太田資宗

江戸時代前期の譜代大名、六人衆。下野山川藩主、三河西尾藩主、遠江浜松藩初代藩主。従五位下・備中守。掛川藩太田家初代。太田重正の次男

太田 資宗(おおた すけむね)は、江戸時代前期の譜代大名六人衆下野山川藩主、三河西尾藩主、遠江浜松藩初代藩主。掛川藩太田家初代。太田重正の次男。

 
太田 資宗
時代 江戸時代
生誕 慶長5年11月22日1600年12月27日
死没 延宝8年1月22日1680年2月22日
戒名 瑞華院殿道顯日應大居士
墓所 静岡県三島市妙法華寺
官位 従五位下・備中守
幕府 江戸幕府
下野山川藩主→三河西尾藩主→遠江浜松藩
氏族 太田氏
父母 父:太田重正
母:都築秀綱の娘
兄弟 正重[1]井上政重室、資宗、橋本資宣、遠山資為[2]荒尾久成
板倉重宗の娘
稲葉正吉正室、資政[3]資次加藤泰義正室、永井尚庸継室、一柳末礼正室、資良[4]土井利益正室、角倉玄恒
テンプレートを表示

経歴編集

慶長5年(1600年)、徳川氏の家臣・太田重正の子として誕生。父の妹とされる人物に英勝院徳川家康側室)がいる。

慶長11年(1606年)、7歳にして大御所・徳川家康に拝謁。慶長15年(1610年)、武蔵国豊島郡蓮沼に500石を領する太田家の家督を継ぐ[5]。また、家康の側近となって偏諱を与えられ、当初は康資祖父と同名)と名乗った。

慶長17年(1612年)、下野の内で300石を加増[5]元和元年(1615年)には更に200石を加増され[5]、家禄1,000石となる。また従五位下・摂津守に叙任された(のち采女正)。加増は続き、元和9年(1623年)に相模国高座郡の内で1,100石[5]寛永5年(1628年)に上総国武射・下総国匝瑳二郡の内にて2,000石[5]、寛永6年(1629年)に遠江国山名、豊田両郡の内にて1,500石を加増され[5]、家禄5,600石となる。

寛永9年(1632年)、江戸幕府書院番頭から御小姓組番頭となる[5][注 1]。寛永10年(1633年3月23日には、3代将軍徳川家光の側近として松平信綱阿部忠秋堀田正盛三浦正次阿部重次と共に六人衆となる(後年の若年寄に相当する)。

寛永12年(1635年)、下野国足利郡山川に1万石を加増され、ついに1万5,600石の大名に列せられ、備中守に叙任。寛永15年(1638年)、約2万石の加増を受け、3万5000石にて三河国幡豆郡西尾に移封。正保元年(1644年)、遠江国浜松に3万5000石をもって移封された。

また、寛永18年(1641年)には資宗が奉行となり、林羅山を実務担当として本格的な武家系譜の編纂を開始。寛永20年(1643年)9月に武家系譜編纂書『寛永諸家系図伝』完成。将軍・家光に2部(真名本、仮名本)それぞれ186巻(計372巻)を献上した。

寛文11年(1671年)、隠居し家督は次男の資次が継いだ。

延宝8年(1680年)1月22日、81歳(数え年)にて死去。

系譜編集

父母

正室

側室

  • 青木氏

子女

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 寛永8年(1631年御小姓組組頭となる[要出典]」の可能性あり。

出典編集

  1. ^ 水戸徳川家家臣
  2. ^ 旗本9百石。
  3. ^ 廃嫡
  4. ^ 旗本5千石
  5. ^ a b c d e f g 『藩史大事典 第2巻 関東編』P245

参考文献編集

書籍
  • 『藩史大事典 第2巻 関東編』 木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1989.11

関連項目編集