大村 純熈(おおむら すみひろ)は、肥前国大村藩12代(最後の)藩主。

 
大村純熈
Oomura Sumihiro.jpg
大村純熈
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政13年11月21日1831年1月4日
死没 明治15年(1882年1月13日
改名 利純(初名)、純熈
別名 修理(通称
神号 建国勲彦命
墓所 東京都港区青山墓地
官位 従五位下丹後守従三位従二位
幕府 江戸幕府 長崎奉行
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
肥前大村藩
氏族 大村氏
父母 大村純昌福田頼之妹仙
大村純顕
兄弟 純鑑純徴純享純顕阿部正備
道純松平乗懿正室、相良長福正室、
高木正功小出英教孝純純熈
九鬼隆能室、植村家興
片桐貞信娘嘉庸子、きわ
隆子、大村純雄正室、知久子、純雄
テンプレートを表示

生涯編集

文政13年11月21日(1831年1月4日)、第10代藩主・大村純昌の十男として玖島城で生まれる。弘化3年(1846年)に兄で第11代藩主である純顕の養子となり、12月18日に兄が病気で隠居すると、弘化4年(1847年)2月21日に家督を継いだ。

蘭学に通じ、文武や学問を奨励した。文久2年(1862年)には平戸藩と同盟を結んでいる。幕末期は藩内で佐幕派尊王派が対立し、文久3年(1863年)に純熈が長崎総奉行に任じられると佐幕派が台頭した。しかし尊王派はこれに対して改革派同盟を結成し、元治元年(1864年)、純熈の長崎総奉行辞任により逆に尊王派が台頭した。

慶応3年(1867年)、改革派同盟の盟主である針尾九左衛門松林飯山らが暗殺されると、逆にこの「小路騒動」と呼ばれた闘争を契機に純熈は佐幕派を処罰し、藩論が一気に尊王倒幕へと統一され、在郷家臣団を含む倒幕軍が結成された。

以後、薩摩藩長州藩などと共に倒幕の中枢藩の一つとして活躍し、戊辰戦争では東北地方にまで出兵した。この功績により、明治2年(1869年)6月には賞典禄3万石を与えられ、版籍奉還により大村藩知事に任じられた。

明治4年(1871年)7月、廃藩置県で藩知事を辞職する。明治15年(1882年)1月、従三位に昇叙されたが、1月13日に死去した。享年53。明治36年(1903年)に従二位を追贈された。また、明治24年(1891年)には純熈の戊辰戦争時の功績を理由に大村家が子爵から伯爵とされた。

岩倉使節団編集

岩倉使節団長崎県出身の長岡治三郎(物理学者の長岡半太郎の父)、朝永甚次郎ノーベル物理学賞受賞者・朝永振一郎の祖父)と共に留学参加した。

系譜編集

参考文献編集