大越 愛子(おおごし あいこ、1946年 - 2021年3月15日[1])は、日本の哲学者女性学者VAWW-NETジャパン運営委員。

来歴・人物編集

京都生まれ。京都大学文学部哲学科卒、1975年同大学院博士課程満期退学。1990年近畿大学文芸学部専任講師、93年助教授、98年教授[2]。2013年定年退任[1]

当初、仏教研究者の源淳子との共同作業で、西洋思想の輸入に偏していた80年代フェミニズムの中で、日本仏教の女性差別を指摘する著作を行い、その結果、例えば仏教研究者の植木雅俊『仏教の中の男女観』(岩波書店、2004年)によって仏教の女性差別に対して精査が行われることになるなど、一定の学問的成果をあげた[要出典]

1990年代後半以降は、慰安婦問題で論陣を張り、上野千鶴子を批判。また、女性国際戦犯法廷に関わった。2009年7月に開催されたバウネットジャパン総会記念講演では松井やよりについて演説(「今なぜ、松井やよりなのか」)を行った[3]近年は戦争反対の立場での政治的主張が多く、特にフェミニズムである必然性はなくなってきている。業績の一つにジョン・ボズウェル英語版の『キリスト教と同性愛』の翻訳がある。なお、宝塚歌劇のファンである。

2021年3月15日に死去。74歳没[1]

著書編集

  • 『闘争するフェミニズムへ』未來社 1996
  • 『フェミニズム入門』ちくま新書 1996
  • 『近代日本のジェンダー 現代日本の思想的課題を問う』三一書房 1997
  • 『女性と宗教』岩波書店 1997
  • 『フェミニズムと国家暴力 トランスナショナルな地平を拓く』世界書院 2004

共編著編集

  • 『女性と東西思想』源淳子共著 勁草書房 1985
  • 『女と男のかんけい学』山村嘉己共編 明石書店 1986
  • 『性差別する仏教 フェミニズムからの告発』山下明子・源淳子共著 法藏館 1990
  • 『解体する仏教 そのセクシュアリティ観と自然観』源淳子共著 大東出版社 1994
  • 『ジェンダー化する哲学』志水紀代子共編著 昭和堂 1999
  • 『加害の精神構造と戦後責任』池田恵理子共編 緑風出版 2000 (日本軍性奴隷制を裁く-2000年女性国際戦犯法廷の記録 第2巻)
  • 『フェミニズム的転回 ジェンダー・クリティークの可能性』井桁碧藤目ゆき小川真里子等共著 白澤社 2001
  • 『現代文化スタディーズ』堀田美保共編 晃洋書房 2001
  • 『現代文化テクスチュア』清眞人,山下雅之共編著 晃洋書房 2004
  • 『戦後思想のポリティクス』井桁碧共編著 青弓社 2005 (戦後・暴力・ジェンダー)
  • 『思想の身体 性の巻』井桁碧共編著 春秋社 2006
  • 『脱暴力へのマトリックス』井桁碧共編著 青弓社 2007 (戦後・暴力・ジェンダー)
  • 『現代フェミニズムのエシックス』井桁碧共編著 青弓社 2010 (戦後・暴力・ジェンダー)
  • 『ジェンダーとセクシュアリティ 現代社会に育つまなざし』倉橋耕平共編 昭和堂 2014

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b 大越愛子さん死去 朝日新聞 2021年4月2日 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ 近畿大学
  3. ^ バウネットジャパン総会記念講演「今なぜ、松井やよりなのか」