金曜プレステージ

金曜プレステージ』(きんようプレステージ)は、2006年10月6日から2014年9月26日までフジテレビ系列で、毎週金曜日の21:00 - 22:52(JST)に放送されていた単発特別番組枠

金曜プレステージ
ジャンル 単発特別番組枠
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ(例外あり)[1][2][3][4]
出演者 (週替わり)
音声 副音声解説放送(デジタル放送はステレオ2音声)
ドラマ作品以外は基本的にステレオ放送だが、ドラマ作品である場合もステレオのみ放送する作品もある。
字幕 文字多重放送
オープニング 主題歌を参照。
外部リンク 金曜プレステージ
2006年10月から2008年4月4日まで
放送時間 金曜日 21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2006年10月6日 - 2008年4月4日
2008年4月11日から2009年2月27日まで
放送時間 金曜日 19:57 - 21:49(112分)
放送期間 2008年4月11日 - 2009年2月27日
2009年3月6日から2014年9月26日まで
放送時間 金曜日 21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2009年3月6日 - 2014年9月26日

特記事項:
2008年4月から2009年2月まで、放送時間は延長・変更の場合があった。
テンプレートを表示

1993年4月から始まった『金曜エンタテイメント』を、2006年10月6日から13年半ぶりに番組枠タイトルを変更した。枠タイトル変更後の第1弾は、片平なぎさ主演の人気シリーズ「赤い霊柩車」のシリーズ第21作を放送した。オープニングCGゴンゾが製作した。略称は、「金プレ」。2014年10月改編で当枠は『赤と黒のゲキジョー』に変更される。

目次

概要編集

番組では、前身の『金曜エンタテイメント』から引き続きサスペンスドラマをメインにバラエティやドキュメントなども放送するスタイルを踏襲。サスペンスの他にヒューマンドラマ、コメディードラマ、ドキュメンタリードラマ、ドキュメント、スポーツバラエティ企画[5]時代劇映画など、様々なジャンルの番組をこの枠で放送している。『土曜プレミアム』(土曜日21:00 - 23:10)との連携により、2夜連続放送の番組を編成することも可能としている。

放送開始以来、サスペンスドラマの本数は増減を繰り返している。2007年春頃からサスペンスドラマの放送は減ってきており、月1回程度にとどまっていた。一時増加傾向に転じたものの、2008年春の再編後は再び減少、秋改編からはほとんど放送されず。2009年3月からサスペンスが増えるが、2010年春以降は『カスペ!』(火曜日19:00 - 20:54)同様のバラエティ企画が増加するようになり、「カスペ!」で放送されてきたシリーズ(お笑い芸人王座決定戦スペシャルなど)が当枠で放送されるケースも多くなった。しかし2010年秋以降は再びサスペンスが増加に転じ、2011年4月からは、後述の春・夏・冬休み期間を除きほぼ毎週放送されるようになった。これ以降、ドラマについては前身枠の『金曜エンタテイメント』から続いていたコミカル路線な作風から本格ミステリーの作風に移り変わった。秋葉原通り魔事件以降、夏休みおよび年末年始、春休みの各期間内は、原則としてミステリー・ホラー・サスペンス等のドラマを放送しない処置が取られているが、夏休みに関しては、2011年より再び放送されるようになった。

ドラマ作品では原則として副音声での解説放送を実施(一部の作品ではステレオ放送のみ行うものがある)。放送中に表示する断り書きのテロップは、アナログ放送では北海道の一部地域で民放各局の音声多重放送が実施されていないため各放送局別で表示されるが、デジタル放送では北海道内のすべての地域で受信できるため、送出局のフジテレビから「字幕/解説放送」と表示。なお、2011年5月6日5月7日の2夜連続「浅見光彦・棄霊島」は2日間とも解説放送が行われる(土曜プレミアムとしては初の解説入り放送となる)。

2014年10月3日からは『赤と黒のゲキジョー』に改題。『男と女のミステリー』以来、23年半ぶりに金曜を冠さないタイトルとなる[6]

放送時間繰り上げ・差し戻し編集

2008年4月改編で、放送時間を1時間3分繰り上げた(19:57 - 21:49)。これに伴い、FNNニュース(21:49 - 21:55、関東地方は『FNNレインボー発』)を挟んで、22時台は2008年の正月特番で好評だったクイズ&ゲーム番組一攫千金!日本ルー列島』(21:55 - 22:52)を放送。なお、20時台・21時台の時間帯にフジテレビが金曜日単発枠編成にするのは、1984年9月終了の『金曜ファミリーワイド』以来、23年半ぶりとなる。

編成直後の視聴率は21時開始時代を下回る水準であった。編成によっては以前のように21時から放送されることもあった。結局、11か月後の2009年3月6日より元の時間帯(21:00 - 22:52)へ戻った。4月改編で番組名を『金曜プレミアム』に変更される予定という報道[7]があったが、番組名は変更されないことになった。しかし2015年春の改編で、先述の『赤と黒のゲキジョー』が『金曜プレミアム』に改題するため、6年越しで改題が実現する事となる。

2017年1月27日から『金曜プレミアム』が、金曜20時台の『ダウンタウンなう』の放送時間繰り下げに伴い、2009年2月以来、7年11ヶ月ぶりに19:57 - 21:49に再び繰り上げられた。[8]

放送時間の変遷編集

下記放送時間は、基本放送時間であり、放送作品や内容によって拡大することもある。

  • 開始 - 2008年4月4日: 21:00 - 22:52(第1期)
  • 2008年4月11日 - 2009年2月6日: 19:57 - 21:49
    サスペンスなどのドラマを放送する場合、19:57からの30秒間は、その日の見どころを放送し、19時57分30秒から2分半はCMが流され、実質20時から本編開始になるよう編成されていた。
    19:00 - 20:54(19:00 - 21:24の場合あり)が、スポーツ中継や期首特番を放送する場合は、従前の時間帯と同じ21:00 - 22:52に編成(場合によっては遅延することもある)。それにより、FNNニュース枠は20:54に放送、22時台の『一攫千金!日本ルー列島』は休止。
    19時台と統合したり(みのもんた司会の『独占!金曜日の告白』など)、22時台と統合する(この場合、FNNニュースは番組内で放送)などバリエーションがある。
    2009年2月6日で19時台の『トキめけ!ウィークワンダー』と22時台の『ルー列島』が共に打ち切り、「プレステージ」も翌週から3週間休止。
  • 2009年3月6日: 21:00 - 22:52(第2期)
  • その後の4月改編(開始日は5月1日)では『ペケ×ポン』(19:00 - 19:57)・『ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ』(19:57 - 20:54)[9]を編成。

『ルー列島』の19:57から3時間スペシャルを放送する場合と『ホンネの殿堂!!』の19:00から4時間スペシャルを放送する場合、「プレステージ」は休止(枠タイトル外し)となる。

番組オープニングCG編集

  • 2006年10月6日 - 2009年6月、ゴンゾ
    • 2世代前の『金曜エンタテイメント』時代の初代と2代目の2つの夜景のCGの続編ともいえるようなCGであった。
    • 番組主題歌が流れ、その主題歌名と歌手名をクレジットしていた。
  • 2009年7月 - 番組終了
    • これを機にタイトルロゴを変更。
    • オープニングCGは5秒程のものに縮小され、提供クレジットを表示せずに本編を開始する形態に変更。BGMも独自のもののみとなり、番組主題歌名、歌手名のクレジットも表示されなくなる。
    • 提供クレジットは最初のCMに入る前に表示され、提供読みの冒頭も「ここからは~」に変更された。
    • 同時に前半枠の提供スポンサーによる後クレジット、ヒッチハイクCMの後に来週の予告を15秒間放送するようになった。(ドラマの場合、主に前半ハイライトが放送された。)

番組主題歌編集

主にサスペンスドラマのエンディングで使用される。

放送開始当初は冒頭のオープニングCGとエンディングで2度流していた。主題歌名、歌手名はオープニングCGでクレジットしていたため、原則としてエンディングのスタッフロール内でのクレジットはされていなかった。

前述通り、2009年7月以降のオープニングCG縮小変更に伴い、主題歌名、歌手名のクレジットがなくなったが、引き続きエンディングのスタッフロールでもクレジットされておらず、番組本編内でそれらを確認することは出来なくなっている。

一部のドラマは、その作品独自の主題歌に変更される場合がある。

主題歌一覧編集

放送された番組編集

※は金曜エンタテイメント枠から引き続き放送のシリーズ。☆は土曜プレミアムとの連動企画

テレビドラマ・時代劇編集

シリーズ作品編集

  • 赤い霊柩車シリーズ(原作:山村美紗 主演:片平なぎさ) ※ *フジテレビの2時間ドラマ史上で最長シリーズ
    • 第21作「灰色の容疑者」(2006年10月6日)
    • 第22作「代理妻殺人事件」(2007年10月5日)
    • 第23作「聰明な殺意」(2008年10月10日)
    • 第24作「死者からの贈り物」(2009年6月5日)
    • 第25作「呪いの絵馬」(2010年4月2日)
    • 第26作「黒い同窓会」(2010年10月1日)
    • 第27作「魔女の囁き」(2011年4月8日)
    • 第28作「漆黒の記憶」(2011年10月7日)
    • 第29作「慟哭の再会」(2012年4月13日)
    • 第30作「龍野武者行列殺人事件」(2012年9月28日前編、10月5日後編)
    • 第31作「追憶の彼岸花」(2013年4月19日)
    • 第32作「羅刹の三姉妹」(2013年11月22日)
    • 第33作「卒都婆小町が死んだ」(2014年4月18日)
  • 浅見光彦シリーズ(原作:内田康夫 主演:中村俊介)*フジテレビの2時間ドラマ史上で最多シリーズ
    • 第24作 鯨の哭く海(2006年10月13日)
    • 第25作 箸墓幻想(2007年2月2日)
    • 第26作 「紅藍の女」殺人事件(2007年3月30日)
    • 第27作竹人形殺人事件(2007年10月26日)
    • 浅見伝説三部作
      • 第28作第1章 耳なし芳一からの手紙(2008年1月11日)
      • 第29作第2章 熊野街道殺人事件(2008年1月18日)
      • 第30作最終章 天河伝説殺人事件(2008年1月25日)
    • 第31作 喪われた道(2008年5月2日)
    • 第32作 箱庭(2008年9月19日)
    • 第33作 後鳥羽伝説殺人事件(2009年4月10日)
    • 第34作 美濃路殺人事件(2009年6月12日)
    • 第35作 歌枕殺人事件(2009年10月2日)
    • 第36作 鐘(2010年1月8日)
    • 第37作 長崎殺人事件(2010年4月30日)
    • 第38作 十三の冥府(2010年9月24日)
    • 第39作 遺骨(2011年1月14日)
    • 第40作 棄霊島(2011年5月6日前編、5月7日後編)☆
    • 第41作 佐渡伝説殺人事件(2011年9月16日)
    • 第42作 悪魔の種子(2011年11月18日)
    • 第43作 還らざる道(2012年1月27日)
    • 第44作 砂冥宮(2012年4月27日)
    • 第45作 志摩半島殺人事件(2012年7月20日)
    • 第46作 はちまん(2013年1月11日)
    • 第47作 平城山を越えた女(2013年5月10日)
    • 第48作 幻香(2013年9月6日)
    • 第49作 不等辺三角形(2014年1月17日)
    • 第50作 貴賓室の怪人(2014年4月4日)
  • ひみつな奥さん(原作:星崎真紀 主演:藤原紀香
    • ひみつな奥さん(2006年11月17日)
    • ひみつな奥さん2「京都・祇園の巻」(2007年6月1日)
    • ひみつな奥さん3「イケメンホスト殺人事件」(2008年5月30日)
  • ドクター小石の事件カルテ(原作:由良三郎川田弥一郎 主演:橋爪功) ※
    • ドクター小石の事件カルテ(3)「毒薬」(2006年12月1日)
    • ドクター小石の事件カルテ(4)「劇薬」(2008年2月22日)
    • ドクター小石の事件カルテ(5)「毒炎」(2009年4月17日)
    • ドクター小石の事件カルテ(6)「異物」(2009年11月6日)
  • 津軽海峡ミステリー航路(原作:斎藤栄 主演:村上弘明)※
    • 津軽海峡ミステリー航路(6)(2007年2月9日)
    • 津軽海峡ミステリー航路(7)(2008年2月29日)
    • 津軽海峡ミステリー航路(8)(2009年3月6日)
  • 外科医 鳩村周五郎(主演:船越英一郎)※
    • 外科医 鳩村周五郎 闇のカルテIII(2007年2月16日)
    • 外科医 鳩村周五郎 闇のカルテIV(2008年3月28日)
    • 外科医 鳩村周五郎 血塗られた挑戦状I(2009年3月27日)
    • 外科医 鳩村周五郎 血塗られた挑戦状II(2009年8月28日)
    • 外科医 鳩村周五郎 血塗られた挑戦状III(2010年9月17日)
    • 外科医 鳩村周五郎8(2011年7月1日)
    • 外科医 鳩村周五郎9(2012年3月16日)
    • 外科医 鳩村周五郎10(2012年8月17日)
    • 外科医 鳩村周五郎11(2013年2月22日)
    • 外科医 鳩村周五郎12(2014年2月7日)
    • 外科医 鳩村周五郎13(2014年7月4日)
  • 所轄刑事(原作:逢坂剛 主演:船越英一郎)※
    • 所轄刑事3 涙の生活安全課〜必死のアキバ捜査網〜(2007年3月16日)
    • 所轄刑事4 〜罠にはまった生活安全課〜(2008年8月1日)
    • 所轄刑事5 〜振り込め詐欺の出し子を探せ〜(2010年1月22日)
    • 所轄刑事6 〜欺かれた生活安全課〜(2011年10月21日)
    • 所轄刑事7 〜能登・金沢 ストーカー連続殺人事件の闇〜(2012年7月27日)
    • 所轄刑事8 〜信州・安曇野〜白骨温泉売春組織に迫る復讐の剣(2013年1月18日)
    • 所轄刑事9(2014年8月29日)
  • 屋台弁護士(主演:中村雅俊)※
    • 屋台弁護士II〜検察側の証人〜(2007年4月27日)
    • 屋台弁護士III〜燃える屋台!村雨父子絶体絶命!〜(2009年9月11日)
  • 奇跡の動物園〜旭山動物園物語〜(主演:山口智充)第1作のみ土曜プレミアムで放送
    • 奇跡の動物園2007〜旭山動物園物語〜(2007年5月11日)
    • 奇跡の動物園2008〜旭山動物園物語〜(2008年5月16日)
    • 奇跡の動物園2010〜旭山動物園物語〜(2010年2月12日)
  • 奥様は警視総監(主演:かたせ梨乃) ※
    • 奥様は警視総監2(2007年6月29日)
    • 奥様は警視総監3(2008年7月11日)
    • 奥様は警視総監4(2009年4月3日)
    • 奥様は警視総監5(2009年12月11日)
  • 岡部警部シリーズ(原作:内田康夫 主演:近藤真彦) ※
    • 岡部警部シリーズ(2)多摩湖畔殺人事件(2007年8月31日)
    • 岡部警部シリーズ(3)十三の墓標(2008年9月5日)
    • 岡部警部シリーズ(4)シーラカンス殺人事件(2009年11月27日)
  • 剣客商売(原作:池波正太郎 主演:藤田まこと北大路欣也) 以前は連続ドラマ
    • スペシャル「春の嵐」(2008年4月11日)
    • スペシャル「道場破り」(2010年2月5日)
    • 「御老中暗殺」(2012年8月24日)
    • 「剣の誓約」(2013年12月27日)
    • 「鬼熊酒屋」(2014年8月8日)
  • ハマの静香は事件がお好き(主演:片平なぎさ)※
    • ハマの静香は事件がお好き(5)(2008年4月25日)
    • ハマの静香は事件がお好き(6)(2009年8月21日)
  • 警部補・佐々木丈太郎(原作:西村京太郎 主演:寺脇康文
    • 警視庁三ツ星刑事 佐々木丈太郎(2009年3月20日)
    • 警部補・佐々木丈太郎(2010年8月13日)
    • 警部補・佐々木丈太郎3(2011年6月3日)
    • 警部補・佐々木丈太郎4(2011年11月25日)
    • 警部補・佐々木丈太郎5(2013年3月15日)
    • 警部補・佐々木丈太郎6(2013年10月25日)
    • 警部補・佐々木丈太郎7(2014年6月20日)
  • 十津川刑事の肖像(原作:西村京太郎 主演:高嶋政伸
    • 十津川刑事の肖像(1)人捜しゲーム(2009年5月8日)
    • 十津川刑事の肖像(2)一千三百万人誘拐計画(2010年6月4日)
    • 十津川刑事の肖像(3)危険な判決(2010年10月15日)
    • 十津川刑事の肖像(4)第二の標的(2011年5月27日)
    • 十津川刑事の肖像(5)鎌倉電鉄殺人事件(2012年4月6日)
    • 十津川刑事の肖像(6)銚子電鉄六・四キロの追跡(2012年9月7日)
    • 十津川捜査班 (7) 「十津川警部の「初恋」」(2013年6月21日)(第7作からは「十津川刑事の肖像」から「十津川捜査班」シリーズに改称)
    • 十津川捜査班 (8) 「十津川警部「家族」」(2014年1月24日)
    • 十津川捜査班 (9) 「十津川警部「故郷」」(2014年7月25日)
  • 黒の滑走路(原作:山村美紗 主演:浅野ゆう子) *第1作と第2作以降で設定が異なる
    • 第1作 京都・源氏物語殺人絵巻(2010年11月12日)
    • 第2作 黒の滑走路 〜禁じられた一族〜(2012年1月13日)
    • 第3作 黒の滑走路2 〜花婿が見た悪魔〜(2012年5月25日)
    • 第4作 黒の滑走路3 (2013年8月9日)
    • 第5作 黒の滑走路4 羽田空港殺人事件(2014年5月2日)
  • 検事・霞夕子(原作:夏樹静子 主演:沢口靖子)
    • 検事 霞夕子(1)-森を歩く死体-(2011年2月4日)
    • 検事 霞夕子(2)~無関係な死~(2011年9月2日)
    • 検事 霞夕子(3)~年一回の訪問者~(2012年6月8日)
    • 検事 霞夕子(4)誤認逮捕(2013年6月7日)
    • 検事 霞夕子(5)幻の罪(2013年12月13日)
    • 検事 霞夕子(6)不能犯(2014年5月23日)
  • 医療捜査官 財前一二三(原作:酒井直行長尾文子 主演:高島礼子
    • 医療捜査官 財前一二三1(2011年5月13日)
    • 医療捜査官 財前一二三2(2011年12月16日)
    • 医療捜査官 財前一二三3(2012年8月3日)
    • 医療捜査官 財前一二三4(2013年11月8日)
    • 医療捜査官 財前一二三5(2014年6月6日)
  • 悪女たちのメス(原作:秦建日子 主演:仲間由紀恵
    • 特別企画 悪女たちのメス(2011年12月9日)
    • 特別企画 悪女たちのメス episode2(2012年12月21日)
  • 鬼刑事 米田耕作(主演:中村梅雀
    • 鬼刑事 米田耕作〜銀行員連続殺人の罠〜(2012年2月3日)
    • 鬼刑事 米田耕作2〜黒いナースステーション〜(2013年9月13日)
  • 女医・倉石祥子(原作:霧村悠康 主演:片平なぎさ)
    • 女医・倉石祥子〜死の点滴〜(2012年2月17日)
    • 女医・倉石祥子2〜死の研究室〜(2013年8月23日)
    • 女医・倉石祥子3〜死の最終診断〜(2014年6月13日)
  • 小京都連続殺人事件(原作:山村美紗 主演:浅野温子
    • 小京都連続殺人事件 スパイスは復讐の味(2012年5月4日)
    • 小京都連続殺人事件2 佐野足利・七草に秘められた叫び(2013年5月3日)
    • 小京都連続殺人事件×外科医 鳩村周五郎(2013年10月18日)
  • 女検視官・江夏冬子(原作:山村美紗 主演:かたせ梨乃
    • 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜(2012年5月11日)
    • 女検視官・江夏冬子2〜復讐の血脈〜(2012年11月16日予定から2013年5月24日に変更)
  • 推理作家・池加代子(原作:山村美紗 主演:名取裕子
    • 推理作家・池加代子〜殺しのシナリオ〜(2012年5月18日)
    • 推理作家・池加代子(2)〜殺しの文学賞〜(2013年7月26日)
  • ドルチェ(原作:誉田哲也 主演:松下由樹
    • ドルチェ(2012年10月12日)
    • ドルチェ2(2013年11月15日)
  • 捜査一課・澤村慶司(原作:堂場瞬一 主演:反町隆史
    • 逸脱〜捜査一課・澤村慶司(2013年2月15日)
    • 執着〜捜査一課・澤村慶司2(2014年3月7日)

単発作品編集

ほか多数あり

2010年2月5日放送の剣客商売スペシャルは、2月17日に逝去した藤田まことが出演した最後の時代劇作品となった。

ドキュメンタリー番組編集

バラエティ番組編集

ほか多数

映画編集

その他編集

  • ゴールデンタイムの番組の終盤近くのCM枠の最後にはこの金曜プレステージと、土曜プレミアムクロスプログラムがセットで告知されるが、スポーツや他の特別番組がある場合にはどちらかが休止される。
  • フジテレビ系列で放送されるスポーツの国際大会の中継がある場合に金曜・土曜のスペシャル枠(金曜プレステージ、土曜プレミアム)で中継することがある。
  • 2007年世界フィギュアスケート選手権のうち、3月23日・24日(女子シングルス)の試合は21-22時台のスペシャル枠(金曜プレステージ・土曜プレミアム)で行われている。※但し、一部スポンサーを除く
  • また、同9月14日から9月17日世界柔道選手権大会ブラジル大会(14・15日)や11月バレーボールワールドカップ(一部試合が19時半以後スタート)も同様であるが、ただこれも通常のスポンサーでなく、大会用のスポンサーのものを付けている。
  • 2011年3月11日は「さだまさしドラマスペシャル 故郷~娘の旅立ち~」を放送する予定だったが直前に東日本大震災発生による報道特別番組の拡大により中止となった[19]
  • 2012年3月2日は女子サッカー・アルガルベカップ2012「日本×デンマーク」を放送。放送時間が23:07までのため以降の通常番組は15分繰り下げとなる(テレビ大分では日本テレビ同時ネット番組は15分遅れのディレイ放送となる)。『金曜プレステージ』をネットしていないテレビ宮崎は翌0:58から同日録画放送される(日本テレビの「第35回 日本アカデミー賞授賞式」の同時ネットのため)。
  • 2013年12月6日はボクシング中継「ダイヤモンドグローブ」を放送。
  • 2014年3月28日放送の「サイエンスミステリー」は、2014年世界フィギュアスケート選手権中継のため21:30から放送する予定であったが、中継が15分延長したため、21:45から開始した。

ほか

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 遅れ
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 金曜 21:00 - 22:52 製作局
北海道 北海道文化放送 (uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
近畿広域圏 関西テレビ (KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ (TSK)
岡山県・香川県 岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビくまもと (TKU)
大分県 テレビ大分 (TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)

ネット局に関する備考編集

  • 本番組が非ネットであるテレビ宮崎(UMK)では、『土曜プレミアム』との連動企画の場合のみ土曜日の昼に1日遅れで放送されていた。なお、『金曜女のドラマスペシャル』以来2006年9月まで長年同時ネットで放送されていたが、放送枠の捩れ(ねじれ)現象(金曜日の19・20時台が日本テレビ系、21・22時台がフジテレビ系)を解消するため、本番組は2011年3月打ち切りまで遅れネットとなっていたが、現在は不定期に放送することがある。同番組枠でスポーツ中継が編成される場合でも日本テレビ系列番組の同時ネット放送を優先するため「NEWS ZERO」の同時ネット終了後、同日録画での放送となる。
  • フジテレビ系列局の無い青森県では、単発ものを中心に青森放送青森テレビで遅れネット[20]で週末の午後に放送されている。但し、浅見光彦シリーズに関しては青森朝日放送でネットされる場合が多い。

再放送編集

  • フジテレビ(CX):(月曜日~金曜日)14:00~15:50『ドラマチックα』内(土曜日)15:05~17:00『土曜ワイド』
  • テレビ西日本(tnc):(月曜日~金曜日)14:55~15:50『ももち浜セレクション』(土曜日)15:00~17:00

脚注・出典編集

  1. ^ 2008年8月29日に放送された『クッキングパパ』はテレビ西日本制作。
  2. ^ 2008年・2009年に放送された『さんまのまんまスペシャル』は関西テレビ・フジテレビ共同制作。
  3. ^ 2008年12月26日に放送された『長生き競争!』は東海テレビ制作。
  4. ^ 2009年10月9日に放送された『チームバチスタシリーズ』の姉妹番組『ナイチンゲールの沈黙』と、2011年9月23日に放送された『アンフェア』の特別版『アンフェア the special ダブル・ミーニング-二重定義』は関西テレビ制作。
  5. ^ 一部のバラエティ企画はレギュラー化されている。
  6. ^ 単発番組枠になってからでは初。
  7. ^ 2009年2月25日発売「週刊ザ・テレビジョン」3月4日号
  8. ^ 『ダウンタウンなう』22時台・『金曜プレミアム』前倒し - フジ金曜1月改編 マイナビニュース 2016年12月3日発行、同日閲覧。
  9. ^ 以後金曜夜8時枠は、「金曜日のキセキ」「その顔が見てみたい」「奥の深道〜同類くんの旅〜」「アイアンシェフ」を放送し、2013年4月より「人生の正解TV〜これがテッパン!〜」を放送する。
  10. ^ 2012年5月からは原則として新主題歌となったが、番組公式HPでは2012年6月までは一部作品において旧エンディングテーマが使用されることがある旨のおことわりがなされた
  11. ^ 『赤と黒のゲキジョー』『金曜プレミアム』(いずれもサスペンスドラマのみ)で引き続き使用されている。
  12. ^ 当初放送予定だった『女秘匿捜査官 原真希 アゲハ』を急遽差し替えて放送された。『~アゲハ』は7月13日に変更された。
  13. ^ a b c 一部のスポンサーはパーティシペーションになったり、ACジャパンに差し替えたりした。
  14. ^ 当初放送予定だった『山村美紗サスペンス 女検視官・江夏冬子2』を急遽差し替えて放送された。『~江夏冬子2』は2013年5月24日に放送。
  15. ^ 当初放送予定だった『事件屋稼業』を急遽差し替えて放送された。『事件屋稼業』は2013年5月17日に放送。
  16. ^ CSフジテレビONEでも2013年2月3日の日曜日19:00-20:40に途中のCMをカットして再放送。
  17. ^ テレビ宮崎日本テレビ系列の番組を放送の為未ネット。
  18. ^ テレビ大分はFNS27時間テレビの放送を行わないため、この番組が放送される場合は別内容に差し替えとなる。なお、テレビ大分は2002年から2006年まで放送されていたが、放送されていた頃はこのような事前番組は放送されなかった。
  19. ^ なお、振替放送は当番組枠ではなく、7月5日(火)に放送した。
  20. ^ 一例として、青森放送で「謎解きはディナーのあとでスペシャル~風祭警部の事件簿~」を、青森テレビで「のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパSpecial Lesson 1」など。これは、青森放送で「謎解き…」の、青森テレビで「のだめ…」のレギュラードラマを放送していた為。

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ系列 金曜19:57 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
金曜プレステージ
(2008.4.4 - 2009.2.27)
フジテレビ 金曜20:54 - 21:00枠
FNNレインボー発
(1998.4.3 - 2008.3.28)
【55分繰り下げて継続】
金曜プレステージ
(2008.4.4 - 2009.2.27)
FNNレインボー発
(2009.3.6 - 2014.3.30)
【再度55分繰り上げ】
フジテレビ系列 金曜21:00 - 21:49枠
金曜エンタテイメント
(1993.4.9 - 2006.9.29)
※21:00 - 22:52
金曜プレステージ
(2006.10.6 - 2014.9.26)
赤と黒のゲキジョー
(2014.10.3 - )
※21:00 - 22:52
フジテレビ 金曜21:49 - 21:55枠
金曜エンタテイメント
(1993.4.9 - 2006.9.29)
※21:00 - 22:52
金曜プレステージ
(第1期)
(2006.10.6 - 2008.3.28)
FNNレインボー発
(2008.4.4 - 2009.2.27)
【55分繰り下がり枠移動】
FNNレインボー発
(2008.4.4 - 2009.2.27)
【再度55分繰り上がって継続】
金曜プレステージ
(第2期)
(2009.3.6 - 2014.9.26)
赤と黒のゲキジョー
(2014.10.3 - )
※21:00 - 22:52
フジテレビ系列 金曜21:55 - 22:52枠
金曜エンタテイメント
(1993.4.9 - 2006.9.29)
※21:00 - 22:52
金曜プレステージ
(第1期)
(2006.10.6 - 2008.3.28)
一攫千金!日本ルー列島
(2008.4.11 - 2009.2.6)
※21:55 - 22:52
一攫千金!日本ルー列島
(2008.4.11 - 2009.2.6)
※21:55 - 22:52
金曜プレステージ
(第2期)
(2009.3.6 - 2014.9.26)
赤と黒のゲキジョー
(2014.10.3 -2015.3.13 )
※21:00 - 22:52