋国道工事事務所、1987年12月
  • 名港西大橋編集委員会 『名港西大橋工事誌』 日本道路公団名古屋建設局、1986年3月15日 
  • 『伊勢湾岸道路工事誌』・『伊勢湾岸道路写真集』は三重県立図書館で閲覧可(閉架)
    • 伊勢湾岸道路編集委員会 『伊勢湾岸道路工事誌』 日本道路公団名古屋建設局 伊勢湾岸道路工事事務所、1998年3月 
    • 伊勢湾岸道路編集委員会(写真集) 『伊勢湾岸道路写真集』 日本道路公団名古屋建設局 伊勢湾岸道路工事事務所、1998年3月 
  • 名古屋港開港百年史編さん委員会 『名古屋港開港100年史』 名古屋港管理組合2008年3月
  • 愛知県 建設部 道路建設課 『人・モノ・情報の交流促進をめざして 高規格幹線道路&地域高規格道路』、2012年4月。(パンフレットのためページ数なし・愛知県図書館蔵)
  • 道路法令研究会 『道路法令総覧 平成28年版』 ぎょうせい2015年10月、506, 509, 537頁。ISBN 978-4-324-10011-0
  • 正井泰夫/監修 成美堂出版編集部/編集 『今がわかる時代がわかる日本地図 2006年版』、2006年1月10日、73頁。ISBN 978-4-415-10231-3
  • 鈴木裕二「施工研究 第二東名・名神高速道路の橋梁新技術 豊田JCT〜四日市JCT」、『土木施工』第39巻第1号、山海堂、1998年1月1日、 74-75頁。
  • 中日本高速道路(株)名古屋支社建設事業部企画統括チーム「新東名開通(浜松いなさJCT~豊田東JCT)」、『土木施工』第57巻第4号、山海堂、2016年4月1日、 80-83頁。
  • 古郷誠「名港(中央・東)上部工の設計概要」、『橋梁』第28巻第9号、橋梁編纂委員会、1992年9月、 31-39頁。
  • 平野實「伊勢湾岸道路の事業展開」、『橋梁』第33巻第1号、橋梁編纂委員会、1997年1月、 66-67頁。
  • 建設省道路局高速国道課「第30回国土開発幹線自動車道建設審議会について」、『高速道路と自動車』第40巻第2号、公益財団法人高速道路調査会、1997年2月、 32-35頁。
  • 日本道路公団中部支社「伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道の開通区間概要」、『高速道路と自動車』第46巻第5号、公益財団法人高速道路調査会、2003年5月、 39-43頁。
  • 『技術報告会資料』は愛知県図書館で閲覧可(閉架)
    • 山本邦夫・久賀英男・和田実「伊勢湾岸道路計画について」、『第23回 技術報告会資料 道路編』、建設省中部地方建設局、1974年8月、 25-39頁。
    • 藤本豊明・足立義雄・水野英男「大型ケーソンの施工計画と揚水試験」、『第25回 技術報告会資料 道路編』、建設省中部地方建設局、1976年7月、 393-406頁。
    • 伊藤順夫「伊勢湾岸道路名古屋港横断部の計画について」、『第26回 技術報告会資料 道路編』、建設省中部地方建設局、1977年7月、 79-86頁。
  • 日本道路公団(年報H15) 『日本道路公団(JH)年報 平成15年版』 日本道路公団、2003年11月
  • 総務局企画部企画課 『名古屋市将来計画/基本計画』 名古屋市、1969年3月
  • 第3次愛知県地方計画委員会 『第3次愛知県地方計画』 愛知県、1970年1月
  • イカロス出版 『東名高速をゆく』〈イカロスMOOK〉、2011年8月29日ISBN 978-4-86320-484-3 

関連項目編集

外部リンク編集