松平光長

江戸時代前期の大名。高田藩主

松平 光長(まつだいら みつなが)は、越後高田藩の藩主。越前北ノ荘藩主・松平忠直の長男で、結城秀康の孫。徳川家康の曾孫、徳川秀忠の外孫に当たる。

 
松平 光長
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 元和元年11月29日1616年1月18日
死没 宝永4年11月17日1707年12月10日
改名 仙千代(幼名)→光長
戒名 慧照院殿前越州太守従三位羽林中郎開心一法大居士
墓所 天徳寺東京都港区
永林寺新潟県魚沼市根小屋)
幕府 従三位右近衛権中将越後守
主君 徳川秀忠徳川家光徳川家綱徳川綱吉
氏族 松平氏越前松平家
父母 父:松平忠直、母:勝姫徳川秀忠女)
兄弟 光長永見長頼永見長良亀姫高松宮好仁親王妃)、鶴姫九条道房室)、閑(小栗正矩室)
正室:土佐(毛利秀就女)
綱賢国姫松平光通正室)、稲姫(伊達宗利正室)
養子:綱国宣富

目次

生涯編集

高田立藩まで編集

元和元年(1615年)、越前北ノ荘藩主・松平忠直と、第2代将軍徳川秀忠の娘・勝姫の間に生まれる。元和7年(1621年)、江戸へ赴き、祖父である将軍・秀忠に初見。以後の数年を江戸屋敷にて養育される。父・忠直は秀忠と仲が悪く、粗暴な一面もあったなどとされるが、元和9年(1623年)2月に幕府により豊後国配流とされた。当主不在となった北ノ荘藩から重臣の笹治大膳が江戸に派遣され、当時江戸に住んでいた仙千代(光長)を3月に越前に迎え入れた。

当初、幕府からは島田重次高木正次らが派遣され、光長の相続の許可に対する内示があったが、その後なんらかの方針転換があったのか、7月、幕府から秋元泰朝近藤秀用曽根吉次阿倍正之等が派遣され、越前国の冬の気候の厳しさを理由に、仙千代ら母子は江戸に帰されることになった。翌年4月、江戸城に越前松平家支流諸家を集めた場にて、幕府の指示により、忠直の次弟で当時越後高田藩主であった松平忠昌を忠直の後の北ノ荘藩主とすることが申し渡された。忠昌は兄や仙千代の行く末を思いやって当初これを拒んだが、幕府から仙千代には別に配慮がなされるとの約束を取り付け、引き受けたという話が伝わる[1] [2]。 幕命により、秀康以来の筆頭家老である本多富正(幕府からの附家老)および富正の選抜による百余名の家臣は福井藩の付属とされ、残りの家臣らと仙千代には忠昌の移動により空いた越後高田に25万9,000石が与えられ、仙千代を藩主とする越後高田藩が立藩した[3]。 福井藩の出来事に関する諸文献を収録した『国事叢記』[4]に拠れば、「忠昌は北ノ荘入部に際し、松平忠直旧臣に対して越後への同行、北ノ荘への出仕、他家への退転は自由にさせ、約500名の家臣の内の105名が忠昌に出仕し、大部分の家臣[5]は光長に随って越後高田藩臣となった。また、老臣のうち、本多飛騨守(本多成重)は大名になり、小栗美作守・岡島壱岐守・本多七左衛門は光長に同行し、大名とする幕命を断った本多伊豆守(本多富正)のみ忠昌に出仕した。」となり、幕府と富正に選ばれなかったような家臣が光長の高田立藩時にその家臣となったと推測される。

高田藩政編集

 
越後高田城三重櫓(新潟県上越市)

越後騒動編集

延宝2年(1674年1月30日、嫡子の綱賢(幼名・徳千代)が42歳で没した。綱賢には子がなく、光長には他に男子がなかったため急ぎ世継を定めねばならなくなった。重臣たちの評議の結果、甥にあたる永見万徳丸(異母弟・永見長頼の子)を世継ぎとすることが決まり、万徳丸を養子として迎えた(松平綱国)。ところが、この縁組の過程を巡って異母弟・永見長良(長頼の同母弟)や義弟にあたる家老小栗美作などの重臣たちの争いが激化して、いわゆる越後騒動に発展した。長期に渡り藩内に混乱をもたらしたが、一旦は幕府により裁断が下され、落着となった。

裁決の翌年(1680年)、第4代将軍・徳川家綱が死去し、第5代将軍・徳川綱吉の代に至り、綱吉は越後騒動に対し異例の再審議を、これもまた異例の将軍直裁にて行った。綱吉の裁断により高田藩は改易となり、光長は伊予松山藩へ、綱国は備後福山藩に配流され、藩士らにも大量の処分者を出した。また、親戚であり騒動の処理に関わっていた出雲広瀬藩主松平近栄(3万石→1万5,000石)・播磨姫路藩主松平直矩(15万石→豊後日田7万石)が連座して処分となった。

配流生活編集

天和元年(1681年)6月26日、改易となった光長は同年7月1日に江戸を発し、8月1日に配流処分先の伊予松山に到着した。松山藩主の松平定直は光長を松山城三ノ丸に蟄居させる。翌年4月、北の丸の蟄居屋敷に移転させる。光長には配流先での配所賄料(捨て扶持)として1万俵が与えられた。この配流に随行した家臣は20人とも11人とも言われる。これら家臣の子孫はのちに津山藩が立藩された際に雇用され、「譜代」と呼ばれた。

この蟄居処分は、光長が江戸に移送される貞享元年(1683年)末まで続いた。同年11月1日、定直を通して幕府より赦免の奉書を受領した光長は、同月25日に松山を発して江戸へ向かい、翌月15日、江戸に到着した。

晩年編集

貞享4年(1687年)、老齢および「(騒動は家臣らのせいであり)光長本人に咎はない」として、綱国とともに赦免・召還され、賄料として合力米3万俵を与えられ諸侯に復帰する。後に綱国を病弱を理由に廃嫡する。不仲であったとも伝わる。綱国は宝永5年(1708年)に出家し、享保20年(1735年3月5日に74歳で死去した。綱国の子孫は永見氏と改姓し、のち美作津山藩城代家老の家系として存続した[6]

旧臣らによる御家再興運動の結果、水戸徳川家徳川光圀の周旋によって、元禄6年(1694年)、越前松平家一門の松平直矩の子・源之助(矩栄→長矩→宣富、と改名)を養嗣子とする。元禄10年(1697年)に光長は隠居した。翌元禄11年(1698年)、松平長矩に(光長賄料の合力米3万俵とは別に)新しく美作国内に10万石が与えられ、津山藩が立藩した。光長はその後は静かな余生を送り、宝永4年(1707年)江戸にて、93歳の当時としては極めて長寿な生涯を終えた。

この際、(実質隠居料となってしまった)3万俵は、養嗣子である宣富に相続されず幕府に戻されることとなった。光長に仕えていた家臣の一部は他家へ、あるいは名を変えるなどして津山藩に引き取られ、また光長の名乗りである「越後守」は津山藩歴代に継承された。

略年表:官職および位階等の履歴編集

偏諱を与えた人物編集

脚注編集

  1. ^ 貞享年中之書上ニハ継中納言之遺跡与申儀無之、賜越前国与計認有之候間此度も継遺跡と申儀ハ相除可被指出候事」(『越系余筆』井上翼章・文化3(1806)年 松平文庫蔵)とあって、寛政12年(1800年)に福井松平氏に対して幕府は『福井松平家系図』の修正を命じ、福井松平氏では越前家の代数より光長を排除する作為を系図に加えた。これにより幕府の公式見解は「忠直-忠昌となる。
  2. ^ 『福井県史 通史編3・近世一』では「光長は明らかに父の遺跡を継いだといわねばならない」、「細川忠利は『越前御国替に罷り成り』(寛永元年五月晦日付披露状『細川家史料』)といい、秋田藩の重臣梅津政景も『越前ノ若子様ハ越後へ廿五万石ニ而御国替の由』(『梅津政景日記』寛永元年六月五日条)といっており、当時の大名などもそのように認識していたのである」として、光長が一旦相続したとしているが、いずれも幕府の公式見解とは異なる。
  3. ^ 『福井松平家系図』には「寛永元年(1624年)甲子四月十五日以特命続秀康、賜封之内五十万石余」(『福井市史 資料編4・近世二』)と記され、松平光長の高田立藩、同じく松平忠昌の福井藩相続は1624年であったとされる。
  4. ^ 弘化3年(一八四六年)福井藩の命を受けた藩士が編纂した、福井藩歴代の諸話を集めた書物。「叢」の文字が示すように、藩内に伝わる“話”を大量雑多に収録してあり、福井藩史研究の一資料である。しかし正式な「藩史」ではなく、例えば「徳川三河守秀康」「光通は村正の刀で自刃」忠直改易の年を間違う、など、いわゆる巷談や不確かな記述も雑多に収録されており、全ての内容を史実と捉えることには注意が必要。
  5. ^ この叢記の記述に関しては、忠昌相続時に他の兄弟(直政、直基、直良)もそれぞれに越前国内に藩を成立させたが、それら諸藩に再仕官した家臣らもおり、残りの全てが高田藩に再仕官したのではないという点に留意。
  6. ^ 1870年(明治3年)松平氏へ復姓した。
  7. ^ 越後・信濃の旗頭を命じられ、与力大名として が付属された。
  8. ^ この召喚の際、不手際があったとして翌1688年元禄元年)、旗本の島田守政が閉門処分とされた。

関連項目編集