大村 純顕(おおむら すみあき)は、肥前国大村藩11代藩主。

 
大村純顕
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政5年11月5日1822年12月17日
死没 明治15年(1882年4月2日
改名 伊織・民部(幼名)、純顕
戒名 温厚懿翁日栄慈徳院
墓所 長崎県大村市本経寺
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
肥前大村藩
氏族 大村氏
父母 大村純昌福田頼之妹仙
兄弟 純鑑純徴純享純顕阿部正備
道純松平乗懿正室、相良長福正室、
高木正功小出英教孝純純熈
九鬼隆能室、植村家興
溝口直諒娘菊姫秋田肥季養女セイ
松前徳広婚約者、純一浅田安尚室、
大村泰室、岐丸、武純純熈
テンプレートを表示

生涯編集

文政5年(1822年)11月5日、第10代藩主・大村純昌の四男として玖島城で生まれる。天保7年(1836年)11月23日、父の隠居家督を継いだ。

職制改革・知行制改革、商業流通統制など、様々な藩政改革を行なったが、弘化3年(1846年)12月18日、病を理由に隠居する。家督は弘化4年(1847年)2月21日に同母弟で養子の純熈が継いだ。

明治15年(1882年)、純熈の後を追うように4月2日に死去した。享年61。

系譜編集