ある日、アヒルバス

ある日、アヒルバス』(あるひ、アヒルバス)は、山本幸久による日本長編小説。『月刊ジェイ・ノベル』に2006年7月号から2007年11月号まで隔月で連載された後、実業之日本社より2008年10月に刊行された。2010年10月には書下ろし短編「東京スカイツリー篇 リアルデコ」を加えて実業之日本社文庫より文庫化されている。

ある日、アヒルバス
著者 山本幸久
発行日 2008年10月17日
発行元 実業之日本社
ジャンル 仕事小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 368
次作 天晴れアヒルバス
公式サイト http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55008-4
コード ISBN 978-440-853527-2
ISBN 978-440-855008-4実業之日本社文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
天晴れアヒルバス
著者 山本幸久
発行日 2016年9月9日
発行元 実業之日本社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 312
前作 ある日、アヒルバス
公式サイト http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53693-4
コード ISBN 978-4-408-53693-4
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

また、続編となる『天晴れアヒルバス』(あっぱれアヒルバス)が『月刊ジェイ・ノベル』2014年10月号から2015年10月号まで連載され、実業之日本社より2016年9月に刊行された。

『ある日、アヒルバス』を原作としたテレビドラマNHK BSプレミアムプレミアムドラマ枠にて2015年7月5日から8月23日まで放送された[1]

目次

あらすじ編集

東京・月島に本社を置く都内及び近郊の観光バス会社、アヒルバスを舞台に、入社して5年になる23歳のバスガイド高松秀子(通称・デコ)の奮闘を描く。心から慕っていた先輩社員の転職に落ち込む間もなく、新人研修の指導員を任され、一筋縄ではいかない新人たちの相手はもちろん、ツアー中に盗撮被害に遭うなど、次々と振りかかる問題にデコが立ち向かっていく。

アヒルバス
月島に本社を置く観光バス会社。バスガイド(正社員)は18名。マスコットキャラクターは、アヒルの「アルヒ」くん[注 1]築地にある女子寮は元旅館で、特に改修などをしていないため、大浴場がある、部屋の名前がすしネタ(デコの部屋は「穴子」)である、遊戯室に卓球台があるなど、その名残がある。

登場人物編集

高松 秀子(たかまつ ひでこ)
アヒルバスのバスガイド。八王子出身。あだ名は「デコ」。高校3年生の時に、進路指導の先生に朗読がうまいからとバスガイドを薦められ、アヒルバスに就職した。新人の指導係に任命され奮闘するが、なかなか日程通りに進まない新人教育に悩みが尽きない。家族とよくカラオケに行っていたため、両親(40代半ば)の世代の歌謡曲に詳しい。ツアー参加者や新人にあだ名をつける。
中森 亜紀(なかもり あき)
アヒルバスのバスガイド。秀子の同期。化粧が濃く、派手な雰囲気。アヒルバスを女性がもっと働きやすい職場にしたいと望み、デコに「革命を起こそう」と持ちかける。
小田切 次郎(おだぎり じろう)
アヒルバスのバス運転手。25、6歳。秀子と組むことが多い。
戸田 夏美(とだ なつみ)
アヒルバスの最年長のバスガイド。42歳。通称・鋼鉄母さん。社員も運転手も社長さえも、目が合えば小言を言われるという。入社以来、「鋼鉄の処女」と呼ばれていたが、10年前に3歳年下のサラリーマンと見合い結婚、6年前に出産。あだ名も鋼鉄の処女から、「鋼鉄の人妻」「鋼鉄の妊婦」「鋼鉄母さん」と変遷していった。出産を経て正社員としてガイドに復帰したのは夏美が初めて。
三原(みはら)
元アヒルバスバスガイド。秀子の新人研修を担当した。ツアーに参加した北陸の鉄道会社の社長からガイドの腕を見込まれスカウトされ、自分の可能性を試してみたいという思いから、転職した。
山中 空(やまなか そら)
アヒルバス新人バスガイド。就職が決まり、高校の卒業旅行名目で、秀子が担当していた「これはお得!東京名所ぐるり旅」に1人で参加した。あだ名はクウ。帰国子女
モモ
アヒルバスの女子寮の寮母。寮は元旅館で、当時は旅館の女中をしていたという。愛車はミゼットII
野口(のぐち)
アヒルバス企画課社員。
偽伯爵(にせはくしゃく)
アヒルバスの都内周遊コース「これはお得!東京名所ぐるり旅」に月に2度は参加する常連客。髪や眉、口ひげに白髪が目立つ、60代後半から70代前半と思しき男性で、背広姿でループタイ、革のセカンドバッグを持っている。

書籍情報編集

『ある日、アヒルバス』
『天晴れアヒルバス』

テレビドラマ編集

ある日、アヒルバス
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 22:00 - 22:49(49分)
放送期間 2015年7月5日 - 8月23日(8回)
放送国   日本
制作局 NHK BSプレミアム
演出 大谷健太郎
安見悟朗
水村秀雄
原作 山本幸久
脚本 山室有紀子
横田理恵
鹿目けい子
プロデューサー 後藤高久(NHKコンテンツ開発センター)
高石明彦The icon
出演者 藤原紀香
トリンドル玲奈
山下健二郎三代目J Soul Brothers
青山倫子
片岡愛之助
袴田吉彦
キムラ緑子
音声 ステレオ放送
字幕 あり
データ放送 あり
エンディング moumoon「IROIRO」(avex trax
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

小説を原作とした同名のテレビドラマが2015年7月5日から8月23日までNHK BSプレミアムプレミアムドラマ枠にて放送された。全8話[1]

40歳で出版社リストラされ恋人とも別れた主人公・浅倉葉月が、たまたま観光バス「アヒルバス」に乗り合わせたことをきっかけにバスガイドへと成長する物語を描く。2020年東京五輪の開催を控え世界中から多くの観光客が東京を訪れることが予想されることから、バスガイドに焦点を当てた作品を企画。「東京再発見」をテーマに、東京の著名な観光地から隠れた名所までを紹介する。当作にて初めて連続ドラマの演出を手掛ける映画監督大谷健太郎[2]曰く、「この俳優がこんな芝居をするんだ」という「俳優の再発見」が裏テーマとなっている[3]

主演の浅倉葉月役の藤原紀香は「ハートフル・ストーリーの名手である山本幸久さんが描く、仕事&青春小説「ある日、アヒルバス」が原作のこのドラマは人生を懸命に生きるごくフツーの人々の波乱と笑いに満ちた日常を 都内周遊観光バス会社を舞台に描いています。」と解説している[4]

アヒルにちなみ、劇中では黄色のバスガイド衣装が採用されている[5]

キャスト編集

ゲスト出演
複数回登場の場合は括弧()内に表記。
第1話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 7月05日 崖っぷちの女 山室有紀子 大谷健太郎
第2話 7月12日 ガイドはアイドル? 横田理恵
第3話 7月19日 恋のストリッパー 鹿目けい子
第4話 7月26日 父と娘のTOKYOデート 横田理恵
第5話 8月02日 走れ!婚活バス 安見悟朗
第6話 8月09日 愛は、飛び蹴り 山室有紀子 水村秀雄
第7話 8月16日 さらば、永久就職 鹿目けい子
最終話 8月23日 アヒルバスは永遠に不滅です! 横田理恵 大谷健太郎

関連商品編集

サウンドトラック
  • 吉俣良『NHKプレミアムドラマ「ある日、アヒルバス」オリジナルサウンドトラック』(2015年8月5日発売) Suzak Musik、品番: NGCS-1056

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 同著者による『凸凹デイズ』に登場するデザイン会社「凹組」がデザインしたという設定。
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 藤原紀香さん主演「ある日、アヒルバス」制作開始!”. NHKオンライン (2015年4月22日). 2015年4月27日閲覧。
  2. ^ “藤原紀香“崖っぷち女”を熱演「この役に出会えてよかった」”. ORICON SYTLE (オリコン). (2015年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2054745/full/ 2015年7月13日閲覧。 
  3. ^ 旗本浩二 (2015年7月4日). “「ある日、アヒルバス」…藤原紀香がバスガイド”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/tnews/20150703-OYT8T50020.html 2015年7月12日閲覧。 
  4. ^ a b c d 底辺なんてとんでもない!☺︎ある日、アヒルバスについて〜”. 藤原紀香 (2015年4月7日). 2015年4月27日閲覧。
  5. ^ 藤原紀香、バスガイド姿を披露「とても気に入ってる」”. ORICON STYLE (2015年5月26日). 2015年5月31日閲覧。
  6. ^ 藤原紀香、女40歳 崖っぷちバスガイドを熱演!『ある日、アヒルバス』主演に”. クランクイン!! (2015年3月31日). 2015年4月26日閲覧。
  7. ^ 初黒髪トリンドル「恥ずかしい」実は地毛です”. 日刊スポーツ (2015年4月7日). 2015年4月27日閲覧。
  8. ^ トリンドル玲奈、JKからバスガイドまで 年齢不詳の活躍ぶり”. ORICON STYLE (2015年7月12日). 2015年7月12日閲覧。
  9. ^ 秋月成美 NHK BSプレミアム『ある日、アヒルバス』の取材会に出席しました。”. 東宝芸能オフィシャルサイト. 東宝芸能 (2015年5月26日). 2015年5月31日閲覧。
  10. ^ a b “藤原紀香も絶賛!柳ゆり菜&秋月成美、バスガイド挑戦し浅草案内”. SANSPO.COM. (2015年7月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150705/geo15070505030013-n1.html 2015年7月12日閲覧。 
  11. ^ 三代目JSB山下健二郎、藤原紀香の“恋人”に 自身初の挑戦で意気込み”. モデルプレス (2015年4月7日). 2015年4月26日閲覧。
  12. ^ 三代目JSB山下健二郎、紀香の恋人役に”. スポーツ報知 (2015年4月7日). 2015年4月27日閲覧。
  13. ^ moumoon、藤原紀香主演ドラマ『ある日、アヒルバス』主題歌を担当”. BARKS (2015年6月15日). 2015年6月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集