メインメニューを開く

太子党(たいしとう、: Crown Prince Party拼音: Tàizǐ Dǎng)は、中国共産党の高級幹部の子弟等で特権的地位にいる者たちのこと[1]、あるいはその総称である。世襲的に受け継いだ特権と人脈を基にして、中国の政財界や社交界に大きな影響力を持つ。

目次

解説編集

太子は日本語の「皇太子」と同じ意味。党組織だけでなく、コネを生かして企業経営等に関わる場合もある。なお大抵は親の方が地位・知名度共に上だが、曽慶紅のように子の方が出世した例もある。

高級幹部の子女が特権を享受しているのは国家クラスから末端の県、郷で見られ、親族への就職斡旋裏口入学などが行われている。これは周辺を信頼できる身内で固めることで、自身の地位安定と一族の団結を図る中国の伝統的な大家族主義に由来している。

同じ利益を代表する一つの派閥と捉える報道もあるが、親が属したグループや各自の政治路線の違いもあり人間関係が一枚岩とは言えない[2]

なお、「太子党」という呼称は便宜上マスコミが名づけたもので、特に本人たちが名乗っているわけではない。2012年に当選した韓国の大統領朴槿恵日本の首相安倍晋三といった中国国外の世襲政治家も同時期に中国共産党総書記に選出された太子党出身の習近平と並べられて中華圏のメディアでは太子党と呼ばれてる[3][4]北朝鮮金正日総書記の長男である金正男も中国政府に匿われて中国の太子党と関係[5]を持ったことから太子党と呼ばれていたこともあり[6][7]、次男の金正哲が主宰する烽火組中国語版も北朝鮮版太子党と呼ばれている[8]

党幹部に類縁しないテクノクラート的な実力派若手エリート党官僚を擁した共青団と比類して用いられる場合がある。

代表例編集

脚注編集

関連項目編集