メインメニューを開く

大船渡市立大船渡中学校

大船渡市立大船渡中学校(おおふなとしりつ おおふなとちゅうがっこう)は、岩手県大船渡市大船渡町字永沢にある市立中学校。通称「大中」(だいちゅう)。

大船渡市立大船渡中学校
過去の名称 大船渡町立大船渡中学校
国公私立 公立学校
設置者 大船渡市
設立年月日 1947年4月
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 022-0002
岩手県大船渡市大船渡町字永沢94番地1号

北緯39度3分11.7秒 東経141度43分4秒 / 北緯39.053250度 東経141.71778度 / 39.053250; 141.71778座標: 北緯39度3分11.7秒 東経141度43分4秒 / 北緯39.053250度 東経141.71778度 / 39.053250; 141.71778
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

大船渡市の中心部から少し離れた小高い丘に校舎が立地していて、市内を一望できる。昔は別の場所に校舎が建っていたが、移転して現在の場所に建設された。

「あいさつ運動」などに力を入れている。また、気仙地区で最初に「頭髪の自由化」がなされた学校で、そのときの記念の集会として「2・26集会」という生徒集会が毎年2月26日に行われている。

(この日を生活向上記念日としている。)

沿革編集

  • 1947年(昭和22年)4月 - 大船渡小学校に仮校舎を置き、大船渡町立大船渡中学校を開校。
  • 1950年(昭和25年)5月 - 同市大船渡町明神前に新校舎が完成。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 大船渡町が盛町、赤崎村、猪川村、立根村、日頃市村、末崎村と新設合併し、大船渡市となったのに伴い、大船渡市立大船渡中学校に改称。
  • 1984年(昭和59年)4月 - 永沢(ながいざわ)に鉄筋新校舎が完成。
  • 1984年(昭和59年)9月 - 日本陸上競技連盟により第5種競技場として認定される。
  • 1999年(平成11年)11月 - 県青少年育成県民会議により青少年の指導育成に貢献したとして大船渡中学校郷土芸能保存会が表彰を受ける。
  • 2011年(平成23年)3月 - 東日本大震災東北地方太平洋沖地震)が発生。高台にあった学校は津波を免れた[1]

部活動編集

  • 運動部
軟式野球部、バレーボール部、バスケットボール部、サッカー部、テニス部、卓球部、柔道部、陸上部、駅伝部(陸上部と駅伝部は期間限定)
  • 文化部
総合文化部、吹奏楽部

通学区域編集

  • 大船渡小学校の通学区域の全域
  • 大船渡北小学校の通学区域の全域

制服編集

主な卒業生編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集