メインメニューを開く

大石 勝彦(おおいし かつひこ、1945年3月10日 - )は、山梨県甲府市[1]出身の元プロ野球選手。兄の大石正彦も元プロ野球選手[1]

大石 勝彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県甲府市太田町
生年月日 (1945-03-10) 1945年3月10日(74歳)
身長
体重
171 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手
プロ入り 1963年
初出場 1965年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

中学時代はエースピッチャーとして県大会優勝を経験。甲府商業高校ではエース、三番打者として、3年次の1963年夏の甲子園へ出場。1回戦で武雄高に大勝、2回戦では高橋博小川亨らのいた宮崎商を降し、山梨県勢初の3回戦に進出。しかしこの大会に優勝した明星高の堀川浩伸(法大)、和田徹のバッテリーに完封を喫する[1]。高校同期に右翼手雨宮捷年、2年下には控え投手堀内恒夫がおり、この大会では2試合に登板している。

1964年大洋ホエールズへ内野手として入団[1]1965年ジュニアオールスターに選出された。1967年の最終戦で一番打者、中堅手として先発出場を果たす(偵察要員としては前年に起用されている)。

1969年東映フライヤーズへ移籍し、外野手へ転向[1]1971年は自己最多となる65試合に出場。6月には一番打者、中堅手として先発で起用されるが、シーズン中に左膝を骨折したこともあり同年限りで現役引退[1]

引退後地元へ帰郷し自動車部品販売の会社を経営した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1965 大洋 10 7 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1966 9 2 2 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1967 9 6 5 3 1 0 1 0 3 0 1 1 0 0 1 0 0 1 0 .200 .333 .600 .933
1968 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1969 東映 30 5 5 6 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1970 24 4 4 5 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1971 65 25 23 11 4 0 0 0 4 1 4 3 0 0 2 0 0 4 1 .174 .240 .174 .414
通算:7年 150 50 46 27 5 0 1 0 7 1 10 6 1 0 3 0 0 13 1 .109 .163 .152 .315

背番号編集

  • 36 (1963年 - 1968年)
  • 28 (1969年 - 1971年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、95ページ

関連項目編集