メインメニューを開く

大村 彦次郎(おおむら ひこじろう、1933年9月27日[1] - )は東京府出身の編集者、文芸評論家。

目次

経歴編集

東京市茅場町生まれ。日本橋区に育つ。1952年早稲田大学政治経済学部入学。『早稲田学報』編集部で記者を経験。編集部の1年先輩に高井有一、1年後輩に長部日出雄がいた[2]。文学部国文科学士入学し、1959年に卒業し、学部長谷崎精二の紹介で講談社に入社。

婦人倶楽部』編集部から出発し、『小説現代』編集長(1969年~[3])、『群像』の編集長(1973年~[4])。同社文芸出版部長、1980年から[5]文芸局長、1983年から[6]取締役文芸局長を歴任[7]。1991年退職[8]

在社中は、野坂昭如井上ひさし長部日出雄村上龍村上春樹などを文壇デビューさせ、池波正太郎仕掛人・藤枝梅安』、笹沢左保木枯し紋次郎』などを企画し成功させた。

のち講談社顧問、短歌研究社社長(1988年~2000年[9])に就いた。1987年、日本ペンクラブ理事[10]

1999年『文壇栄華物語』で第18回新田次郎文学賞受賞。2006年『時代小説盛衰史』で、第41回長谷川伸賞ならびに第19回大衆文学研究賞を受賞。

著書編集

  • 『文壇うたかた物語』 (筑摩書房、1995/ちくま文庫、2007)
  • 『文壇栄華物語』 (筑摩書房、1998/ちくま文庫、2009)
  • 『文壇挽歌物語』 (筑摩書房、2001/ちくま文庫、2011)
  • 『ある文藝編集者の一生』 (筑摩書房、2002/「文壇さきがけ物語」 ちくま文庫、2013)- 楢崎勤の評伝
  • 『文士の生きかた』 (ちくま新書、2003)
  • 『時代小説盛衰史』 (筑摩書房、2005/ちくま文庫(上下)、2012)
  • 『文士のいる風景』 (ちくま文庫、2006)- 文庫書き下ろし
  • 万太郎 松太郎 正太郎—東京生まれの文人たち』 (筑摩書房、2007)
  • 『東京の文人たち』 (ちくま文庫、2009)- 文庫書き下ろし
  • 荷風 夏彦がいた—昭和文人あの日この日』(筑摩書房、2010)

講師番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.445
  2. ^ 大村彦次郎『文壇うたかた物語』(筑摩書房、1995) pp.37-46
  3. ^ 朝日新聞人物データベース
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 朝日新聞人物データベース
  6. ^ 朝日新聞人物データベース
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  8. ^ 朝日新聞人物データベース
  9. ^ 読売人物データベース
  10. ^ 読売人物データベース