メインメニューを開く

雷門 福三(かみなりもん ふくぞう、1963年6月29日 - )は、愛知県名古屋市周辺で活躍する俳優落語家である。本名は小川英信[1]

雷門 福三かみなりもん ふくぞう
本名 小川 英信
別名 チャーリー
生年月日 (1963-06-29) 1963年6月29日(56歳)
出身地 日本の旗 日本愛知名古屋市
師匠 雷門小福
活動内容 俳優
落語
所属 フリー
公式サイト 雷門福三公式HP

人物編集

元々は名古屋市にある老舗の劇団「少年ボーイズ」(主宰多田木亮佑)の俳優であり、チャーリーの芸名で20年以上活躍している。舞台以外に名古屋を中心にラジオ、テレビ出演や、『中学生日記』、映画『サトラレ』にも出演している。また、名古屋市大須駄菓子屋バー「チャーリーズ」のマスターでもある。

2006年1月16日、名古屋で活躍する落語家雷門小福に入門。雷門福三と命名される。同年1月28日初高座、以降毎月大須演芸場で定席に出演。2015年9月以降の新生大須演芸場の定席には出演していなかったが、2019年1月2日、久しぶりに定席へ出演した[2]。なお、単発の会やイベントなどでの大須演芸場の出演はある。

落語家になった以降も、少年ボーイズの俳優兼駄菓子屋バー「チャーリーズ」のマスターとして活躍。

2008年1月16日二つ目に昇進。同年5月24日大須演芸場にて「雷門福三二つ目昇進披露会」を行い、大須演芸場を満員札止めにさせる。

2018年6月2日、6月末で閉店する百貨店丸栄で、名古屋の百貨店を擬人化した自作の落語「高島屋夜明け前」を披露した。[3]

出演作編集

落語編集

出典編集

  1. ^ 東京かわら版増刊号東西寄席演芸家名鑑p317
  2. ^ 大須演芸場公式Instagram (2019年1月3日). “1月2日の演目”. Instagram. 2019年1月20日閲覧。
  3. ^ 丸栄で雷門福三さん独演会 百貨店ネタの名古屋弁落語披露”. サカエ経済新聞 (2018年6月3日). 2018年6月28日閲覧。
  4. ^ 映画「かぞくわり」”. かぞくわりLLP. 2019年2月25日閲覧。

外部リンク編集