メインメニューを開く

天使みたい』(てんしみたい)は、山下和美漫画作品。1998年ヤングユー』(集英社)掲載。テレビドラマ化された。主題歌はアイドルグループLeadが担当。

目次

ストーリー編集

14歳の戸川はるかは、幼い頃双子の妹“かなた”を交通事故で亡くした過去を持つ少女。そこへ科学者の母親が 亡き妹のかなたそっくりなロボットを完成させ誕生日にプレゼントする。最初はロボットであるがゆえに感情をコントロールできず、トラブルメーカーで性格も考え方も自分とまったく正反対である“ロボット妹”の出現に戸惑うはるかだが、様々な出来事を通じて、お互いが信頼を深めていくことにより大きく成長していく。

漫画編集

短編集『ガールフレンズ』1巻に収録。

テレビドラマ編集

2003年7月5日9月20日まで、NHKドラマ愛の詩で放送された。製作局はNHK名古屋放送局。“現代版ピノキオ”とも呼べる作品である。

主演の黒川は初めての二役に挑戦した。主人公のちょっとクールな現実主義者“はるか”と、底抜けに明るくトラブルメーカーのロボット“かなた”という正反対のキャラクターを、髪型・癖・表情だけでなく、声のトーンまで変えて演じきった。

(全12話)

  • 第1話「鉄腕ガール、誕生!」
  • 第2話「ロボット 学校へ行く」
  • 第3話「スマッシュは10万馬力」
  • 第4話「クチビルを奪わないで!」
  • 第5話「ロボットは幽霊がお好き?」
  • 第6話「わたし、家出します!」
  • 第7話「大滝君は犯人じゃない!」
  • 第8話「ショーほどステキな商売はない」
  • 第9話「告白のゆくえ」
  • 第10話「恋する鉄腕ガール」
  • 第11話「かなたが壊れちゃう!!」
  • 第12話「さよならの海」

出演編集

スタッフ編集

外部リンク編集