島津珍彦

日本の華族
島津珍彦
島津珍彦(明治2年(1869年)撮影)
島津斉彬が撮影したといわれる娘たちの写真。左が典子、中央と右は相次いで兄忠義の妻となった子と寧子

島津 珍彦(しまづ うずひこ、天保15年10月22日1844年12月1日) - 明治43年(1910年6月16日[1])は、幕末薩摩藩の藩主一門。明治期には華族男爵)に列し、侍従貴族院議員。

目次

生涯編集

島津久光の四男として薩摩国に生まれる。母は正室の千百子。最後の薩摩藩主島津茂久(忠義)の同母弟にあたる。名は紀寛→忠鑑→珍彦、通称は敬四郎→又次郎→周防→常陸→備後と変遷した。名の珍彦は記紀に登場する日本の神椎根津彦の別名である。

父の久光が島津家本家(薩摩藩主家)へ復帰したことに伴い、大隅重富を領有し、重富家を相続、忠鑑(ただあき)と名乗った。後珍彦に改名した。元治元年(1864年)の禁門の変をはじめとして、慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦い及び箱館戦争に従軍した。のちに照国神社宮司鹿児島県立中学造士館館長を歴任(中学造士館#鹿児島県立中学造士館の項も参照)。

1890年(明治23年)9月29日、貴族院多額納税者議員に任じられ[2]1897年(明治30年)7月、貴族院男爵議員に選出された[3]。明治43年(1910年)、糖尿病で没す。

家族・親族編集

妻は、伯父の薩摩藩主島津斉彬の四女・典子(のりこ)。2男3女がある[1]

家督は長男の壮之助(そうのすけ、1871年 - 1925年)が継いだ。長女・明子は島津久寛に嫁ぎ、離縁となったのち島津雄五郎(島津忠欽の長男)に再嫁した。次女・治子島津長丸の妻となり、昭和初期に皇后宮女官長を務めた。なお、久寛・雄五郎・長丸はいずれも珍彦の甥にあたり、久光から3代続けてのいとこ婚である。三女・孝子三菱財閥の4代目総帥・岩崎小弥太に嫁いでいるため、島津家三菱の創業者一族・岩崎家と姻戚関係で結ばれている。次男の久雄(純久)は大村武純男爵(大村純熈の弟)の養子となっている。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b 平成新修旧華族家系大成』上、p.739
  2. ^ 『官報』第2179号、明治23年10月2日。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』73頁。
  4. ^ 『官報』第3988号「叙任及辞令」1896年10月12日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。